宮地楽器神田店オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
Avid Zone Pro
Premium Line
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382
>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • HD版もNative版も、McDSPの単体プラグインがすべて50%OFF!10月5日(月)まで。
    yan
  • 2016 WINTER NAMM : YAMAHA 新たなフラッグシップMONTAGEはシンセであり「楽器」
    ハマ
  • 2016 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ澤田編
    ハル
  • 【応募受付終了】KOMPLETEシリーズのセミナー"TAKE KONTROL"が2015年1月11日に開催決定!
    中西亮詞
  • ライバルに差をつけるプロのミックステクニックを伝授!Mixテクニックセミナー開催!
    松重行正    
  • <更新>Pro Tools 11/HD11で動作保証されるAppleコンピューター
    セバスチャン
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/澤田
    SatoruOhtani
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/小松
    SatoruOhtani

profile

書いた記事数:2162 最後に更新した日:2017/04/28

話題の製品を実際に試してみたらこうだった!sE Electronics/GEMINI

この記事は2017.04.23 Sundayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

話題の製品を実際に試してみたらこうだった!sE Electronics/GEMINI

神田店レコーディングスタッフが、実際にしっかりと使ってみて話題の製品の実力を実体験レビューする本シリーズ!
今回のテーマは「sE Electronics / GEMINI 供廚任后

チューブマイクでは珍しいデュアルチューブを搭載しているコンデンサーマイクで、今回はこのGEMINI 兇如▲▲魁璽好謄クギターを実際にレコーディングしました!また、ボーカルでもレコーディングを行い、GEMINI兇亮体呂鮖遒靴討澆泙靴拭

 


話題の製品を実際に試してみたらこうだった!sE Electronics/V3&V7

この記事は2017.04.23 Sundayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

話題の製品を実際に試してみたらこうだった!sE Electronics/V3&V7

神田店レコーディングスタッフが、実際にしっかりと使ってみて話題の製品の実力を実体験レビューする本シリーズ!
今回のテーマは「sE Electronics / V3とV7」です!

sE Electronicsの新ダイナミックマイクである2機種ですが、ダイナミックマイクの王道であるSHURE / SM58、BETA58との違いを実際にレコーディングした音を交えてレビューしてみたいと思います!
また、楽器でも以外といいよ!との噂もちらほら耳にするので、アコースティックギターをsE Electronics / V3とV7、SHURE / SM57、BETA57で比較試聴も行いました!

 


ドイツ発の実力派IEMブランド Fischer Ampsレビュー!FAシリーズ編!

この記事は2017.03.24 Fridayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

ドイツ発の実力派IEMブランド Fischer Ampsレビュー!FAシリーズ編!
昨今の多ドライバ化、巧みな装飾を施した煌びやかな外観の流れとは一線を画す、質実剛健なドイツ発のイン・イヤー・モニター Fischer Amps(フィッシャー・アンプス)。
日本での知名度はまだまだといったところではありますが、当店の企画である「最前線のクリエイターとともに、最新IEMを徹底解剖!Vol.2」では、抜群の装着感とモニターサウンドが高評価をいただきました。
そこで、Fischer Ampsの入門として、FAシリーズ全機種をレビューしてみました。

話題の製品を実際に試してみたらこうだった!Softube/Console 1 MK2

この記事は2017.02.19 Sundayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

「話題の製品を実際に使ったらこうだった!」と題しまして、神田店レコーディングスタッフが、実際にしっかりと使ってみて話題の製品の実力を実体験レビューするシリーズ!今回は2017 Winter NAMM レポートでも大好評だった「Softube/Console 1 MK2」です。

 

「Softube/Console 1 MK2」といってもソフトウェアの問題なので無印の「Console 1」ユーザーの方もご安心ください!

昨日公開された最新アップグレード「ver.2.4.7」にて同様の内容になりますので、買い換える必要はありません!

 

ちなみに2017 Winter NAMMのレポートはこちらから!

2017 WINTER NAMM : Softube 操作性とバリエーションが大幅アップ!「Console 1 mk2」発表!

http://myjshowreport.jugem.jp/?eid=137


試してみた!Positive Grid/BIAS Distortion Pedal

この記事は2017.02.15 Wednesdayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

神田店レコーディングスタッフが、実際にしっかりと使ってみて話題の製品の実力を実体験レビューする本シリーズ!
今回のテーマは「Positive Grid/BIAS Distortion Pedal」です!

 

Positive Gridといえば、ソフト・アンプシミュレーター「BIAS」シリーズなどのプラグインの開発を行っており、圧倒的なカスタマイズ性とAmplitubeやGuitar Rigなどの王道アンプ・シミュレーターを凌ぐ高品位なサウンドで一気にアンシミュ市場を席巻した新興メーカーです。

 

そんなPositive Gridですが、最近ではソフトウェアだけでなくハードウェアの開発も行っており、

最近では同社「BIAS Amp」シリーズをハードウェア化した「BIAS Headシリーズ」が話題を呼びました。

 

今回ご紹介する「BIAS Distortion Pedal」は、同社「BIAS Pedal」というプラグインをハードウェア化した製品のようです。

それでは早速実際に試してみましょう!

 

 

続きを読む >>


主要DAWを極める!選任スタッフが各主要DAWの最新情報と特徴を徹底チェックしてユーザーをサポートします☆
Pro Tools Pro Tools
Cubase
St-One
live
BITWIG
D.P.
Sonar
FL-st
Logic
Sibelius
Finale