宮地楽器神田店オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
Avid Zone Pro
Premium Line
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382
>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • HD版もNative版も、McDSPの単体プラグインがすべて50%OFF!10月5日(月)まで。
    yan
  • 2016 WINTER NAMM : YAMAHA 新たなフラッグシップMONTAGEはシンセであり「楽器」
    ハマ
  • 2016 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ澤田編
    ハル
  • 【応募受付終了】KOMPLETEシリーズのセミナー"TAKE KONTROL"が2015年1月11日に開催決定!
    中西亮詞
  • ライバルに差をつけるプロのミックステクニックを伝授!Mixテクニックセミナー開催!
    松重行正    
  • <更新>Pro Tools 11/HD11で動作保証されるAppleコンピューター
    セバスチャン
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/澤田
    SatoruOhtani
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/小松
    SatoruOhtani

profile

書いた記事数:2092 最後に更新した日:2017/03/29

話題の製品を実際に使ったらこうだった!ステレオコンプ対決Vol.1!

この記事は2014.06.23 Mondayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)


話題の製品を実際に使ったらこうだった!シリーズ思いつき編!

今回は、店頭にあるステレオコンプ達を以下の様な条件で順番に試してみました!

厳密にそれぞれの機種でそれなりに似たような設定に追い込むことも出来るのですが、「難しく考える前にまずは各機種ごとのキャラクターの違いを楽しんで見よう!」という実験になります。

条件1:GRはMAXで-3~4db
条件2:RATIOは、2.5~4(機種よって設定が異なるため)
条件3:AttackとReleaseも真ん中(これも機種によって最速&最遅が異なるため)
条件4:純粋に個体の回路による色付けを見る為にスルー(ただ通すのみ)も別に録音。

以上を踏まえて、いつも通りProtoolsのデモトラックを使用して、次の順で録音してあります。

1:Protools 内部バウンス
2:Vintech Audio/609CAをBypassで通したのみ(以降スルー)
3:Vintech Audio/609CAを前述の条件でコンプレッション(付属の電源ケーブル)
4:Vintech Audio/609CAを前述の条件でコンプレッション(キャンペーン中の特注ケーブル)
5:Neve/33609B スルー
6:Neve/33609B コンプ
7:Shadow Hills/Dual Vandergraph スルー
8:Shadow Hills/Dual Vandergraph コンプ
9:UREI/1178 スルー
10:UREI/1178 コンプ
11:Avalon/AD2044 スルー
12:Avalon/AD2044 コンプ
13:Thermionic Culture/Phoenix SB スルー 
14:Thermionic Culture/Phoenix SB コンプ



いかがだったでしょうか!?

どの機種もBypassで通すだけでも結構キャラクターが変わりますよね!個人的には、2mixに掛けるという縛りがあるなら、「Shadow Hills/Dual Vandergraph」と「Thermionic Culture/Phoenix SB」が好みですね〜(笑)

最近だと、UAD-2などの良質なプラグインでMIXを行い最後にステレオのハードウェアコンプを通すなんてスタイルが結構浸透してきています。やはり一度アナログを通す事で、周波数だけでは説明出来ない「音の説得力」が付きます。

低音をしっかりと感じたい曲なら「NEVE/33609」でBPMが早め曲なら「Vintech/609CA」が合いそうだな〜、なんて贅沢な使い方もしてみたいものです。

次回のVol.2では、スケジュールの都合でタイミングが合わなかった大ヒット中の「Dangerous Compressor」や定番の「MANLEY/Variable-MU」なども使い、「最近のコンプとVintageのコンプの狙っているキャラクターがそもそも違うんじゃいないかな?」なんて、話も盛り込んでみようと思っております。

本気の方こそ、まずは1台お気に入りのステレオハードウェアコンプを見つけて欲しいと思います!

担当/澤田