宮地楽器神田店オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
Avid Zone Pro
Premium Line
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382
>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • HD版もNative版も、McDSPの単体プラグインがすべて50%OFF!10月5日(月)まで。
    yan
  • 2016 WINTER NAMM : YAMAHA 新たなフラッグシップMONTAGEはシンセであり「楽器」
    ハマ
  • 2016 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ澤田編
    ハル
  • 【応募受付終了】KOMPLETEシリーズのセミナー"TAKE KONTROL"が2015年1月11日に開催決定!
    中西亮詞
  • ライバルに差をつけるプロのミックステクニックを伝授!Mixテクニックセミナー開催!
    松重行正    
  • <更新>Pro Tools 11/HD11で動作保証されるAppleコンピューター
    セバスチャン
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/澤田
    SatoruOhtani
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/小松
    SatoruOhtani

profile

書いた記事数:2194 最後に更新した日:2017/05/22

話題の製品を実際に使ったらこうだった! Kemper Profiling Amplifier vol.2

この記事は2014.07.19 Saturdayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

 

話題の製品を実際に使ったらこうだった!シリーズ。

今回のテーマは先々週に引き続き、

Kemper Profiling Amplifier!!

前回はKemperの目玉機能について、ザックリとした紹介をさせていただきました。

Vol.2ではその中でも一番の目玉機能、

アンプ・プロファイリングに絞ってご紹介させていただきます!!

今回はサウンドサンプルもありますので、お楽しみに♪
そして、当店でご購入くださった方にはマル秘プレゼントも・・・?

それでは、最後までお楽しみください!




今回の検証では、お店においてあるアンプをプロファイリング・データ化して
実際のアンプとの弾き比べを行ってみました!




さて、実際に音を聴いていただく前に、
まずは軽くプロファフィリングの流れについてご説明いたします!



☆プロファイリングの流れ

KemperのInputにギターを入力

KemperのDirect OutからアンプのInputへ入力

アンプにマイクを立て、マイクをKemperのMic Inへ入力

ぅターを弾きながらアンプをお好みのセッティングに!

ゥ廛蹈侫.ぅ螢鵐亜(特殊な信号がアンプに流れ、アンプから異様な音が・・・笑)

Kemperが音を解析し、プロファイリングが完了

Ш埜紊Kemper上で微調整を行い、プリセットとして保存!


一見難しそうなアンプ・プロファイリングですが、実はこれだけの手順しかありません。
皆様が想像されているよりもかなり簡単で、配線以外の本体ので操作は、表示された通りに数回ボタンを押すのとセーブデータに名前を付けて保存する位しかありません。慣れれば物の数分でプロファイリングできちゃいます!!

今回の検証ではテイク毎の音色の差異を無くすため、予めProTools上にドライデータをレコーディングしておいてそれをリアンプする方式を採用しております。

ルーティングは以下の用になります。


 【録音環境】



●ライン録り
Guitar→Fireface UCX

●リアンプ(実際のアンプ)
ProTools(DAW)→UCX→Reamp JCR→アンプ→SM57(マイキング)→UCX→ProTools

●リアンプ(KEMPER)
ProTools→UCX→Reamp JCR→KEMPER(LINE OUT)→UCX→ProTools


今回使用したアンプはこちら!

【使用アンプ】

・Marshall/JMP 2187 MK-2 Combo  50W




Fendr USA 1959 Champ (Vintage)


 

さて、それでは早速サウンドを聴いていただきましょう!!!




※アンプ名の頭に「K.」とついているものがKemperでプロファイリングしたサウンドです。


・・・いかがでしたでしょうか?

非常に実機に忠実な音に仕上がっているのが一聴しておわかりかと思います!

「まさかここまで忠実にプロファイリングできるとは・・・」

と、スタッフ一同大変驚きました(汗)

特にアルペジオフレーズは、ブラインドテストしたら正確な判別ができないレベルだと思います!コードストロークフレーズは、若干無駄なローが削られているのかな?という印象を受けました。逆に言えば元音よりもスッキリとした仕上がりで、ミックスなどでは使いやすいかもしれません!

ちなみにこのKemper、プロファイリングした音と実機の音の差異をKemper自身が分析して自動修正してくれる超便利機能がついています!!!

解析後に専用のボタンを押してから軽く音を出すだけで、かなり実機の音色に近づけることが可能です。もちろん手動での修正も可能です。

自動修正を数回行ったあとで足りない部分を自分で直せば、
簡単にかなり追い込んだ音にすることができます!



以上、今回はKemperのプロファイリング機能について突っ込んで検証してみました。
楽しんでいただけましたでしょうか?

Kemperは手軽に高品質アンプサウンドを手に入れられる、ギタリストにとって夢のようなツールだと思います。今回の検証が皆様のご購入の後押しになると幸いです♪


そしてなんと!
宮地楽器でKemper Profiling Amplifierを新規ご購入の方には、
今回の検証で作成したプロファイリングデータをプレゼント!!

今回のチェックで使用した
・Marshall/JMP 2187 MK-2 Combo  50W
・Fender USA/EC-Vibro Champ Eric Clapton Signature
 

さらに、

・Marshall/JCM2000
・Marshall/JCM800
・Roland/JC-120
・Fender/Hot Rod DeVille


などなど、当店が所有するアンプのプロファイリングデータをプレゼント!!
この機会にぜひぜひご検討ください!!

Kemper  Profiling Rack  ¥249,000



主要DAWを極める!選任スタッフが各主要DAWの最新情報と特徴を徹底チェックしてユーザーをサポートします☆
Pro Tools Pro Tools
Cubase
St-One
live
BITWIG
D.P.
Sonar
FL-st
Logic
Sibelius
Finale