宮地楽器神田店オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
Avid Zone Pro
Premium Line
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382
>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • HD版もNative版も、McDSPの単体プラグインがすべて50%OFF!10月5日(月)まで。
    yan
  • 2016 WINTER NAMM : YAMAHA 新たなフラッグシップMONTAGEはシンセであり「楽器」
    ハマ
  • 2016 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ澤田編
    ハル
  • 【応募受付終了】KOMPLETEシリーズのセミナー"TAKE KONTROL"が2015年1月11日に開催決定!
    中西亮詞
  • ライバルに差をつけるプロのミックステクニックを伝授!Mixテクニックセミナー開催!
    松重行正    
  • <更新>Pro Tools 11/HD11で動作保証されるAppleコンピューター
    セバスチャン
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/澤田
    SatoruOhtani
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/小松
    SatoruOhtani

profile

書いた記事数:2515 最後に更新した日:2017/12/11

ルームチューニングや楽器の録音に最適!調音パネルACP-2の店頭機レンタルを開始しました

この記事は2014.07.20 Sundayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)


誰が聴いても分かるくらいサウンドに変化をもたらす調音パネル「ACP-2」
前回のブログでもご紹介したように、神田店にも店頭機がやって来ました。


 
話題の製品を実際に使ったらこうだった!調音・吸音パネル対決! 
 http://miyaji-parec.jugem.jp/?eid=1043


部屋の音を調整するというと一般的には「適切な吸音を行った上で余計な反響を防ぐこと」とイコールに見られがちですが、もちろんこれは間違いではありません。

実際に吸音材のラインナップはAcoustic Mute Panelをはじめ多岐に渡り、要所の反響を抑えるのに一役買っています。しかしながら、一番浸透しているグラースウール系の吸音材というのは、原則として「高音域」から吸われて行ってしまいます。

クリアに聞こえるデッドな空間を目指してに吸音材を貼りまくってたのに、何かスピーカーから鳴らした音がモコモコの音になってしまった、、、なんていうのはここが原因だったりします。

さ らにスピーカーと壁の間に適切な距離が取りづらい日本の住宅環境では、特に低音の反射が多く、ヘッドフォンで聴くよりもかなり膨らんだ低音が聞こえた経験 がある方は少ないと思います。しかもこの様な低音をきちんと吸音するのに必要な吸音材の厚さは(素材にもよりますが)30cm以上と言われています。ただ でさえ広くはない日本住宅において、これは少し問題です。

ヤマハのACP-2がこれらの吸音材と決定的に違うのはその名の通り「調音」

つまり吸音だけでなく音を整えてくれる機能が備わっている点です。この約3cmの厚さで前述30cm幅の吸音材よりも低音を吸音し、かつ全帯域に渡って整理された反射を返してくれる優れもの!

筆 者の自宅の環境では低音よりも中域のモコつきが気になっておりましたが、左右のスピーカーの真ん中(ちょうどPCのモニターの後ろ)に1枚置いたところ驚 くほどスッキリし、それに伴って、高域も低域も以前より見えやすくなるなど満足する結果になりました。(ちなみに壁と「ACP-2」とスピーカーとの間は それぞれ2cmほどです。)

6畳間くらいの空間だと、下手にグラースウール系の吸音材を何枚も貼るよりも「ACP-2」1枚のほうが良い結果を生む事が多いかもしれません。

ACP-2の調音の仕組み

ACP-2は広い帯域でほぼ平坦な吸音特性を発揮するとともに、散乱性能も併せ持っているため、音響障害を抑制して響きを整え、単なる吸音材などでは得られない心地よい音場をつくり出します(ーメーカーサイトより抜粋)

見かけは単なる板のようですが、このパネルは「音響共鳴管」と「堅い反射面」で構成されています。

まず余分な帯域の音はスリットから内部にある「音響共鳴管」に入り、中で何度も反射しながら減衰されていきます。(ここが低音への吸音効率を大幅に上がっているポイントです。)

入射する音に対して、スリットから放射される整理された音と「堅いパネル面」から反射される音が相まってほど良い散乱効果を生むという仕組みです。



あえて言うならば「不要な帯域を吸音しつつ、必要な帯域だけを戻してくれる」というイメージです。



ACP-2の使い方


1.スピーカーの裏に置いて使う

店頭では1枚をスピーカーの間に置いていますが、広い部屋や大きなスピーカーの場合は各1枚ずつ、合計2枚が適切でしょう。



店頭では横置きですが、専用の土台もついてくるので縦置きも可能です

1枚の場合はスピーカーの間、2枚の場合はそれぞれスピーカーの後ろに立てて置いてみて下さい。距離感は音を聴きながら調整します。



2.楽器を演奏 / 録音する際に使う


アコースティックギターの場合は演奏者の前(サウンドホールの向いている方向)の近い位置になります。





また、アップピアノの場合は壁とピアノの間が効果的です。
基本的には楽器の音が出る方向の先に置いてみて、そこから位置や距離を調整して行きます。



店頭機レンタルについて

現在店頭には2台のACP-2が店頭機としてご用意がございます。
レンタルをご希望の方は、電話もしくはメールにてご連絡ください。

宮地楽器神田店
03-3255-2755
(担当:神山、澤田)

また、メールにてご連絡頂く場合は下記お問い合わせフォームをご利用下さい。
https://cart4.shopserve.jp/miyaji.qi/FORM/contact_item.cgi?ITEM_NO=ka-r-061714-ay02&EXDOMAIN=http://miyaji.qi.shopserve.jp
その場合、「お名前」「ご住所」「お電話番号」「必要枚数(1〜2枚)」を明記の上お問い合わせをお願いいたします。

※ 送料について

1.こちらの商品は大型のため、ご返送の際には送料発払いにてお願いをいたします
2.離島・一部地域(航空便利用など)にお住まいの方は別途送料が発生する場合がありますので、詳しくはお問い合わせ下さい


我々としても様々なブログ記事でACP-2などのレビューを行ってきておりますが、特にこうした製品は記事を読むだけではなく試してはじめて良さが分かるものです。
ぜひ一度ご使用頂いて、その魅力を感じて頂ければと思います。


ご購入は以下のショッピングページからどうぞ。


ACP-2 ¥43,740
ACP-2MN/MB ¥58,320






■メーカーサイト
http://jp.yamaha.com/products/soundproofing/acoustic_conditioning_panels/acp-2_mb/
 
友だち追加

主要DAWを極める!選任スタッフが各主要DAWの最新情報と特徴を徹底チェックしてユーザーをサポートします☆
Pro Tools Pro Tools
Cubase
St-One
live
BITWIG
D.P.
Sonar
FL-st
Logic
Sibelius
Finale