宮地楽器神田店オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
Avid Zone Pro
Premium Line
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382
>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • HD版もNative版も、McDSPの単体プラグインがすべて50%OFF!10月5日(月)まで。
    yan
  • 2016 WINTER NAMM : YAMAHA 新たなフラッグシップMONTAGEはシンセであり「楽器」
    ハマ
  • 2016 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ澤田編
    ハル
  • 【応募受付終了】KOMPLETEシリーズのセミナー"TAKE KONTROL"が2015年1月11日に開催決定!
    中西亮詞
  • ライバルに差をつけるプロのミックステクニックを伝授!Mixテクニックセミナー開催!
    松重行正    
  • <更新>Pro Tools 11/HD11で動作保証されるAppleコンピューター
    セバスチャン
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/澤田
    SatoruOhtani
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/小松
    SatoruOhtani

profile

書いた記事数:2386 最後に更新した日:2017/09/22

話題の製品を実際に使ったらこうだった!VPR500 Moduleをチェック!「EQ対決編」

この記事は2014.07.26 Saturdayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

話題の製品を実際に使ったらこうだった!

今回は、ここ数年で一気に製品数が増えた「VPR500 Module」(API500シリーズ)を少しづつご紹介していこうと思います!

一番多いマイクプリ編は別の機会にまとめてやりますが、第一回目はEQ対決です。
EQもなかなか数が多いのですが、店舗に数あるモデルの中で個人的にTOP3を上げるとしたら以下の3機種をお薦めします!この3機種には優劣はなく、それぞれが「それぞれのキャラのTOP」だと思います。

Rupert Neve/Portico 551 Inductor EQ
SSL/E-Series EQ Module for API 500
maag audio/EQ4
☆Rupert Neve/Portico 551 Inductor EQ
分 かりやすいくらいのVINTEGE系のサウンドで、かなり直感的に使用することが出来ます。音痩せすることなくかなり太めの音質で、あえてプラグインで言 うならWAVESの「Renaissance EQ」です。もともとNEVE系のEQは、Qが固定なので「邪魔な倍音をピンポイントで狙ってカットする」なんて器用なことは出来ませんが、大雑把な設定 でもイメージに近いサウンドを直ぐに作れるのがこのタイプの一番の魅力だと思います。「どんなソースが来ても無理やり何とかさせる!」という頼もしいEQ です。

☆SSL/E-Series EQ Module for API 500
NEVE 系の対局に位置する優等生EQです。極端にブーストしても痛い音にならないし、可変式のQを上手く使うことで前述の「邪魔な倍音をピンポイントで狙って カットする」ことも出来、狙ったとおりに整理整頓が簡単に出来ます。NEVE系のような膨らむ太さは無いですが、トラック数が多い楽曲や生楽器が多い楽曲 だと最初に手が伸びるかもタイプかも知れません。こちらもあえてプラグインで言うなら、WAVESの「SSL E-Channel」です(笑)

☆maag audio/EQ4
ア ウトボードには珍しく、NEVE系、SSL系、PULTEQ系の何処にも属さないオリジナルの音を持っているEQです。こちらもQは固定のタイプですが、 設定されているEQポイントがかなりピンポンとで効果が出やすい周波数になっているので、感覚で音を作れるタイプです。この機種を有効に使いこなすポイン トが「Air EQ」「Sub」です。他のハードウェアEQでは触れないこの2箇所のツマミで、「埋もれた音を前にだす」とか「低音の下の輪郭を膨らます」とか、直接音 に変化が少ない周波数帯で音の存在感とキャラクターをコントロール出来ます。良い意味でプラグインのEQに慣れている人が、一番使い易いEQかも知れませ ん。

ここに上げていないEQの音がダメというわけではない無く、「ツマミが多すぎて触りにくい」とか「ここにポイントが欲しいのに、、」みたいな個人的な感想や純粋にデモ機がない、、、などの物理的な問題なので、気になる機種があったらまずは試聴することをお薦めします!

担当/澤田
友だち追加

主要DAWを極める!選任スタッフが各主要DAWの最新情報と特徴を徹底チェックしてユーザーをサポートします☆
Pro Tools Pro Tools
Cubase
St-One
live
BITWIG
D.P.
Sonar
FL-st
Logic
Sibelius
Finale