宮地楽器神田店オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
Avid Zone Pro
Premium Line
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382
>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • HD版もNative版も、McDSPの単体プラグインがすべて50%OFF!10月5日(月)まで。
    yan
  • 2016 WINTER NAMM : YAMAHA 新たなフラッグシップMONTAGEはシンセであり「楽器」
    ハマ
  • 2016 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ澤田編
    ハル
  • 【応募受付終了】KOMPLETEシリーズのセミナー"TAKE KONTROL"が2015年1月11日に開催決定!
    中西亮詞
  • ライバルに差をつけるプロのミックステクニックを伝授!Mixテクニックセミナー開催!
    松重行正    
  • <更新>Pro Tools 11/HD11で動作保証されるAppleコンピューター
    セバスチャン
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/澤田
    SatoruOhtani
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/小松
    SatoruOhtani

profile

書いた記事数:2199 最後に更新した日:2017/05/25

話題の製品を実際に使ったらこうだった! Lavry DA-N5

この記事は2014.11.24 Mondayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)
話題の製品を実際に使ったらこうだった!
 

 

神田店レコーディングスタッフが、実際にしっかりと使ってみて話題の製品の実力を実体験レビューする本シリーズ!
今回は「Lavry DA-N5」です!



※上がDA-N5、下がDA924

 

 

Lavryと言えば、業務用のAD/DAコンバーターとして名高いメーカーです。
メーカーの音質を表現するならば、「派手な色づけはせずに、よりディティールが聞こえてくるようなサウンド」と思います。

Lavryの定番機種は、AD/DAをお好みのチャンネル数でカスタマイズできる「Lavry Blue」、Lavry Goldと称されるADコンバーター「AD122-96 MX」やDAコンバーター「DA924」などがあります。

そこへ、先日より新たな仲間入りを果たしたのが、「DA-N5」です。

DA-N5 Quintessence (クイントエッセンス---真髄)は、
「いくつかの新機能を追加したうえで、これら全ての面でDA924を凌駕するDAコンバーターである」とLavry Engineeringは発表しています。

サンプルレートは、44.1kHzから192kHzまで対応し、ハイレゾ音源にも対応。

入力は、AES/EBUとS/P DIFです。
出力はXLRアナログ出力ですが、所謂メインアウトとモニターアウトとパラレル出力となります。




例えばPro Tools HDXの環境などであれば、
HD I/Oのデジタルアウト(AES/EBU)からこのDA-N5に接続し、このメインアウトをアウトボードやマスターレコーダーに接続したり、モニターアウトから直接モニタースピーカーに接続して音量はこのDA-N5で操作する、ということが想定できます。

今回は、Pro Tools HDX+ HD I/Oの組み合わせで、DAを以下3通りにして録音しました。

DAW(プレイバック):Pro Tools HDX(Pro Tools HD 11 Software)
I/O:HD I/O
 ※DAは、Lavryにした際にはHD I/OのAES/EBU OUTからLavry のDigital INに接続
録音:RME Fireface UFX(録音機能:DuREC、24bit/44.1kHz)

1.DA:DA-N5
2.DA:DA924
3.DA:HD I/O


3つめのHD I/Oを基準に、1つめのDA-N5と2つめのDA924を比較しました。
※以下、私の感想ですので、いち意見としてお聞きください
※音をアップロードしていますが、アップロードした音ですと、違いが分かりにくくなっているかもしれません…。。




まず、総じて言えるのは、「LavryのDAは劇的に音が変わるものではない」ということです。
HD I/OのDAと比較すると、がらっと音が変わるわけではなく、滑らかに音が変わっている印象です。Lavryの両DAとも、音が滑らかで、長時間聞いていられる音の印象です。
「落ち着いた音色」という表現が、個人的には正しいかなと思います。

次に、DA-N5とDA924を比較しました。
DA-N5のほうが、よりワイドレンジと思います。ローからハイまで、滑らかに伸びています。昨今のDAWの傾向(ワイドレンジ)に似ていると思います。

それと比較すると、DA924のほうが中低域に音が集まってきていて、パワー感のある感じです。


音とは直接は関係ありませんが、Lavry輸入代理店の技術者に確認したところ、
Lavryのこれらの機種は、音が安定するまでに2時間程度電源を入れっぱなしにする必要があるそうです。
今回の比較の際には、3時間程度電源を入れたあとでチェック/録音しています。
なお、DA924に関しては、電源を入れてから使用できるようになるまで、20〜30分程度かかります。電源を入れてスタンバイするまでに、その程度の時間が最低でもかかる仕様とのこと。
ちなみに、DA-N5については、電源をいれてからすぐに使用できました。


以上、DA比較を行いましたが、いかがでしたでしょうか??
ご来店いただければ、お使いのDAとLavry のDAの比較も可能ですので、どうぞご来店ください。
ただし!Lavryを使うためには前もって電源を入れておく必要がありますので、事前にご連絡をお願いいたします!

Lavry Engineering / DA-N5 ¥1,058,400


担当:澤口



主要DAWを極める!選任スタッフが各主要DAWの最新情報と特徴を徹底チェックしてユーザーをサポートします☆
Pro Tools Pro Tools
Cubase
St-One
live
BITWIG
D.P.
Sonar
FL-st
Logic
Sibelius
Finale