宮地楽器神田店オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
Avid Zone Pro
Premium Line
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382
>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • HD版もNative版も、McDSPの単体プラグインがすべて50%OFF!10月5日(月)まで。
    yan
  • 2016 WINTER NAMM : YAMAHA 新たなフラッグシップMONTAGEはシンセであり「楽器」
    ハマ
  • 2016 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ澤田編
    ハル
  • 【応募受付終了】KOMPLETEシリーズのセミナー"TAKE KONTROL"が2015年1月11日に開催決定!
    中西亮詞
  • ライバルに差をつけるプロのミックステクニックを伝授!Mixテクニックセミナー開催!
    松重行正    
  • <更新>Pro Tools 11/HD11で動作保証されるAppleコンピューター
    セバスチャン
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/澤田
    SatoruOhtani
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/小松
    SatoruOhtani

profile

書いた記事数:2092 最後に更新した日:2017/03/29

話題の製品を実際に使ってみたらこうだった!SHURE SRH1540

この記事は2014.11.11 Tuesdayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)


今回はSHURE SRH1540を試してみました。
前回に引き続き、ヘッドホンのレビューとなりますね。

さて、SHUREと言えば老舗マイクメーカーという印象が非常に強いですが、イヤホン・ヘッドホンに関しても技術の蓄積があるメーカーです。今でこそ余り話題に上がらないものの、もともとはアーティストのモニター用途だったEシリーズで培った「高音質&高遮音」は、現在のSEシリーズにも継承されていますね。
このSEシリーズも、国内においてはiPodの流行と共に爆発的に大ヒット。私も通勤中に愛用していますが、耳栓になるくらいの遮音性と元気の良いサウンドが気に入っています。

そんなSHUREが出先用のイヤホンではなく、モニター用途のヘッドホンを出して来た…というのが今回試してみるSRHシリーズのはじまり。さっそく、レビューして行きましょう。


音質について

同社のSRH840やSRH940と比較すると(勿論この両者も傾向は全く違いますが)、全くクセがないなという印象です。あまり好きな言い方ではないのですが、こういうのをフラットと言うのでしょう。
高域のシャキッとした感じはあまりないですが、ローは良く鳴っています。
低域もうるさくなく必要なだけ、という感じで絶妙な量感ですね。
トータルで見ると少し大人しめな印象ですが、非常にバランスが良いのでモニター以外にもリスニングでも使えます。
全体のまとまりが良く、かと言って各楽器も埋もれる事なくきちんと鳴らしてくれている…強いて言うのであれば、SPH940の各楽器を更にシャープにしたような印象でしょうか。

直前に聴いたFocalが「音がクッキリと分離して聴こえる!」というヘッドホンだったのに対し、こちらは適度な分離感でうまく一体感があるようなイメージ。なので、あまり聴き疲れがしないのもポイントです。


装着感について

初見では「大きくて重そう」なヘッドホンですが、重さはほとんど気になりません
286gというヘッドホンにしてはそれなりの重量ではありますが、大きめなイヤーパッドとヘッドバンドで包み込んでくれるようなイメージで、装着感としては非常に良いです。


柔らかい!

900STのように耳たぶにパッドがべたーっと当たる感じではなく、耳に空間があるような付け心地。なので「音が近いところで鳴っている」感じがしない、この辺りが音質の項で書いた鳴り方に通じているように感じます。


どうやって使うと効果的?

音が厳密に分離したモニター用という訳でもなく装着感も悪くなく、制作だけではなくリスニングもOK。
そんな訳で別にどう使っても良いのですが、せっかくなので少しだけミックスで使ってみた感想を書いてみます。

私は普段、スピーカーでラフにバランスを録った後それぞれの細々したエディットをスピーカーとヘッドホン両方でチマチマと聴きつつ行っていくのですが、1540の場合はヘッドホンだけでサクサク作って行ける印象です。

スピーカー的…とまでは行かないまでも、密閉型とは思えないほどオープンな聴こえ方なので、ペッタリ張り付いたヘッドホンでは分からなくなりがちな音の前後感もある程度追いかける事が出来ますね。
なのでPAN振りなどもやり易いですし、解像度も高いので各楽器のエディット(特に低域のEQ処理など)も一台でこなせます。
低域に関しては、すっきりしつつ適度な量感があるので、パッと聴きの印象よりも50〜200Hz辺りの処理がし易い印象です。個人的にはもう少しローミッドが充実してくれるとやり易いのですが、これは好みの問題で人によりけりです。この特徴の無さが良いところとも言えます。

個人的には、モニタースピーカーが部屋の広さ的に置けない、近隣からの苦情が…といった方にかなりオススメです。鳴らし切れていないスピーカーで訳も分からず編集をするより、しっかりしたヘッドホンを一台手元に置いておく方が良いように思います。


椅子に深く腰掛けてダラダラ音楽を聴く分にも楽しいですし、ミックスにおいても戦力になってくれる。
一本持っておくと長く長〜く付き合える機種だと思いますよ!

ご購入はこちらからどうぞ。

SHURE SRH1540 ¥51,620


メーカーサイト:
http://www.shure.co.jp/ja/products/headphones/srh1540