宮地楽器神田店オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
Avid Zone Pro
Premium Line
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382
>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • HD版もNative版も、McDSPの単体プラグインがすべて50%OFF!10月5日(月)まで。
    yan
  • 2016 WINTER NAMM : YAMAHA 新たなフラッグシップMONTAGEはシンセであり「楽器」
    ハマ
  • 2016 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ澤田編
    ハル
  • 【応募受付終了】KOMPLETEシリーズのセミナー"TAKE KONTROL"が2015年1月11日に開催決定!
    中西亮詞
  • ライバルに差をつけるプロのミックステクニックを伝授!Mixテクニックセミナー開催!
    松重行正    
  • <更新>Pro Tools 11/HD11で動作保証されるAppleコンピューター
    セバスチャン
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/澤田
    SatoruOhtani
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/小松
    SatoruOhtani

profile

書いた記事数:2203 最後に更新した日:2017/05/28

話題の製品を実際に使ってみたらこうだった!Mojave Audio/MA-100 & MA-300

この記事は2015.02.21 Saturdayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)
 

スタッフが実際に商品を触ってレビューを紹介する「話題の製品を実際に使ってみたらこうだった!」
今回ご紹介するのは2005年に正式なコンデンサーマイクのブランドとして確立した「Mojave Audio」の中から「MA-100」「MA-300」をご紹介します!

ブランドとしてはまだ新しいマイクになりますが、果たしてその音質やいかに!

Mojave Audio/MA-100 & MA-300でアコースティックギターをレコーディングし比較しました。

■主な使用機材
・MacBook Air (OS10.8.5)
・Pro Tools 11.3.0
・Mojave Audio/MA-100 & MA-300(使用マイクケーブル:OYAIDE/QAC-222)
・Audient/iD22(使用USBケーブル:Toneflake WAGNUS/Milkey Beamz Out USB 1m)
・Ibanez Artwood AW2030 TBS



また、Mojave Audioとは別の他社製マイクでも比較のためにレコーディングを行ないました。
比較に使用したマイクは下記の通りです。

■比較マイク
・Earthworks/QTC-30
・Lewitt/LCT-340


まずはMojave Audio/MA-100を聴いていただきましょう!

○Mojave Audio/MA-100





「MA-100」一本で完成!といってもおかしくないくらい、THE アコギという感じの音だと思います。(笑)少し高音域が強めな気がしますが、非常に抜けがよく、分離感もハッキリしています。プリアンプやコンプレッサーなどを間にかましても、かましている機材そのもの音(マイクによってクセ感などが変わる事がない)になるので、ミキシングなども非常にしやすいのではないでしょうか。

次はMojave Audio/MA-300です。

○Mojave Audio/MA-300






MA-100よりも、ローミッドが持ち上がり、全体的にレンジが広くなっていると思います。全体バランスはMA-300が良いと思いますが、個人的にはMA-300でガットギターを引いた場合、中音域が出過ぎる感じがするので、高音域の抜けの良さが際立つMA-100でガットギターを、MA-300でスチール弦のアコースティックギターをレコーディングすればバランスが良いかと思います!

さて、ここで高い解像度と計測用としても名高いEarthworksのマイク「Earthworks/QTC-30」と立ち上がりの早さと、音ブレがしにくいLewittのマイク「Lewitt/LCT-340」を聴いて、Mojave Audio/MA-100 & MA-300との違いを比較してみましょう!

○Earthworks/QTC-30






○Lewitt/LCT-340






いかがでしたでしょうか?Earthworks/QTC-30は抜け感はMojave Audio/MA-100 & MA-300よりも劣る感じです。音質的にはMojave Audio/MA-300をもう少し大人しめにしたような音だと思います。アコギだけでなく、多くのレコーディングシチュエーションで聴き当たりが良いので、オールマイティに使用出来るのはEarthworks/QTC-30です。
Lewitt/LCT-340は、Mojave Audio/MA-100 & MA-300と比較するとかなり低音域がガッツリと、タイトな音質です。アコギももちろん良いですが、ウッドベースなどは非常に味がでるのではないでしょうか。

今回、4本のマイクでレコーディングした伴奏におまけでメロディーをのせてみました。
あくまでも「お・ま・け」なのでギターの腕は大目に見てやってください(笑)

○Mojave Audio/MA-100



○Mojave Audio/MA-300



○Earthworks/QTC-30



○Lewitt/LCT-340





Mojave Audio/MA-100 & MA-300は実はチューブマイクですが、聴いて頂いた通り、非常に抜けがよく、レンジが広いのが特徴です。アコギの全体音がぼやける事無く、弦1本1本の音が聴き取れるマイクはそう無いと思います!今後注目のマイクになる事は間違いなしでしょう!

今回比較試聴に使用したマイクは店頭でもお試し頂けます。
ご希望の場合はお気軽にお申し付けください。

ご購入は下記ショッピングサイトから!
※店頭での販売も行なっております。

■Mojave Audio/MA-100
¥91,800(税込)
 

■Mojave Audio/MA-300
¥151,200(税込)
 

担当:山下


主要DAWを極める!選任スタッフが各主要DAWの最新情報と特徴を徹底チェックしてユーザーをサポートします☆
Pro Tools Pro Tools
Cubase
St-One
live
BITWIG
D.P.
Sonar
FL-st
Logic
Sibelius
Finale