宮地楽器神田店オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
Avid Zone Pro
Premium Line
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382
>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • HD版もNative版も、McDSPの単体プラグインがすべて50%OFF!10月5日(月)まで。
    yan
  • 2016 WINTER NAMM : YAMAHA 新たなフラッグシップMONTAGEはシンセであり「楽器」
    ハマ
  • 2016 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ澤田編
    ハル
  • 【応募受付終了】KOMPLETEシリーズのセミナー"TAKE KONTROL"が2015年1月11日に開催決定!
    中西亮詞
  • ライバルに差をつけるプロのミックステクニックを伝授!Mixテクニックセミナー開催!
    松重行正    
  • <更新>Pro Tools 11/HD11で動作保証されるAppleコンピューター
    セバスチャン
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/澤田
    SatoruOhtani
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/小松
    SatoruOhtani

profile

書いた記事数:2246 最後に更新した日:2017/06/23

話題の製品を実際に使ってみたらこうだった!HOTONE NANO LEGACY

この記事は2015.05.13 Wednesdayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)


今回はHOTONEより発売中のNano Legacy アンプヘッド・ラインナップを試してみました。
デスクに置いただけでテンションの上がる可愛いデザインと、その秀逸なサウンドをご紹介します。

HOTONE Nano Legacyとは?

アンプヘッドを載せ替えて、様々なサウンドを楽しむ小さなスタックアンプです。
キャビネットは全モデル共通で、4.5インチのスピーカーが一発。片手で軽々持てるサイズ感です。


HOTONE NanoCabinet
http://www.allaccess.co.jp/hotone/nanocab/

どのくらい小さいかと言うと、これくらい。
余裕の手のひらサイズ…というかむしろ、iPhone 6よりも小さいです。重さも440gと超軽量!



アンプヘッドは現在5種類発売されており、それぞれPlexiやRectfilerなど既存のアンプをモデルに制作されています。
やはり特筆すべきはこのデザイン。ポケットに入ってしまうサイズ感ながら、ゲインやEQの他センドリターンを備えるなど本格的なつくりになっています。そしてこれ、音がかなり良いんです

skylineシリーズ(小型エフェクター)が有名なHOTONEですが、今回はアンプの方の実力をご紹介。
ということで、新製品となるMojo Diamond(ビンテージ・ツイードトーン)を除いた4ラインナップを全て録り比べてみました!


  • 1.British Invasion / VOX AC30
  • 2.Purple Wind / Marshall Plexi SuperLead 1959(Limited Edition)
  • 3.HEART ATTACK / Mesa Boogie Rectifier
  • 4.Thunder Bass / Ampeg SVT
※Thunder BassはLINE、Ampの順番に再生しています
※プレイヤーはスタッフ遠藤、ベースの演奏は常連のS氏にお願いしました!ありがとうございます。

使用機材:
SHURE SM57 / RME Fireface UFX



いかがでしょうか。正直、案外アンプサウンドとして侮れないレベルです。
音圧が必要なMesa Boogie辺りは単体で聴くと少し物足りなさもありますが、簡単にエフェクト処理&アレンジ?をしただけでこんな感じに。



ちなみに、VOXとMarshallはLRにギターを振ってみるとこんな感じです。
※ベースはもちろんThunderBass、ドラムはBFD3です



昨今のギターアンプシミュレーターも進化していますが、やはりどこまで行ってもLINEはLINEの音のまま。アンプで録る事に慣れている方にとっては、サウンドにもう一声の自然なエアー感は欲しい方も多いのではないかと思います。

特に打ち込み主体の制作の場合、全体的にのっぺりしたサウンドになってしまいがち。
卓上のかわいい相棒として、そして本気で使えるレコーディングギアとして愛用して頂けます。

自宅での録音も楽勝!小音量でもこのサウンド

ところで、録音した風景はどうでしょうか?簡単に動画でご紹介します。



最初はギターをスピーカー(barefoot micromain45)からモニターしながら演奏しています。
0:12頃からモニターボリュームを下げていき、その後はアンプからの出音のみになります。

そう、実はこれ、かなり小音量で録音していたのです。
むしろギターの生音の方がうるさいくらい。こんな感じで録音した音源が先ほどのデモだったのです。

「自宅でアンプ録音は無理…。」なんて悩んでいた方も、この音量なら実現可能ではありませんか!?

気になるお値段は、キャビが7,560円、ヘッドが1発13,371円〜と非常にお求め易い価格帯です。

その本気のサウンドと製品としての面白さから、既にスタッフの間でも大流行のNANO LEGACY。
「一台で遊べる&使えるスタックアンプ」を是非ご自宅へ。ご注文はこちらからどうぞ!



■メーカーサイト
http://www.allaccess.co.jp/hotone/


主要DAWを極める!選任スタッフが各主要DAWの最新情報と特徴を徹底チェックしてユーザーをサポートします☆
Pro Tools Pro Tools
Cubase
St-One
live
BITWIG
D.P.
Sonar
FL-st
Logic
Sibelius
Finale