宮地楽器神田店オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
Avid Zone Pro
Premium Line
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382
>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • HD版もNative版も、McDSPの単体プラグインがすべて50%OFF!10月5日(月)まで。
    yan
  • 2016 WINTER NAMM : YAMAHA 新たなフラッグシップMONTAGEはシンセであり「楽器」
    ハマ
  • 2016 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ澤田編
    ハル
  • 【応募受付終了】KOMPLETEシリーズのセミナー"TAKE KONTROL"が2015年1月11日に開催決定!
    中西亮詞
  • ライバルに差をつけるプロのミックステクニックを伝授!Mixテクニックセミナー開催!
    松重行正    
  • <更新>Pro Tools 11/HD11で動作保証されるAppleコンピューター
    セバスチャン
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/澤田
    SatoruOhtani
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/小松
    SatoruOhtani

profile

書いた記事数:2153 最後に更新した日:2017/04/26

話題の製品を実際に使ってみたらこうだった!ストリングス音源最高峰「Vienna Instruments」を徹底解剖!VOl.2

この記事は2015.05.25 Mondayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)
 
VOL.1が、Viennaの特徴とラインナップの見分けた方だけでかなりの文章量になってしまったので、今回はソフトウェア自体の操作方法にぐっと迫ります!
狙った音色には最短距離で!

まずは一番重要な音色の探し方を確認しましよう。ここを理解すると余計な音色の読み込みをしなくて済むので、無駄なメモリーの消費やロード時間を大幅に削減できます。


ソフトを立ち上げると、画面右側にインストールされているライブラリーがずらっと表示されます。(※ここに何も表示されていない人は、ソフトと一緒にインストールされる「Dirctory Manager」でライブラリーの位置を指定して下さい。)画面の左側のリストは、右側で読み込んだプリセットが並びます。


まず、画面右側のリストの一番上の「PRESET」「MATRIX」「PATCH」に注目下さい。

簡単に申しますと、「PRESET」の中に複数の「Matrix」があり、ひとつひとつの「Matrix」のなかに複数の「PATCH」(=演奏方法)があります。。少し難しいわかりズラいですねかね?


例えば、Special Editon収録の「SE01 Preset Solo Strings」を読み込むと、左の「01 SoloViolin」をはじめ8個位の「MATRIX」が表示されます。それぞれの「MATRIX」左の数字は(ex:E7)はその鍵盤を押すと、その「MATRIX」に切り替わります。


中央にあるボタン達が、そのMATRIXに収録されている「PATCH」になります。左から「Sta」「Det」「Sus」〜と並んでいますが、これらを切り替えるのが、もう少しだけ右側にある「Matrix Control」というセクションの「X-Axis」になります。C1を押すと一番左の「Sta」、C#1を押すと「Det」という感じで切り替わります。


「X-Axis」が横軸の切替になり、「Y-Axis」は縦軸の切り替えになります。このスイッチは任意の鍵盤に移動することも出来ます。今読み込んでいるPresetは「Y-Axis」がCC1つまりモジュレーションホイールにアサインされており、モジュレーションホイールを上げると、下の段に切り替ります。


今回のPresetが「Special Editon」なので、ほとんどが同じ音色なので上下の切替はあまり意味が無いのですが、中央にある「pLeg」(レガート)「pPo」(ポルタメント)と別のプリセットが読まれています。Viennnaの魅力の1つがこのレガート&ポルタメントです。

それぞれを簡単に言うと以下のようになります。


レガート:鍵盤を長く押さえれば、いつまでも伸びるSustainになり、駆け上がりのように早いパッセージを弾くとそれに追従する早さの音色に切り替わります。今となっては他者製品も同様のことが出来るようになりましたが、Vienna以前は、ロングトーン用と短いノート用の2種類以上の音色を別に呼みこみ、それぞれのトラックに分けて打ち込む必要がありました。


ポルタメント:上記のレガートに追加して、ポルタメント(モジュレーションホイールを上げる)に切り替えてスラーで弾くと、ギターのスライドやグリッサンドの様にピッチが連続的に上がります。このポルタメント表現をができる事もかなり革新的であり、今もなお素晴らしい機能です。


ここまでの説明は管楽器でも打楽器でも同様の働きをするので、一度覚えてしまえばすべての楽器が自在にコントロール出来ます!


次回はさらなる詳細と簡単Tipsをご紹介します。

担当/澤田


 



主要DAWを極める!選任スタッフが各主要DAWの最新情報と特徴を徹底チェックしてユーザーをサポートします☆
Pro Tools Pro Tools
Cubase
St-One
live
BITWIG
D.P.
Sonar
FL-st
Logic
Sibelius
Finale