宮地楽器神田店オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
Avid Zone Pro
Premium Line
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382
>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • HD版もNative版も、McDSPの単体プラグインがすべて50%OFF!10月5日(月)まで。
    yan
  • 2016 WINTER NAMM : YAMAHA 新たなフラッグシップMONTAGEはシンセであり「楽器」
    ハマ
  • 2016 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ澤田編
    ハル
  • 【応募受付終了】KOMPLETEシリーズのセミナー"TAKE KONTROL"が2015年1月11日に開催決定!
    中西亮詞
  • ライバルに差をつけるプロのミックステクニックを伝授!Mixテクニックセミナー開催!
    松重行正    
  • <更新>Pro Tools 11/HD11で動作保証されるAppleコンピューター
    セバスチャン
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/澤田
    SatoruOhtani
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/小松
    SatoruOhtani

profile

書いた記事数:2715 最後に更新した日:2018/06/25

eiosis AirEQ、国内発売開始!!

この記事は2015.05.29 Fridayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)



今や定番プラグインとなったSlate Digital FG-X。そのFG-Xの開発者であるFabrice Gabriel氏のオリジナルブランドがeiosisです。eiosis自体は古くからブランドとして存在していましたが、この度ブラッシュアップして再リリースとなったプラグインがAirEQです。

宮地楽器ではNAMM SHOWなどの海外ショーレポートにて複数に渡りAirEQをご紹介してきました。この度、待望の国内発売となりましたので、ここでAirEQの機能を過去のNAMM SHOWレポートの内容を振り返りながら紹介していきましょう。


まずは当店が初めてAirEQのレポートをしたNAMM SHOW2013でのFabrice氏本人によるAirEQの紹介です。



FG-Xもそうなのですが、複雑ではなくシンプルな操作で良い結果が得られるようにしたいというFabrice氏のアイディアがこのAirEQにも詰め込まれています。

NAMM SHOW 2014レポートでは独占インタビューを、NAMM SHOW 2015レポートではよりAirEQの機能をわかりやすく解説いたしました。

〜〜下記、NAMM SHOW 2015レポートより抜粋〜〜

AirEQはパッと見は使いやすそうなパラメトリックEQですが、このEQが他のEQに比べてどう素晴らしいのかというと、、、

1:ホットにもクールにも!
一番左の「Character」というフェーダーにご注目。上が「Fire」、真ん中が「Neutral」、下が「Water」です。

それを簡単に説明すると「Fire」はGainに合わせてQが鋭くなるのでかなりしっかりとした(効果が目立ちやすい)掛かり方をします。どんだけブーストしても全然破綻しないです!

逆に「Warter」の方にすると、Qがかなり広くあまり目立つGainの上がり方をしなくなる(Gainの頭が平たく潰れてる感じ)ので、かなり自然なEQが掛けれます。

「Neutral」は、大好きなアナログEQの掛かり方をイメージしたらしくかなり自然な掛け心地です。

もちろん各バンドことに違う「Character」を設定すること(Shiftを押しながらQを触る)mp出来るが素晴らしいですね!

ちなみにFireにしている帯域オレンジに、Waterにセットしている帯域はブルーにとノブの周りが光ります!

分かりやすいイメージ図が合ったのこんな感じです。

2:地底の奥底から空高く天空へ!
次に目につくのは、と「Air」と「Earth」というパラメーターになります。

「Air」の方は、こちらも大人気EQ「Maag Audio/EQ4」(http://www.miyaji.co.jp/MID/product/maagaudio/eq4.php)等で既にお馴染みの方も居るとは思いますが、可聴帯域よりも上の周波数帯をいじることで、音そのものではなく存在感を調整するEQです。他のメーカーの同コンセプトのEQに比べ「すーっ」と抜けるような掛かり方が素晴らしく、正にAir感がたっぷりです。

「Earth」は、大体100hzより下の帯域が低くなればなるほどブーストされるパラメーターです。「そんな帯域をブーストしたらブーミーになっちゃうじゃん」そう思いますよね!?
不思議と全然ならないんです!
「低音の存在を出したいけど、他に邪魔にならないようにする」といった、もしかしたらEQで一番難しいかもしれない処理をいとも簡単に行うことができます。

3:このパラメータは耳のみで!
3つ目は一番右端の「Strength」というノブです。こちらはかなり玄人好みで、各ポジションのGainを量を一気に増幅させることが出来ます。Fabrice氏も「ここは耳で決めるのが最良だよ!」って言っておりました。

4:全て見えてます!
最近のEQに搭載されることが多くなったアナライザーが装備されているので、処理前と処理後が常に確認できます。全てを耳でという人には、もちろん表示を消すことも出来ます。

その他にもCPU負荷がかなり低かったり、対応状況も、AAX32 & AAX64, VST3, VST2, AU, RTAS, OSX and Windows, 32 and 64 bitsと何でも来いです。

では実際の使い勝手はいかがなものでしょうか。当店の試してみたブログにて公開予定ですので、乞うご期待ください。

eiosis AirEQ ¥19,440税込


友だち追加



主要DAWを極める!選任スタッフが各主要DAWの最新情報と特徴を徹底チェックしてユーザーをサポートします☆
Pro Tools Pro Tools
Cubase
St-One
live
BITWIG
D.P.
FL-st
Logic
Sibelius
Finale