宮地楽器神田店オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
Avid Zone Pro
Premium Line
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382
>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • HD版もNative版も、McDSPの単体プラグインがすべて50%OFF!10月5日(月)まで。
    yan
  • 2016 WINTER NAMM : YAMAHA 新たなフラッグシップMONTAGEはシンセであり「楽器」
    ハマ
  • 2016 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ澤田編
    ハル
  • 【応募受付終了】KOMPLETEシリーズのセミナー"TAKE KONTROL"が2015年1月11日に開催決定!
    中西亮詞
  • ライバルに差をつけるプロのミックステクニックを伝授!Mixテクニックセミナー開催!
    松重行正    
  • <更新>Pro Tools 11/HD11で動作保証されるAppleコンピューター
    セバスチャン
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/澤田
    SatoruOhtani
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/小松
    SatoruOhtani

profile

書いた記事数:2386 最後に更新した日:2017/09/22

話題の製品を実際に使ってみたらこうだった!ストリングス音源最高峰「Vienna Instruments」を徹底解剖!VOl.3

この記事は2015.05.31 Sundayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)
 スタッフが実際に商品を触ってレビューを紹介する「話題の製品を実際に使ってみたらこうだった!」シリーズ!

ストリング音源最高峰「Vienna Instruments」シリーズVOL.3は、持っている人も意外と知らない使いこなしポイントに迫ります!
Optimizeを使って、大幅にメモリーを節約しよう!
VIENNA INSTRUMENTSは、音色と追懐勝手が良い分メモリーの消費量もなかなかです。
VOL.2での必要最低限の音色の読み出し方を覚えたとしても、まだまだ音色として使ってはいなくてもメモリーには大量のSAMPLEが読み込まれています。

そんな時はこの「Optimize」です。

打ち込みが終わったタイミングで、このボタンを押すと、その下の「Learn」というボタンが点滅します。この状態で楽曲を走らせると、その楽曲のなかで使用されたSampleを自動で覚えてくれます。曲の最後まで読み込んだら、「enable」を押すだけです。

どれくらい違うかと言うと、例えばこのプリセットを使って作った2小節くらいの簡単なフレーズの場合「Optimize」前は、602MB/9641 Sample使われていますが、、、、

「Optimize」をEnableにすると、、、、、


なんと!0MB/10 Sampleまでメモリー使用量が減っています。大げさに言えば、90%くらいのSampleはこのフレーズの中では使われてなかったんですね〜、かなり大幅に節約できました!

この状態だと、フレーズを再現するための最低限Sampleしか読み込まれていないので、なのでそのフレーズで使われた音階以外の音は出ません。フレーズを変更する場合は、Optimizeを「OFF」にすればそのプリセットのSampleが読み込み直されるので、元通りになります。

作ったら「Optimize」、直したい時は「OFF」、修正が終わったら「Optimize」みたいな癖をつけておくと、いつも以上に音色が読み込めるようになるのでオススメです!
Advanceモードで各音色をカスタマイズしてみよう!
Vienna Instrumentsには豊富な「Patch(=演奏方法)」が収録されていますが、「あと少しだけスタッカートが短かったらな〜」とか、「ほんの少しだけ音を暗くしたい」などなどの微調整が行いたい事もあると思います。そんな時は「Advance」モードに切り替えましょう!


切り替え方は簡単!画面の一番右上の「Basic」と書いてあるボタンの横の「Advance」を押すだけです。Advanceモードに入ると各Patchごとのエンベローブやヴォリュームなどを調整する事が出来ます。Viennaって本当細く気が利くソフトですよね〜。

このモードの裏技というか、この中のReleaseというチェックボックスを外すと、音の終わりががざっくりと切れます。まるで自分でサンプリングしたようなサウンドになるので、これにFilterと組み合わせると、気分は往年のハードウェアサンプラーみたいな音になります。

まあ、雰囲気だけですが(笑)でも使いようによっては面白いかもしれません。

担当/澤田
友だち追加

主要DAWを極める!選任スタッフが各主要DAWの最新情報と特徴を徹底チェックしてユーザーをサポートします☆
Pro Tools Pro Tools
Cubase
St-One
live
BITWIG
D.P.
Sonar
FL-st
Logic
Sibelius
Finale