宮地楽器神田店オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
Avid Zone Pro
Premium Line
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382
>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • HD版もNative版も、McDSPの単体プラグインがすべて50%OFF!10月5日(月)まで。
    yan
  • 2016 WINTER NAMM : YAMAHA 新たなフラッグシップMONTAGEはシンセであり「楽器」
    ハマ
  • 2016 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ澤田編
    ハル
  • 【応募受付終了】KOMPLETEシリーズのセミナー"TAKE KONTROL"が2015年1月11日に開催決定!
    中西亮詞
  • ライバルに差をつけるプロのミックステクニックを伝授!Mixテクニックセミナー開催!
    松重行正    
  • <更新>Pro Tools 11/HD11で動作保証されるAppleコンピューター
    セバスチャン
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/澤田
    SatoruOhtani
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/小松
    SatoruOhtani

profile

書いた記事数:2518 最後に更新した日:2017/12/13

話題の製品を実際に試してみたらこうだった!RME BabyFace Pro Vol.0

この記事は2015.07.13 Mondayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)
babyface pro 1




7月末に発売予定のオーディオインターフェイス「BabyFace Pro」を、なんと発売前にさわることができたので、いろいろ試してみました!今回は、国内輸入代理店「シンタックスジャパン」の方と、RMEのマックスさんにお越しいただき、根掘り葉掘り質問しながら(笑)、いろいろチェックしました。



当店の試聴環境にて、早速出音をチェック。ドライバーは、最新のtotalmix fxでokとのことで、接続したらすぐに試すことができました(画面にも、「BabyFace Pro」の文字が!)。
ヘッドフォンと、モニータースピーカーの両方でチェックしました。



babyface pro 2

私の印象としては、「これぞRME!というべき原音忠実型の音質」でした。
帯域に変なピークはなく、味付けはほぼない印象。
しかし、従来のBabyfaceに比べ、解像度は上がっています。さすがのPro仕様!という印象です。

BabyFace Proのプロトタイプを持ってきてくれたマックスさん曰く、BabyFace ProのAD/ DAは、業務機のADI-8 DS Mk IIIと同じAD/DAコンバーター・チップを使っているとのこと!(ADI-8 DS Mk IIIは23万円前後)

また、BabyFace Proは「not remastered」であり、「Reengineered 」ということでした。「従来のBabyFaceの単なるパワーアップバージョンではなく、AD/DAや回路を作り直している」と。
バージョンアップという位置付けでなく、新たな製品を1つ作るほどの開発を行ったようです。素晴らしい意気込みですよね!



従来のBabyFaceと、サイズ感を比較してみました。

babyface pro 3

ぱっと見のサイズ感はほぼ変わらず。
重さも、感覚的には重くなった感はあまりありませんでした。
※Babyface は500g、Babyface Proは680g

しかしながら、中身については、従来よりもProのほうが回路などがぎっしり詰まっているそうです(回路、パーツによる密度は増しているとのこと)。

babyface pro 4

お遊びで、スタッフのポケットに入れてみたら…入った!!

babyface pro 5

iPhone 6と並べてみました。
Proは、従来のものよりもひとサイズ大きい感じです。

babyface pro 6

厚さも多少増えています。

babyface pro 7

Proはスラントがはいっており、多少の傾斜があります。これにより、デスクトップで使う分にはスイッチが押しやすいですね。

babyface pro 8

BabyFace Proの変更点でもある、XLR接続がブレークアウトケーブルではなく、「直挿し」になっていますね。

babyface pro 9

ちょいと余談ですが、USBケーブルは「L字型」。
ストレートタイプに比べて、スペースをとりません。こういった細かい配慮が、とてもポイント高い!

babyface pro 10

底面写真。マイクスタンドに取り付けるためのネジ穴が施されています。

babyface pro 11

BabyFace Proの右側面。従来にはなかった3ch/4chのインプット(シンセやラインものだけでなく、ギターやベースなどの入力も可能とのこと)と、ヘッドフォン出力が2つ!

このヘッドフォンはソースは同じですが、インピーダンスが異なる仕様とのこと。
6.3mmの標準TRS端子は10Ω、3.5mmのステレオミニ端子は2Ωです。
こちらも細かい配慮がされていますね。2人でヘッドフォンでモニターができるようになったので、こちらもポイント高い!



せっかくなので、11インチのMacBook Airと接続して、並べてみました。
BabyFace Proをまずは左側に、次に右側に配置。
おや…これは!!私はあることに気がつきました!!みなさんは気がつきましたか!?

babyface pro 12

babyface pro 13

babyface pro 14



…いかがでしょう??
そう、「Babyface Proのサイドにある接続端子類は、MacBook Airに側面をくっつけても、ケーブルは接続できる」のです!

全ての接続端子をチェックしたわけではありませんが、少なくとも、「ヘッドフォン端子(右側)」、「USB端子(左側)」は問題ありませんね。

まあこれはおそらくたまたまだと思いますが、作業スペースが省略できますね。



本体の操作感についても、チェックしました。
ポイントが高いのは、「スイッチの押しごごちがよいこと」と「TotalMix FXをいじらなくとも、本体をいじることでだいたいの機能にアクセスできる」ということです。

マイクインプットのゲインやメインアウト/ヘッドフォンアウトのボリュームを操作するだけでなく、どの音をどこから出力するかなどのルーティングを操作することも可能。
スイッチを長押しすることで他の機能にアクセスできるなど、とても洗練されたユーザーインターフェイスです。



あれやこれやといじっていたときに、ふとチェックしてみたくなったのが、CCモード!
やってみたら、あっけなくできちゃいました。

babyface pro 15

CCモードとは、「クラス・コンプライアンス・モード」のことです。

つまり、Babyface Pro本体をクラス・コンプライント用のファームウェアに切替えて使用することでiPad/iPhoneと接続して使用できます。
これにより、RMEの高品質なオーディオ入出力やMIDI入出力をiPadの豊富なAppの入出力デバイスとして利用することができます。

Babyface Proには付属しませんが、iPhoneからUSBに変換するアダプターと、Babyface Pro本体に接続できるAC電源(ごめんなさい、写真で撮り忘れてしまいました!このときは、バッテリー駆動型の電源で動作させていました)があれば、可能です。

こうすることにより、iPhoneやiPadなどのアプリの音を、BabyFace Pro経由で出力できます。Apple Musicを再生したり、バッテリー駆動の電源を導入することでモバイル対応のヘッドフォンアンプとしても使用できます。



いかがでしたでしょうか?
BabyFace Proのポテンシャルの高さを感じていただければ幸いです。
私の個人的な感想としては、「持っておきたくなる高機能モバイルオーディオインターフェイス」というただでなく、「物欲をそそるアルミボディのかっこいいやつ」というルックス的にも優れているという印象です。

RMEのマックスさん、シンタックスジャパンの三橋さん、お持ちいただきありがとうございました!

babyface pro 16




BabyFace Pro詳細:BabyFace Pro紹介記事にリンク


Babyface Pro初回入荷分に限り、大人気のUSBケーブル「OYAIDE / d+USB classA rev2 1.0m」をプレゼント!



初回入荷分がなくなり次第終了とさせていただきます。今すぐご予約ください!

RME
Babyface Pro ¥99,800税込




友だち追加

主要DAWを極める!選任スタッフが各主要DAWの最新情報と特徴を徹底チェックしてユーザーをサポートします☆
Pro Tools Pro Tools
Cubase
St-One
live
BITWIG
D.P.
Sonar
FL-st
Logic
Sibelius
Finale