宮地楽器神田店オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
Avid Zone Pro
Premium Line
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382
>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • HD版もNative版も、McDSPの単体プラグインがすべて50%OFF!10月5日(月)まで。
    yan
  • 2016 WINTER NAMM : YAMAHA 新たなフラッグシップMONTAGEはシンセであり「楽器」
    ハマ
  • 2016 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ澤田編
    ハル
  • 【応募受付終了】KOMPLETEシリーズのセミナー"TAKE KONTROL"が2015年1月11日に開催決定!
    中西亮詞
  • ライバルに差をつけるプロのミックステクニックを伝授!Mixテクニックセミナー開催!
    松重行正    
  • <更新>Pro Tools 11/HD11で動作保証されるAppleコンピューター
    セバスチャン
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/澤田
    SatoruOhtani
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/小松
    SatoruOhtani

profile

書いた記事数:2090 最後に更新した日:2017/03/25

私の気になる一品!Hafler/HA75

この記事は2015.07.17 Fridayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)
 ha75

私の気になる一品!Hafler/HA75
様々なヘッドホンアンプが出ている中で、日本での発売は未定ですが、少し気になる製品を見つけましたのでご紹介します。
Hafler HA75という真空管内蔵のヘッドホンアンプです。パッと見外観的には昨今出ているヘッドフォンアンプとさして変わりません。

ha75_3

画像を見て頂いても分かる通り、左から電源、入力ソースのセレクト、真空管に信号を送るFeedback、音場を調整するFOCUS、VOX EQスイッチ、ヘッドホン出力です。

気になるのはFocus機能!自宅でスピーカーで聴いた時のように(スピーカーの位置などを調整)シミュレーションを行う機能ですが、真空管付きでこの機能を活用すると、要はふっくらとした音質のままFocus設定で音場を広げる事になります。そうすると大体音像が崩れてしまいがちですが、はたしてどうなのでしょうか(笑)メーカー的には崩れないと謳っておりますが、非常に気になるところではあります!

ha75_2

リアパネルですが、入力端子はXLRバランス入力1chと、RCAピン入力がAとBの2ch分の入力となっていますが、デジタル系の入力がありません。必要ないと言われればそれまでですが、せっかくだから真空管を通した質感をじっくり細部まで聴きたいものです。
付いていない理由としては、メーカー曰く「オーディオマニアと呼ばれる方々はすでに良いDAをお持ちだろうからそんなものは除外しました!」だそうです!!非常に斬新な理由ですね(笑)
THRU端子は付いているので、DAWソフトにHA75の質感を入れるなんてオシャレな事が出来ちゃいます!!

また、フロントパネルにVOX EQスイッチがあります。これは簡単に言えば低音ブーストのスイッチで、ミキシングなどをする時はあまり必要のないように感じますが、Gainレベルが低い状態で音を聴くと、Lowの厚みが足りなくなる事があります。これをカバーするための機能のようです。家電量販店などで低音強調のイヤホンがかなり流通している日本では割と好まれるかもしれません!(笑)

各インプットの音質ですが、驚くべき事にRCAインプットの方がこの製品は音の分離感がはっきりしているそうです!なぜそうなのか、肝心なところがメーカーでも説明されておらず(すごいモヤモヤ感です・・・)、聴いてみないと正直不明ですが、個人的な予想としては真空管の相性かと思います。意外にも件のVOX EQスイッチを入れれば化けるかもしれません(笑)
価格は1000ドル(およそ12〜13万)と高めですが、日本に入った暁には是非とも試聴してみたいですね〜!!

担当:山下