宮地楽器神田店オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
Avid Zone Pro
Premium Line
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382
>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • HD版もNative版も、McDSPの単体プラグインがすべて50%OFF!10月5日(月)まで。
    yan
  • 2016 WINTER NAMM : YAMAHA 新たなフラッグシップMONTAGEはシンセであり「楽器」
    ハマ
  • 2016 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ澤田編
    ハル
  • 【応募受付終了】KOMPLETEシリーズのセミナー"TAKE KONTROL"が2015年1月11日に開催決定!
    中西亮詞
  • ライバルに差をつけるプロのミックステクニックを伝授!Mixテクニックセミナー開催!
    松重行正    
  • <更新>Pro Tools 11/HD11で動作保証されるAppleコンピューター
    セバスチャン
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/澤田
    SatoruOhtani
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/小松
    SatoruOhtani

profile

書いた記事数:2290 最後に更新した日:2017/07/21

モニタースピーカーの周波数特性を測定してみた!

この記事は2015.08.21 Fridayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)
sp 6

作曲、ミックスするうえで欠かせないのが、モニタースピーカーを含んだモニターの環境。
この環境がよろしくないと、楽曲の完成度が変わってきますので、モニター選び、セッティングはかなりシビアです。

そのため、当店でもモニタースピーカーコーナーをご用意しており、最新の機種、おすすめの機種を展示しています。

今回は、当店でおすすめのモニタースピーカーを中心に、同じ試聴環境でモニタースピーカーの周波数特性を測定してみました!

sp 1

 
sp 7

以下の環境で、スピーカーをスタンドに設置し、1ペアずつ測定しました。

測定で使用した部屋:
宮地楽器神田店2Fライブホール「Zippal Hall」

測定に使用したシステム一覧:
モニタースピーカーのスタンド(高さ90cm)
マイク(DPA4090)
RME Fireface UCX
Mackie Mix5
Apple MacBook Pro
音響測定/分析ソフトウェア:Rational acoustics Smaart V7.3
http://www.otk.co.jp/pickup/rational_smaart.html

sp 8


sp 4

測定には、コンバーターとして信頼のRME Fireface UCXを使用!

sp 3

測定に使用したマイク、DPAの4090は、PAスピーカーの測定・調整の現場でよく使われる無指向性のマイクです。当然、周波数特性、位相特性ともに優れていますが、DPAマイクの中ではリーズナブルでコスパの高いマイクです。

ステレオで、ドラムのアンビエンスやグランドピアノに最適です。あとはアコギにも是非試して頂きたい1本ですね(デモ機のご用意ができますので、お気軽にお申し付けください)。



sp 9

※ニアフィールドモニターに限定し、ウーハーユニットが5インチのものを中心に集めました


Dynaudio/BM5A MK III
EVE AUDIO/SC205
Focal Professional/CMS50
JBL/LSR305
Genelec/8330APM
KS Digital/C5-Coax
Monkey Banana/Turbo 5 RED
musikelectronic geithain/RL906
NEUMANN/KH120A
Pelonis Sound/Model42 MK2
Presonus/Eris E5
Presonus/Sceptre S6
YAMAHA/HS5

sp 5

sp 10



sp 2

各スピーカーの測定データは、以下をご参照ください。
※周波数特性のグラフをクリックすると、拡大表示します

また、各スピーカーの測定値と、サウンドに関する印象を以下まとめます。

■Dynaudio/BM5A MK III
測定した機種の中で、唯一63Hz以下の低域がはっきりとでており(測定データをご参照ください)、実際に試聴しても、かなりドンシャリな音質。音量が出せる環境であればレンジの広さが実感出来る機種です。

sp 23

lindel_front.jpg

■EVE AUDIO/SC205
独自のDSP回路を搭載しており、メリハリがハッキリとしているのが特徴です。フィルターをかけないデフォルトの音質はグラフを見ても分かる通り、8k以降伸びており、ハイファイよりのドンシャリといった感じです。最近流行のEDM等、エレクトロな感じのジャンルに適しています。

sp 24
lindel_front.jpg

■Focal Professional/CMS50
Midが特徴的な機種で、ボーカル(特に女性)等の声の粒立ちがハッキリとしている。空間が見やすいのも特徴なので、オケ編集で威力を発揮します。

sp 25

lindel_front.jpg

■JBL/LSR305
リーズナブルな価格で販売されておりますが、比較した製品の中では波形の特徴も非常に安定的です。スイートスポットは広めで、多少Midが強めですが、全体的にバランスの良い音質なので、初めて導入される方でも失敗しない機種でしょう。

sp 26

lindel_front.jpg

■Genelec/8330APM
業界老舗ブランド「GENELEC」の新機種で、コンピューターに接続して専用アプリでDSP処理を施していくのが魅力です。
今回は実は計測した後で気が付いてしまったのですが、店頭でDSP処理を施した状態の8330を、別の空間(ホール)で使用してしまいました。
本来は、ホールでDSP処理(計測、そしてモニターへの DSP書き込み)したのちに、この計測をすべきでした。
…とはいえ、1.5kあたりからブレが少なく安定した値を計測できました。実際試聴してみても、highのぐらつき等は感じられないので、高い精度でDSP処理されていると言える機種です。ちなみに、コンピューターを接続をすることで、このDSP処理をバイパスしたり、逆にマニュアル操作することもできます。

sp 27

lindel_front.jpg

■KS Digital/C5-Coax
同軸モニターの定番となってきた機種です。今回測定した結果では11kあたりがかなり落ちています(周波数特性の一つ上の段が、データの信用度を表す数値なのですが、この11kのあたりはだいぶ信頼性にかけるデータのようです。この信頼性を高めるために、モニターの向きやマイクの位置を相当追い込んだのですが、これ以上は高めることができませんでした。。)
しかし、実際に試聴してみた感じではそんなに気になるという訳でもありません。同軸ならではの高い解像度とレンジの広さがあるので、ミックスにおいて持っておいて損は無いでしょう。

sp 28
lindel_front.jpg

■Monkey Banana/Turbo 5 RED
シャリが強めの機種で、最近の音楽に適しているといえます。比較した機種の中では、ドラムなどのハイハット系の抜けが一番目立っており、アップテンポな曲でも音は崩れません。

sp 29

lindel_front.jpg

■musikelectronic geithain/RL906
同軸モニターの最高峰といえるmusik社のスピーカーですが、グラフでもみて分かる通り、バランス良く鳴っています。実際に試聴したところ、スイートスポットは狭めですが、各音の粒立ち等は比較スピーカー中ダントツです。私もとてもほしくなってしまいました(笑

sp 30

lindel_front.jpg

■NEUMANN/KH120A
全体的に音は固めで、Lowに関してはバスドラ等の輪郭がハッキリしています。逆にHighは安定しておりフラットに近い印象です(測定データの通り、フラットですよね)。ドラムを強調したミックス等に威力を発揮する機種です。

sp 30

lindel_front.jpg

■Pelonis Sound/Model42 MK2
サブウーファーの「Model 42 LF」無しのため、Lowはあまり持ち上がっていませんが、音の印象はThe Flatといった感じで、エフェクト等をどのくらいかけたのか、はたまたボーカル・各楽器の音の輪郭がはっきりしており、非常にクセが無いのが特徴です。

sp 31

lindel_front.jpg

■Presonus/Eris E5
Highが強調された印象の機種で、音量が小さくても音が崩れにくいので自宅でのミキシングに最適です。LowとMidに関してはPresonusならではの丸みがある音質ですので、耳につくような事は少ないでしょう。

sp 32

lindel_front.jpg

■Presonus/Sceptre S6
同軸という事もあり、同社のEris E5に比べてやはり解像度は高いです。音の印象は僅かに低域のブレはあるものの、測定データと同じくメリハリのあるドンシャリ系で、アップテンポな曲であればジャンル問わずミックスしやすい機種です。

sp 33

lindel_front.jpg

■YAMAHA/HS5
YAMAHAならではのMid、主にボーカルを強調した音が特徴です(データをご覧ください。1kに大きなピークがあります)。ビギナーズ向けのモニタースピーカーとしては高い安定性を誇っており、男女問わず発音がきっちりと聴き取れるため、どこにコンプ等をかければ良いか分かりやすい機種です。

sp 34
lindel_front.jpg


sp 12

以上より、モニタースピーカーの特性をご覧いただけかと思います。
ここからは、当店おすすめのモニター環境をパワーアップさせる周辺機器をご案内します。


→モニターセレクター

※複数あるモニタースピーカーで、鳴らすモデルを選んだり、再生させる入力ソースを選んだり、モニター環境の核となります。


CRANE SONG Avocet
¥378,000



sp 14



Dangerous Music Monitor ST
¥280,800



sp 15




スピーカースタンド

※スピーカーを任意の場所に設置できるスピーカースタンド。デスクに直接設置するのは避けたいですね。



REQST RKST-90(ペア)
¥63,610



sp 16




IsoAcoustics ISO-L8R130(ペア)
¥9,990



sp 17



吸音材

※壁や天井などに設定できる吸音材。吸音することで、部屋の鳴りを整えましょう。



MKR 吸音OTOKUISAMA 1枚
¥1,980



sp 19



吸音、拡散

※吸音だけでなく、拡散も行うことで、自然な鳴りをコントロールすることができます。



YAMAHA ACP-2
¥43,740



sp 18



sp 13

以下、今回測定したスピーカーとそれぞれのお値段、ショッピングページをご案内します。
※いずれも2台ペアの価格です


Dynaudio BM5A MK III
¥172,800



   

EVE AUDIO SC205
¥99,900



   

Focal Professional CMS50
¥139,600

   


JBL LSR305

39,800
   


Genelec 8330APM
¥324,000

   


KS Digital C5-Coax

226,290
   


Monkey Banana Turbo 5 RED

108,000
   


musikelectronic geithain RL906

534,600
   


NEUMANN KH120A

159,430
   


Presonus Eris E5

38,440

   


Presonus Sceptre S6

172,360
   


YAMAHA HS5

30,650
   





最後に、宮地楽器神田店のモニタースピーカー試聴コーナーをご案内します!

sp 20

数多くのモニタースピーカーを揃えています。
上記のモニターセレクターやスタンド、吸音材などのアクセサリも展示/販売中です。

※常時設置のモニタースピーカーと、メーカー/代理店から期間限定で借りているものもございますので、お試しにになりたいスピーカーがございましたら、事前に当店までお問い合わせください。

sp 21

こちらが試聴システムです。
コンピューターはMacBook Proで、この中にいろいろなジャンルの楽曲を保存しています。
また、AD/DAコンバーターはAntelope Orion32です。
画像でいうところの、Macの手前にあるスイッチャーを使って、試聴したいモニターを選びます(同時に8セットまでのモニターを比較できます)。

試聴する楽曲は、MacBook Proに保存している楽曲でも大丈夫ですし、CDやUSBメモリなどのお持ち込みにも対応します。
※iPhoneなどのモバイルプレイヤーからの再生もOKです

モニタースピーカーのご試聴についてご不明な点がございましたら、下記までお問い合わせください。

〒101-0052 東京都千代田区神田小川町1-4
宮地楽器神田店 1F
Tel 03-3255-2755
http://miyaji.co.jp/recgear/


主要DAWを極める!選任スタッフが各主要DAWの最新情報と特徴を徹底チェックしてユーザーをサポートします☆
Pro Tools Pro Tools
Cubase
St-One
live
BITWIG
D.P.
Sonar
FL-st
Logic
Sibelius
Finale