宮地楽器神田店オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
Avid Zone Pro
Premium Line
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382
>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • HD版もNative版も、McDSPの単体プラグインがすべて50%OFF!10月5日(月)まで。
    yan
  • 2016 WINTER NAMM : YAMAHA 新たなフラッグシップMONTAGEはシンセであり「楽器」
    ハマ
  • 2016 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ澤田編
    ハル
  • 【応募受付終了】KOMPLETEシリーズのセミナー"TAKE KONTROL"が2015年1月11日に開催決定!
    中西亮詞
  • ライバルに差をつけるプロのミックステクニックを伝授!Mixテクニックセミナー開催!
    松重行正    
  • <更新>Pro Tools 11/HD11で動作保証されるAppleコンピューター
    セバスチャン
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/澤田
    SatoruOhtani
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/小松
    SatoruOhtani

profile

書いた記事数:2194 最後に更新した日:2017/05/22

話題の製品を実際に使ってみたらこうだった!「Aurora Audio / STINGER」

この記事は2015.10.22 Thursdayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)


神田店レコーディングスタッフが、実際にしっかりと使ってみて話題の製品の実力を実体験レビューする本シリーズ!
今回はAurora Audio STINGERを実際に試してみました。
現代のNeve系プリアンプを語る上で絶対に外せない位置にあるGTQ2、その1ch版という事で注目を集める本機種。
さっそく、どのような製品なのか見て行きましょう。

STINGERとGTQ2のマイクプリ比較



恐らく多くの方が最初に疑問に思うのは、「GTQ2と音は一緒なのか?」という点かと思います。
同じようなフレーズが2回流れたこちらの音源は、実は前半部分がStinger、後半部分がGTQ2で、マイク2本を立てて同時収録したものです。

マイク:Lewitt LCT340
I/O:Fireface UFX
マイクプリアンプ:Aurora Audio SRINGER&GTQ2




"GTQ2と同じ構成のクラスAディスクリート・プリアンプ"というのは公文通り、肉薄したサウンドですね。

3バンドEQも同ポイント(Bass:+/-15dB 80Hz, Treble:+/-15dB 12kHz, Mid:+/-18dB 400Hz-1.6kHz-3.2kHz可変)に設定されており、GTQ2の1ch版としては何も悩む事なく使用することが可能です


唯一異なっているのが、こちらの100mmフェーダー。
GTQ2は1Uサイズに納める為にアウトプットゲインがツマミとなっており、よりシビアにレベルを合わせる事が可能になりました。



19インチラックという制限がなくなり、筐体が大きくなった分使い易さが増していますね。
真横に位置するLEDも視認性が非常に良く、録りながらとても重宝しました。


新規搭載されたInstruments DI Controls
続いては、このSTINGERから新たに搭載されたInstruments DI Controlsについて。
マイク入力と前面のGT D.I(これはGTQ2のDI入力と同等のものです)は背面上部のOUTPUTから出力され、Inst INに入力された音は背面下部のOUTPUTから出力されます。
つまり、Instruments DI Controlsはマイクプリ部と完全に回路が分かれているという事です。
※MIC INにマイクを入力しつつ、Inst INにギターを入力する疑似2ch仕様でも使用出来ます

サウンドサンプルとして、ギターを録ってみました。
1番最初がGT D.I、2番目がInst IN、3番目がInst INのDRIVEを少しずつ上げて行った音源です。
※3番目のみ、音量注意です!あえて未編集です。



使用ギター:James Tyler Variax
I/O:Fireface UFX


アンプシミュレーター等何も通さずに収録していますが、まずはそもそものD.I自体の音が全く異なる事が分かります。GTQ2と同等のGT D.Iはカラっとしたサウンドで、新規搭載のInst INは少しレトロな感触を覚えます。

そしてOVER DRIVEはその名前の通り、入力されたソースに歪み感を与えるツマミです。
お聴き頂いた通り、かなりガッツリとした歪み感を得ることが出来ます

ツ マミがゼロの段階からMAXまでじわじわと上げて行ったのですが、そもそもゼロの時点でだいぶ歪んでいますね!これは恐らく当時のNeveコンソールに 突っ込み気味に入力した時の歪み感を再現しているものかと思いますが、エフェクター的な歪みとも違い、デジタルクリップとも違い、何とも独特なアナログ オーバードライブの音色です。

どう使うかはユーザー次第ですが、普通にギターを録音しても良いですし、例えばボーカルやキックなどmono素材をラインで入れて「卓に突っ込んだ感じ」を出しても面白いかも知れません。

「あのGTQ2と同クオリティのマイクプリアンプ」「新規搭載されたエフェクティブなD.I Control」

この2つのうたい文句だけでも、この機種の魅力が十二分に伝えられるのではないでしょうか。

今現在も大変評価の高いGTQ2のサウンドが手頃な価格で手に入るSTINGER。
お求めは以下ショッピングサイトからどうぞ!


Aurora Audio STINGER ¥248,400


■メーカーサイト
http://www.miyaji.co.jp/MID/product/aurora_audio/stinger.php


主要DAWを極める!選任スタッフが各主要DAWの最新情報と特徴を徹底チェックしてユーザーをサポートします☆
Pro Tools Pro Tools
Cubase
St-One
live
BITWIG
D.P.
Sonar
FL-st
Logic
Sibelius
Finale