オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
  • M80
  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセス・店舗情報

営業時間
11:30〜19:30

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-3332
FAX:03-3255-0382

 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • HD版もNative版も、McDSPの単体プラグインがすべて50%OFF!10月5日(月)まで。
    yan
  • 2016 WINTER NAMM : YAMAHA 新たなフラッグシップMONTAGEはシンセであり「楽器」
    ハマ
  • 2016 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ澤田編
    ハル
  • 【応募受付終了】KOMPLETEシリーズのセミナー"TAKE KONTROL"が2015年1月11日に開催決定!
    中西亮詞
  • ライバルに差をつけるプロのミックステクニックを伝授!Mixテクニックセミナー開催!
    松重行正    
  • <更新>Pro Tools 11/HD11で動作保証されるAppleコンピューター
    セバスチャン
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/澤田
    SatoruOhtani
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/小松
    SatoruOhtani

profile

書いた記事数:3096 最後に更新した日:2019/07/17
この記事は2015.11.03 Tuesdayに書かれたものです。
k240se_banner
k240se_topic
AKGの定番ヘッドホンK240/K271シリーズに高品質イヤーパッド登場!
Sony MDR-CD900ST、Sennheiser HD25対応のイヤーパッドで好評のYAXIから、待望の新シリーズがリリースとなりました!
yaxi_k240_feature
for K240/271special editionは音の位置を正確に捉えるためにドライバから耳までの距離と方向を固定します。安定的なモニタリング、音を聞く環境に集中するために設計されています。

1.パッド内径を楕円形に。
パッド内径は楕円形(65x50mm,厚さ20mm)にくり抜くことで、装着時に一定のポジションを保ちやすくし、耳を覆い隠すことで密閉性を高めました。

2.パッドを左右に動かし、装着具合を調整。

パッドを左右に動かし、耳の位置に合わせて装着具合を調整することでより快適なリスニングポイントを見つけることができます。

3.耳の後下部にある音が抜ける隙間を埋める。
耳の後下部にある音が抜ける隙間を埋める事で、従来のイヤーパッドでは抜ける印象があった低域の音漏れを改善。

4.パッドの内部のウレタン+プラスチック版の二重構造。
パッドの内部のウレタン+プラスチック版の二重構造にすることで、より快適な低音を演出します。

5.パッド素材はYAXI定番レザー。

パッド素材はYAXI定番レザーで、消耗に強くお手入れが簡単。やわらかい装着感は継続したモニタリング作業に最適。

k240se_tameshitemita

yaxi_k240_dif2

店頭のK240 MKIIをYAXIのパッドに変更し、純正のK240 MKIIとヘッドホンの掛け替えをことで比較してみました!

純正のK240 MKIIを聞いた後に、K240 MKII(YAXI)を聞くと、低域の重心が下がり、タイトに鳴ってくれます。また空間も広がり、セミオープン型のヘッドフォンのよい部分をより引き出してくれます。付け心地も変わり、耳にイヤーパッドにのる感覚が変わります!

K240+YAXI、いいぞ、、、。

では、この変化の違いを考察していきましょう。
パッドの形状を見て行きます。
左側がYAXIのパッド。右側が純正のパッドです。YAXIパッドは楕円系になっていて、純正パッドは丸型になっています。比較すると改めて形状の違いが如実にわかります。
この形の差が装着の安定度を生み出していると思います。純正パッドをつけるとどこの位置で耳におさめればいいのか悩みます。耳のパッド全体がのるようにすると、耳の後ろ部分から音逃げする空間が生まれますし、音逃げしないようにとつけると今度は若干後ろ目のリスニングポジションになってしまいます。YAXIのパッドは楕円形状がうまく耳の形に合うようにできており、装着ポイントが非常に安定しました。
パッドが柔らかいことも付け心地のよい部分を生みだしていると思いますが、形の違いでここまで違うとはびっくりします。
yaxi_k240_dif1

イヤーパッドの内側の部分です。
純正パッドは丸みを帯びていますが、YAXIのパッドはマチがあり、楕円状のパッド内部で空間が作られるようになっています。
HD25 TYPE Bシリーズ同様に、この構造がタイトな低域を作り出している一つの要因でしょう。そして、独特な空気感、音場を生み出しているのでしょう。

yaxi_k240_dif3
k240se_side

さらにパッドの裏側を触っていただくとわかりますが、プラスチック板が入れてあります。これも低域をタイトにする工夫なのです。

気になるお値段ですが、税込で5370円。
ちょっと高いなぁとも思うのですが、効果を考えれば交換する価値はあるなぁと思います。

今までK240/271の出番が少なく部屋の片隅に追いやっていた方、使い込んでパッドが傷み買い替えを検討している方、新規でK240/271シリーズを買おうと思っている方など、ぜひこのYAXIパッドの実力を試してみてください!

YAXIのサイトでは当店のDAW講座でもおなじみの江夏正晃さんがこのイヤーパッドのレビューを行っております。ぜひそちらもご覧ください!
http://www.yaxi.jp/product-gallery/for-k240-k271-special-edition/


YAXI for K240/K271 SPECIAL EDITION 税込¥5,370


お問い合わせフォーム







  • M80
  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10