宮地楽器神田店オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
Avid Zone Pro
Premium Line
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382
>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • HD版もNative版も、McDSPの単体プラグインがすべて50%OFF!10月5日(月)まで。
    yan
  • 2016 WINTER NAMM : YAMAHA 新たなフラッグシップMONTAGEはシンセであり「楽器」
    ハマ
  • 2016 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ澤田編
    ハル
  • 【応募受付終了】KOMPLETEシリーズのセミナー"TAKE KONTROL"が2015年1月11日に開催決定!
    中西亮詞
  • ライバルに差をつけるプロのミックステクニックを伝授!Mixテクニックセミナー開催!
    松重行正    
  • <更新>Pro Tools 11/HD11で動作保証されるAppleコンピューター
    セバスチャン
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/澤田
    SatoruOhtani
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/小松
    SatoruOhtani

profile

書いた記事数:2147 最後に更新した日:2017/04/22

話題の製品を実際に使ってみたらこうだった!「電源タップ対決」

この記事は2015.11.04 Wednesdayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)
 試してみた!電源タップ対決


神田店レコーディングスタッフが、実際にしっかりと使ってみて話題の製品の実力を実体験レビューする本シリーズ!今回のテーマは「電源タップ対決です!

パソコンやスピーカーやI/O、そしてアウトボードなどなど私たちが扱う機材はそのほとんどが動作に「電源」を必要としています。
しかし、電気なら何でもいいかというと実はそうではありません。
機材のポテンシャルを100%発揮させるためには「質の良い電源」が必要不可欠!!

「いやいや、電源なんかで音変わんないっしょ(笑)」って方もいらっしゃるかとは思いますが、百聞は一見にしかず!ってことでよかったら聴いてみてくださいね!


ラインナップ
今回比較実験に使用した電源タップは以下の通りです!

dotto_pkNo Brand

dotto_pkFURMAN/SS-6B

dotto_pkSound Sprite/SSM-R

dotto_pkSound Sprite/SSM-G

dotto_pkFOOLS GOLD/D-6X

dotto_pkFOOLS GOLD/D-6XH



実験環境
dotto_pkDAWソフト:Cubase Pro8
dotto_pkオーディオI/O:
RME/Fireface UFX
dotto_pkアウトボード:Manley/Stereo Variable Mu Limiter Compressor
dotto_pk電源ケーブル(タップ to アウトボード):汎用品の3芯ケーブル

☆ルーティングは以下の通りです。
Cubase Pro8→Fireface UFX→Variable Mu Limiter Compressor→Fireface UFX→Cubase Pro8
(注:Cubase Pro8の外部FX機能を使用)

※Stereo Variable Mu Limiter Compressorは通しただけで、コンプレッションはほぼほぼかからないようなセッティングにしています。

※全て壁コンセントから直で引っ張っています。間には何もかませていません。

※アウトボードの設定なども一切変えず、タップのみを変更しています。

※サウンドクラウドにアップロードすることで、圧縮されてしまっています。
素の音が聴きたい方は是非店頭までお越し下さい!


それでは実際に聴き比べてみましょう!
早速聴き比べを行っていきましょう。
今回の聴き比べですが、ボーっと聴いてもおそらくなんとなくしか違いがわからないと思います。(特に今回はサウンドクラウドにアップすることで圧縮されてしまっている、というのもあります)
そこで、違いのわかりやすい聞き所をお教えします!

・ハイハットの質感、存在感、
・キックのアタック部分、ローエンドの量感
・バッキングギターのミッドの量感
・全体のステレオイメージの広さ


以上の様なところに注意して聴くと、それぞれの違いがわかりやすいかもしれません!

それではお楽しみください!

No Brand
No brand




その辺に転がっていた適当なタップです。おそらく1000円もしていないのではないでしょうか。
サウンドの傾向は全体的に雑味が強く、音が散ってしまっているような印象です。
特に金物の音がバシャバシャいってしまっていますね。

逆にバッキングギターの""パワー感""みたいなのは一番でているかも・・・!?
デモ曲のジャンル的なところでハマっている部分もあるかもしれませんが、
ディストーションギターを録るのは案外こういうタップのほうがいいのかもしれませんね。
ある種の汚さが逆にロックだったりもしますから!



FURMAN/SS-6B
SS-6B




非常に安価で手に入ることからバンドマンや宅録ミュージシャンの間で定番商品となっているこの「SS-6B」。
ノイズフィルターが搭載されていることも有名ですよね!

気になるサウンドはというと、なんだかこじんまりとしたサウンドになってしまっています。
演奏している部屋が狭く、天井も低いような印象を受けました。
良く言えばまとまったサウンドなのかもしれませんが、その分ダイナミクスが犠牲になってしまっていると感じます。

雷サージ回路などがついていることもあり、PCやストレージなどに使用するべき製品なのかもしれません。



SOUND SPRITE/SSM-R
SSM-R




最近当店でも取扱を開始したSOUND SPRITE。
内部にセラミックを内蔵した完全パッシブ型の電源タップです。

サウンド傾向は、全体的にパワー感が強くエネルギッシュな質感ですね!
特にミッドレンジの押し出しが強くギタリストが好きそうなタップです。

同じくパワー感が強い傾向のあった「No Brand」のものと比べると格段に音の歪み感が減っており、S/Nの向上を感じます。
また、No Brandの物では音が散ってしまいがちでしたがしっかり音に芯を感じます。

価格も手頃ですし、最初に手を出す「ちょっと良い電源」にピッタリではないでしょうか?



SOUND SPRITE/SSM-G
SSM-G




先程紹介したSSM-Rのケーブル部分をACROLINK製の純度99.99999%(7N)ケーブルに変更したモデルです。
ACROLINKといえば、オーディオ界隈におけるハイエンド・ケーブルメーカーとして有名ですよね!

SSM-Rとサウンド傾向は似ていますが、よりタイトかつ音のスピードが早く高解像度な印象です。
特にキックのアタック部分に注意すると、この製品の出音のスピードが感じられると思います。
これまで紹介したタップでは埋もれていた部分がしっかりと抜けてきます。

今回はアウトボードでの実験でしたが、スピーカーなどモニター環境のアップグレードに最適な電源タップだと感じました!



FOOLS GOLD/D-6X
D-6X




Mr.Childrenやコブクロ、サカナクション、Janne Da Arcなどなど超大御所アーティストたちがこぞって導入し、ツアー等で使用しているFOOLS GOLDの電源タップ。
こちらも最近当店で取扱を開始したブランドの1つです。

こちらのタップ、好みの差はあれどはっきりいって今回試した中で最強でした!
レンジの広さ、音のスピード感、音の分離感、ローエンドの質感などなど他のタップを大きく上回っていると感じました。
少し派手目のサウンド傾向ではありますので、ドフラットな傾向が好きな人はSOUND SPRITEの方が好きかもしれません。

専用電源ケーブルが別売りということもあって少し割高ではありますが、
D-6Xは間違いなく自宅の電源環境を改善してくれることでしょう!



FOOLS GOLD/D-6XH
D-6X




D-6Xを基に、インレットプラグをホスピタルグレードに変更したモデル。

サウンドはD-6Xとほとんど一緒ですが、よく聴くとこちらの方が大人しめでまとまった音という印象を受けました。
D-6Xでは派手すぎる、と感じた方はこちらがオススメです。

注意事項としては、こちらは完全受注生産となっております。
お求めの方は宮地楽器までお問い合わせください!


おわりに
いかがでしたでしょうか。楽しんでいただけましたでしょうか?
サウンドクラウドの圧縮された状態ですのでわかりづらかったかもしれませんが、
うっすらと違いを感じ取っていただけたかと思います。(笑)
いやーしかし、こんなニッチな比較実験を行う機会は中々ないので、個人的にも非常に良い経験になりました!

確かに電源での音の変化は微差といえば微差。
しかし、その微差の積み重ねが出音に間違いなくあらわれてきます。
出音のクオリティアップを考えていらっしゃるクリエイター/エンジニアの皆様、まずは電源環境から変えてみてはいかがでしょうか?

非圧縮で聴いてみたい!という方や、実際にタップを使い比べてみたい!という方は是非宮地楽器店等までお越し下さいね!
お待ちしております!!


担当:遠藤/神山
文:遠藤

デモソング
楽曲:遠藤/神山
ギター:遠藤
キーボード:神山
ミックス;澤田



FURMAN SS-6B ¥7,020 (税込)



SOUND SPRITE
 SSM-R ¥30,240 (税込)
SOUND SPRITE SSM-G ¥41,040 (税込)


FOOLS GOLD D-6X ¥32,400 (税込)
FOOLS GOLD GPC-1 2m(専用電源ケーブル) ¥13,500 (税込)


主要DAWを極める!選任スタッフが各主要DAWの最新情報と特徴を徹底チェックしてユーザーをサポートします☆
Pro Tools Pro Tools
Cubase
St-One
live
BITWIG
D.P.
Sonar
FL-st
Logic
Sibelius
Finale