宮地楽器神田店オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
Avid Zone Pro
Premium Line
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382
>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • HD版もNative版も、McDSPの単体プラグインがすべて50%OFF!10月5日(月)まで。
    yan
  • 2016 WINTER NAMM : YAMAHA 新たなフラッグシップMONTAGEはシンセであり「楽器」
    ハマ
  • 2016 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ澤田編
    ハル
  • 【応募受付終了】KOMPLETEシリーズのセミナー"TAKE KONTROL"が2015年1月11日に開催決定!
    中西亮詞
  • ライバルに差をつけるプロのミックステクニックを伝授!Mixテクニックセミナー開催!
    松重行正    
  • <更新>Pro Tools 11/HD11で動作保証されるAppleコンピューター
    セバスチャン
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/澤田
    SatoruOhtani
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/小松
    SatoruOhtani

profile

書いた記事数:2248 最後に更新した日:2017/06/24

KORG / minilogue 研修会にて触ってきました!

この記事は2016.01.26 Tuesdayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)
minilogue

「KORG/minilogue」研修会に参加してきました!
1/26(木) KORGさんの本社スタジオにて、注目を集めている新製品「minilogue」の研修会が行われました。
当店からは私 登井が参加し、がっつり!製品の使い方を教えて頂きました!

最初に申し上げておきます。minilogue、期待通りです。めちゃくちゃ良い。
まず音は、非常に厚くて太いです。反対に、繊細な音作りももちろん可能です。
そして機能面では、ユニークで便利な機能が満載。
実際に触ってみた感想は、「シンプルだけど無限大」!操作性も、音も、全てにおいてそう感じました。

さて、それでは!研修会の様子と製品について、がっつりレビューして参ります!!
KORGより待望の本格アナログシンセ!「minilogue」
「KORGから本格的なアナログシンセが出る」ということで注目を集めていた本製品、minilogue(ミニローグ)。
4ポリ、ボイスモード8種類、プリセット100+ユーザープリセット100=計200個の音色を呼び出し可能…などなど、自由度が非常に高いことが特徴です。

また本製品は、「旧製品の復刻版」「焼き直し」ではなく、一から新たに開発されたものとのこと!
満を持しての登場ということで、ファンからの期待度はかなりのものでしょう。



実際に触ってきました!
それでは、実際に触ってみたminilogueのレビューをしてまいります!
KORG minilogue

外観
本製品の見た目のコンセプトは「懐かしいヴィンテージ」
フロントはアルミ製、リアは木製となっています。モダンで非常にお洒落ですね。

KORG minilogueKORG minilogue

サイズ
サイズは以下の写真のような感じです。
左下の資料はA4サイズ、minilogueの左にあるのは KORG/Volca Sampleです。

KORG minilogueKORG minilogue

個人的には、思ったより大きかったという印象。でも、充分にデスクトップサイズでした!
重量も2.8kgと非常に軽く持ち運び易いため、ライブなどでの使用にも最適です。

鍵盤
鍵盤数は37(3オクターブ)。スリム鍵盤(フルサイズより幅が狭めで、ミニ鍵より奥行きは長め)となっております。
おなじみのショルキー「RK-100S」、シンセ「ARPODYSSEY」等と同じ鍵盤とのことでした。

鍵盤はベロシティ対応。タッチのスカスカ感は無く、沈み幅もしっかりと取られています。
しかもなんとベロシティの感度を切り替えるスイッチがついています。マックスにした場合の効きは◎!

KORG minilogueKORG minilogue

ノブ・スライダー
単純に、大きくて操作しやすいです!(いつもRoland/Boutiqueで遊んでいるからそう感じるだけでしょうか(笑))
指が当たってツルっと回ってしまうようなことは無いので、ライブなどでも安心ですね。

強いて言うなら、PitchやEG INTなど、真ん中でピタっと止まって欲しいノブがピタっと止まらないのが難点…かも?
割と重めですし大きいので、慣れればおそらく問題ないものかと思われます。

スライダーには、ベンドを始めとする各種パラメータをアサインできます。
角度が微妙にナナメになっている細やかな気遣いが流石ですね。操作感はまずまず!

KORG minilogueKORG minilogue

機能について
それでは、いよいよminilogueの機能について見てゆきましょう!
全て書いているとキリが無いボリューム。私個人が特に気になった機能のみをピックアップして参ります。

プリセット
先述した通り、minilogueには100個ものプリセットが初期搭載されています。
それに加え、自作のプリセットを100個記録することが可能。全200個のプログラムが使用できます。
例えば 001の音を少し加工して101にセーブ、なんてことももちろんOK。名前の変更もできます!

そして、プログラムを8個まで「フェイバリット・プログラム」に登録できるため、よく使う音色をボタンひとつで読み出すことが可能となります。

↓KORGメーカーサイトより、プリセットサウンドデモ


オシロスコープ
また、ディスプレイはなんとオシロスコープが表示されるんです!
今鳴っている音の波形が表示されるため、視覚からも音色作りをサポートしてくれます。

そしてスゴいのが…minilogueは外部Inputがあるのですが、外部から入力した音声の波形も表示してくれます!
後述のフィルターやディレイなどを使って音を加工する時、非常に便利ですね。

KORG minilogue

ボイス・モード
最大4和音のPOLYモード、1音弾いたらコードが鳴るCHORDモードなど、8つのモードが搭載されています。

そして、 「VOICE MODE DEPTH」というノブを回すと、各モードに則した効果が加わります。
例えば…ArpeggiatorモードにしてVOICE MODE DEPTHを回すと、アルペジエイターのパターンが変わったり、DUOやUNISONモードではDETUNEがかかり分厚いサウンドに変化したり…
このVOICE MODE DEPTH、結構スゴいです。

KORG minilogue

ボイス・モードの中でも、8番目のSIDECHAINモードは必見!例えば、VOICE MODE DEPTHを最大まで回しきった後、右手でコードのロングトーンを押さえつつ、左手でベースを弾いてみると……EDMなどでよく聴くあの効果が!
文字で説明するのは非常に難しいのですが、ベースを弾いた直後、右手のコードの音が小さくなってすぐにクレッシェンドしてくれる…という感じです。
ただのキーボードでは絶対にできないことがカンタンに出来てしまいました。もちろんシーケンサーにも効いてくれますよ!


シーケンサー/モーション・レコーディング
minilogueのシーケンサーは、16ステップ。
シーケンスの書き込み方は、リアルタイムRECとステップRECの2種類です。

リアルタイムRECモードは、ノブ操作を記録できる「モーションREC」の機能も備わっています。
DAWで言うところの「オートメーションを書く」という操作ですね。
モーションRECは最大4種類まで書き込み可能と、自由度が非常に高いです。
しかもCCをMIDIで送受信できるので、DAWとの連携も可能…との噂!

ディレイ
minilogueのディレイで最も嬉しい機能は、何といってもハイパス・フィルター!!
低周波数をカットしてくれるので、フィードバックを多めにしてもウヮンウヮンうるさい…という悩みとはサヨナラです。
例えばOutput RoutingをPre Filterに設定し、Delayの音のみフィルターがかかるようにすると、
原音(アタック)は強く、ディレイの音は控えめに抑えるといった効果を得ることができます。

KORG minilogue

しかもこのハイパス・フィルター、外部入力の音にも効いてくれるようです。
ですので、フィルターとしての利用も可能。ライブパフォーマンスの幅が広がります!

外部機器との同期
当たり前と言っちゃ当たり前なのですが、Sync IN/OUTがついているので外部機器との連携が可能です。
今回の研修では、minilogueをMastar、Volca SampleをSlaveにし、Program31 ”Ugly Ducking”を鳴らすという、至ってシンプルな「試してみた」を行いました。
chを合わせるなどの複雑な操作はなく、繋ぐだけで問題なくSyncしてくれます

KORG minilogue

チューニング
ちょこっと豆知識、開発の方からお伺いしたピッチの話を少しだけ。
minilogue、起動時にオシレーターのチューニングが行われます。
アナログならではのちょっとした待ち時間。何をして待ちましょうか。

KORG minilogue

……なんとブロック崩しができます(笑)
電源ボタンを押したあと、どこかしらのノブを回すとミニゲームモードが始まります。
クリアすると、スペシャルな何かが出現するとのことですよ!!

そして、minilogueは何せアナログなので、本体が温まらないことにはピッチが安定しません。
そこで、起動してからオシレーターを強制チューニングするコマンドも教えてもらいました!Shift+RECです!
しばらく起動して本体を温め、本番前に一度コマンド。これで安心ですね!


機能レビューは以上となります。
肝心のオシレーターやLFO、EG(エンベロープ・ジェネレーター)について触れることができませんでしたが、このあたりはKORGさんの取り扱い説明書に大変分かりやすい説明がございます!
ぜひそちらをご覧ください!

開発者さん・講師さんにインタビュー
今回解説をしてくださったKORG Inc.のお二人に、開発の時のお話を少しだけ伺ってまいりました。

KORG minilogue

Q.minilogueの開発に至ったきっかけを教えてください。

A.ずっと昔から、「本格的なシンセを作りたい」という想いが開発の中でありました。
しかし、いきなりちゃんとしたアナログシンセを作ろうとしても難しいんです。
制作側の理解も培わなくてはならないし、生産技術の面でも非常にコストがかかる。
そのこともあり、すぐに制作には至れませんでした。

そして、KORGの歴代のシンセやガジェット達、
monotoron, monotribe, Volca, MS20, ARPODYSSEY などなど……
これらの制作と開発を経て、制作と生産の技術のスキルを培ってきました。

お手に取って頂きやすい”5万円”という価格のアナログシンセは、これらの流れを経てようやく実現したのです。


Q.では、minilogueはKORGのゴール地点というわけですね。

A.「ひとつのゴール」といったところでしょうか。
ガジェットはガジェットとしてもちろん楽しんで頂きたい製品です。
ただ、本格的な「シンセ」の発売にようやく至ったというところでは、我々のひとつの集大成となっています。



ーーーKORG社全体の想いが詰まった本製品、minilogue。
そして、これを「ゴール」だとは言い切らずまだまだ先を見据えていらっしゃったKORGの皆様。
minilogueにも、KORGの今後の製品にも、本当に本当に期待大ですね!!

minilogue 2016/1/30発売!
minilogue、いよいよ今月末の発売となります!

メーカーサイト→ http://www.korg.com/jp/products/synthesizers/minilogue/index.php

店頭機、設置します!
KORG minilogue

宮地楽器 神田店では、minilogueの店頭展示機を設置しています。
・YAMAHA/refaceシリーズ
・Roland/Boutiqueシリーズ
・KORG/minilogue

以上3種類、全6台を並べて「ミニシンセコーナー」を一挙展開中!
ゆっくり試弾が可能な宮地楽器 神田店、ぜひぜひ遊びにいらしてくださいね。

KORG minilogue


一度触ってみたい!という皆様、ご来店を心よりお待ちしております!

ご予約状況について
※以下、2016/1/27時点での情報となります。

minilogue、大変人気の商品のため、当店でも初回入荷分はご予約で埋まってしまっている状態です。
(他の販売店さんも、どうやら同じ状況のご様子…。)
当店では、只今 次回入荷分のご予約をお受け付けしています。お早めのご注文をオススメいたします!
納期については、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

KORG minilogue

KORG minilogue ¥54,000-(税込) ご予約受付中!


担当:登井(とい)


主要DAWを極める!選任スタッフが各主要DAWの最新情報と特徴を徹底チェックしてユーザーをサポートします☆
Pro Tools Pro Tools
Cubase
St-One
live
BITWIG
D.P.
Sonar
FL-st
Logic
Sibelius
Finale