宮地楽器神田店オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
Avid Zone Pro
Premium Line
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382
>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • HD版もNative版も、McDSPの単体プラグインがすべて50%OFF!10月5日(月)まで。
    yan
  • 2016 WINTER NAMM : YAMAHA 新たなフラッグシップMONTAGEはシンセであり「楽器」
    ハマ
  • 2016 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ澤田編
    ハル
  • 【応募受付終了】KOMPLETEシリーズのセミナー"TAKE KONTROL"が2015年1月11日に開催決定!
    中西亮詞
  • ライバルに差をつけるプロのミックステクニックを伝授!Mixテクニックセミナー開催!
    松重行正    
  • <更新>Pro Tools 11/HD11で動作保証されるAppleコンピューター
    セバスチャン
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/澤田
    SatoruOhtani
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/小松
    SatoruOhtani

profile

書いた記事数:2321 最後に更新した日:2017/08/15

話題の製品を実際に試してみたらこうだった!EVE Audio /SC203 小型モニタースピーカーの決定版!

この記事は2016.02.07 Sundayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

ヘッドフォンサイズの小型モニタースピーカーの決定版!
神田店レコーディングスタッフが、実際にしっかりと使ってみて話題の製品の実力を実体験レビューする本シリーズ!

今回のテーマは「EVE Audio/SC203」です。人気実力ともに高いEVE Audio社が昨年11月に発売した新製品ですが、実際に試聴されたプロユーザーの皆様の評価がかなり高いので今更ながらピックアップさせて頂きます。

宅録環境で無理やり大きなスピーカーや高価なスピーカーを置いたとしても、ここまでのバランスを出すのは部屋の調整がかなり必要ですが、ポンと置いて「これで充分じゃない?」っていうスピーカーが久しぶりに出てきました!特に内蔵DACを使用した時のサウンドは特筆モノでした!
 
サイズ感を凌駕するバランスの秘密に迫ります!

本製品の基本概要から重要な要素のみをおさらいしていき、このサウンドの秘密に迫ります!

「FlexiPad」というくさび型のオレンジ色のラバーパットが付属しており、0°、7,5°、15°で正確に角度を付けて設置が可能です。つまり、小型モニター特有の小ささゆえにスピーカーのスイートスポットにリスニングポイント取りづらい事を解消します。ノートパソコンを挟むように設置する場合、15°に設定する事でかなりバランスの良いポジションになりました。



ウーファーは3inchと、標準的なデスクトップタイプよりも気持ち大きめであることにプラスして、ディストーションを最小に抑えるためシャーシのバスケットに空気の透過性の高い素材を採用するなど、ウーファー全体の構造設計が、この種の小型ウーファーに要求されるすべての必須項目を実現。
それだけでは足りない低音の音圧感や輪郭を追求するために、裏側にパッシブのウーファー・ユニットがメインの駆動するドライバーとは別に追加されています。サイズからするとふた回りほど大きなスピーカーに負けない明確な低音が出ます。さらにパッシブ・ラジエターの利点は、小型スピーカーが無理やり低音を作り出すためのバスレフが必要ないので、より鮮明な低音感をこのサイズで出せるんですね〜。


ツイーターにはEVE Audioのお家芸とも言える「RS1ツイーター」を半分サイズで再現する「µA.M.T.ツイーター」という新開発のツイーターを搭載し、小型スピーカーにありがちなスイートスポットの狭さも克服しています。



上位モデルと同等のDSPを搭載し、設置場所に合わせたチューニングが可能です。DSPを使うというと、デジタルくさくなってしまうのでは?という不安は一聴すれば忘れて良い感じだとわかります。Cirrus Logic製の24bit/192kHz ADコンバーターからDSPに入り、そのままアンプに送り込まれる仕様ですが、DSPの On/Offで音質の変化を感じ取ることは出来ませんでした。SC203に搭載されているPWMアンプ(D級アンプ)は、昨今100万円を超えるハイエンドオーディオの世界でも採用され始めた方式と同じなので、サイズからは想像できない音量と解像度に納得できました。

肝心の音の傾向ですが、まず小型モニタースピーカーだという認識は忘れるくらい本格的なモニタースピーカーです。個人的には上機種の「SC204」等と比べてもこちらの方がバランスが良く、EVE Audio特有のレンジは広いが若干コンプレッションを感じる張り付いた様なサウンドではなく、レンジは広いまま前後の空間が見える上質なモニタースピーカーの感触を感じます。スイートスポットが広いからか、左右の位置などをそこまでシビアに置かなくても様になっちゃうのもこのスピーカーの良いところかもしれません。一度設置&調整をしたらスピーカーのことは忘れて、作業にのみ集中出来そうです!

いや〜スピーカーはサイズや値段じゃないですね(笑)充分高いですが、コストパフォーマンス的にはかなりハイレベルです。
エンジニアの皆様が評価したがる気持ちがわかりました。そこまで言うなら試聴してみようかなというお客様がいらっしゃいましたら、神田店店頭にて常時接続でお待ちしております!

EVE Audio SC203 ¥69,800   
今なら「OYAIDE/d+USB classB 2.0m」を無償でプレゼントします!


記事担当/澤田
 


主要DAWを極める!選任スタッフが各主要DAWの最新情報と特徴を徹底チェックしてユーザーをサポートします☆
Pro Tools Pro Tools
Cubase
St-One
live
BITWIG
D.P.
Sonar
FL-st
Logic
Sibelius
Finale