宮地楽器神田店オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
Avid Zone Pro
Premium Line
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382
>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • HD版もNative版も、McDSPの単体プラグインがすべて50%OFF!10月5日(月)まで。
    yan
  • 2016 WINTER NAMM : YAMAHA 新たなフラッグシップMONTAGEはシンセであり「楽器」
    ハマ
  • 2016 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ澤田編
    ハル
  • 【応募受付終了】KOMPLETEシリーズのセミナー"TAKE KONTROL"が2015年1月11日に開催決定!
    中西亮詞
  • ライバルに差をつけるプロのミックステクニックを伝授!Mixテクニックセミナー開催!
    松重行正    
  • <更新>Pro Tools 11/HD11で動作保証されるAppleコンピューター
    セバスチャン
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/澤田
    SatoruOhtani
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/小松
    SatoruOhtani

profile

書いた記事数:2465 最後に更新した日:2017/11/21

2016 WINTER NAMM : 編集後記 スタッフ神山編

この記事は2016.02.13 Saturdayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)


NAMM SHOW 2016 終了から1ヶ月あまり。
青い海、青い空、広い会場と無数の機材に思いを馳せながら、私もまた忙しい毎日に戻っております。

Pro ToolsやDigital Performerなどの主要DAWのアップデートや、Omnisphere 2を始めとする大型ソフトウェアのリリースなど華々しい出来事が多かった昨年度と比較して、モジュラー村や各種エフェクターメーカーなどの小〜中規模ブースの隆盛が目立ったNAMM SHOW 2016。

もう1人の現地スタッフ澤田の例に倣いまして、私も「気になった製品ベスト3」を上げてみたいと思います。



では、3位から。こちらはモジュラー村の横で展示を行っていたTegeler Audio Manufakturです。
同社CEOのMichael Krusch氏自らが熱心に紹介していたこちらの機材、いわゆる普通のアウトボードではありません。


こちらはDSPでコントロールする"デジタル制御"の"フルアナログ・アウトボード"。

「アウトボードって音は良いけどトータルリコール出来ないし、設定も保存出来ないから不便だよねー…。」

そんな問題をいっぺんに解決する、画期的な製品です。
何が特殊かといえば、ノブの制御が特殊。PCで設定した数値がアウトボード側に反映され、「自動的にノブが設定値まで回る」という形です。

ソフトウェア側で設定を変更すると、機材のノブが勝手にくるくるっと回って画面上と同じ位置に止まります。あとは普通のアウトボードと同じく、XLRケーブルで接続するだけ。

自動でノブが回るのって、結構好きなんですよね。こういうコンセプトの製品、どんどん日本にも入って来てほしいところです。




第2位はこちら。鍵盤弾きとしては外せない、「ROLI Seaboard RISE」です。

2016 WINTER NAMM : ROLI 手の届く範囲のSeaboard、RISE 49を発表
http://miyaji-parec.jugem.jp/?eid=1770

Seaboardは昨年度NAMMでも大注目で、個人的には3日に渡って毎日試奏をさせて頂いたりしたものですが、今年はなんと大規模なブースになっていました!何やら感慨深いものがありますね。このSeaboardは長らく同じ形を保ってきた鍵盤楽器を一段階進化させた製品で、そういう触れ込みの楽器は今までいくつかあったものの、個人的にはその中でも最もプレイヤビリティの高い楽器だと思っています。

ただ、やはり新しいデバイスは価格がネック…だったのですが、それも去年まで。
今回発表されたSeaboard RISEは従来のものに比べるとかなりお求めやすくなり、本国価格も$1,199.99とのこと!
国内価格はまだ未定ですが、1人でも多くのクリエイターの方にこの素敵な楽器をお届け出来ればと思っています。

Slate Digital/VMS


第1位はこちら。宅録での最強ツールとなるか!「Slate Digital VMS」です。

2016 WINTER NAMM : Slate Digital 噂のマイクモデリング「VMS」実機がついに登場
http://miyaji-parec.jugem.jp/?eid=1764

こちらも2年程待たれている方もいらっしゃる様な気はしますが、いよいよ実機のお目見えです。巨大Ravenの上にOceanway HR-4を置いてのセッティング。ガヤガヤした環境でのモニタリングだったものの、ようやくそのサウンドを現地で耳にする事が出来ました。

以前書いた記事との重複にもなるのですが、いわゆるハイエンドなビンテージマイクは状態によってサウンドがピンキリです。本当に素晴らしい一本が存在する反面、おそらくそれ以上の数「ガワは確かに本物だけど…うーん?」という個体が存在するのも事実。
耳の良さと知識が合わさった目利きがなければ、チョイスするのが難しいのです。そして、世の中、偶然にも最高の状態のマイクと出会い、それを購入するだけの資産を持つ幸運な方ばかりではありません。メンテナンスも大変ですし。



じゃあどうするかって言えば、やはり実機のシミュレートなワケです。歴戦のアウトボードたちが様々な技術によってソフトウェアとして世に出てきたのと同様、このVMSもビンテージマイクを精密にシミュレートしています。
もともとVCCやVTM、VMRをはじめアナログ機材をシミュレートするソフトウェアについてはトップメーカーであるSlate Digitalではありますが、やはりマイクとなるとハードウェアの本体ありき…そしてその実機の音が、会場で聴いた限りはかなり良かったんです!

「良い」というのは少し語弊がありますが、マイク本体自体はかなりクリアサウンドでロスもなく、「シミュレーターの効果を強く受けそうな」マイクだな、という印象(ソフトウェアありきで開発されたものなので、当たり前かも知れませんが)。
もともとのソフトウェア部分の開発は一目置かれるメーカーなだけに、このVMSはとにかく期待度が高い製品です。

NAMM SHOW 2016 おわりに


今年もあっという間に終わったNAMM SHOW 2016。
毎日毎日、色々な機材を見て、触れて、楽器屋冥利につきる素晴らしい体験でした。

世界中に存在するアウトボードやエフェクター、ソフトウェア、その他の様々な機材…日本国内に製品として入って来ているのは、恐らくそれらのうち3,4割にも満たないでしょう。世界にはこんなにもたくさんの機材が存在し、まだまだ音楽制作は面白くなる、毎回このNAMM SHOWはそんな気付きを得る良い機会になっています。

こうした想いが、今回の記事を通して多少なりとも皆様の元にお届け出来たのであれば、大変嬉しく思います。
今も各メーカーが技術の粋を凝らしてまだ見ぬ機材を作っている筈ですから、NAMM SHOW 2017も期待して待ちましょう!

担当:神山
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

namm2016 fair

 2016.01.18 - 01.31 NAMM FAIR 開催 

・どなたでも応募可能な豪華景品つきNAMMくじ!!
・期間中の店頭お買い物でギフトチケット進呈!!
・店頭で10万円以上の商品がクレジット金利0%!!
・オンラインショップではポイント2倍ゲット!!


NAMM2016特設ページはこちらから
友だち追加

主要DAWを極める!選任スタッフが各主要DAWの最新情報と特徴を徹底チェックしてユーザーをサポートします☆
Pro Tools Pro Tools
Cubase
St-One
live
BITWIG
D.P.
Sonar
FL-st
Logic
Sibelius
Finale