宮地楽器神田店オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
Avid Zone Pro
Premium Line
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382
>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • HD版もNative版も、McDSPの単体プラグインがすべて50%OFF!10月5日(月)まで。
    yan
  • 2016 WINTER NAMM : YAMAHA 新たなフラッグシップMONTAGEはシンセであり「楽器」
    ハマ
  • 2016 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ澤田編
    ハル
  • 【応募受付終了】KOMPLETEシリーズのセミナー"TAKE KONTROL"が2015年1月11日に開催決定!
    中西亮詞
  • ライバルに差をつけるプロのミックステクニックを伝授!Mixテクニックセミナー開催!
    松重行正    
  • <更新>Pro Tools 11/HD11で動作保証されるAppleコンピューター
    セバスチャン
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/澤田
    SatoruOhtani
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/小松
    SatoruOhtani

profile

書いた記事数:2417 最後に更新した日:2017/10/19

ヘッドホン比較試聴してみた!「MrSpeakers/ETHER」編!Part.2

この記事は2016.09.02 Fridayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

ヘッドホン比較試聴してみた!「MrSpeakers/ETHER」編!Part.2

当店の大人気コンテンツ「試してみた」シリーズ。
ダミーヘッドマイクでヘッドホンから聞こえるサウンドをレコーディングし、比較試聴するというヘッドホンサウンド比較をいくつかの企画で行っていましたが、人気企画をこの度復活!

 

第1弾で取り上げた「MrSpeakers/ETHER」を改めてフィーチャーし、第3弾企画として特集いたします。

前回の動画からETHER自身はVer.1.1へとアップグレードしており、更なるサウンドクオリティを遂げています。

以前の比較では開放型のETHERのみでしたので、今回はMrSpeakersのヘッドホンに焦点を当て、開放型のETHER 1.1と密閉型のETHER C 1.1を取り上げています。

 

それではレビューをどうぞ!

使用機材と動画レビュー比較の概要

使用機材は下記の通り。

ダミーヘッドマイク:サザン音響 SAMREC 2700 Pro

ヘッドホンアンプ:Umbrella Company BTL-900
オーディオインターフェース:Focusrite Clarett 2 Pre
ヘッドフォン:MrSpeakers ETHER 1.1MrSpeakers ETHER C 1.1

 

今回のレビューの主旨は

・MrSpeakers ETHERのヘッドホンの開放/密閉の違いによるサウンドを比較。

・アンバランス駆動とバランス駆動の音質差を比較。

です。

 

まず重要なヘッドホンアンプにはUmbrella Company BTL-900を採用しました。4pin XLR出力端子搭載、プロオーディオ機器業界で馴染み深い機材、そして手の届きやすい価格帯ということを考慮しての採用です。

また、アナログ入力があるという点も今回のポイントでした。

 

レコーディングに使用したオーディオインターフェースもClarett 2 Preへと変更。前回のRME Fireface UFXでも問題はなかったのですが、色づけの少ないクリアな音質が音源比較の点で非常に分かりやすいため、今回変更を行っています。

 

今回は3パターンの動画を用意しています。

1. ETHER 1.1とETHER C 1.1をアンバランス駆動させ、それぞれのサウンド比較

※製品パッケージに付属する6.3mm標準フォーンケーブルを使用。

 

2. ETHER 1.1をバランス駆動とアンバランス駆動させ、それぞれのサウンド比較

※製品パッケージに付属する6.3mm標準フォーンケーブルと、別売りの4pin XLRケーブルを使用。

 

3. ETHER 1.1とETHER C 1.1をバランス駆動させ、それぞれのサウンド比較

※別売りの4pin XLRケーブルを使用。

 

それでは比較動画で検証していきましょう!

 

1. ETHER 1.1とETHER C 1.1をアンバランス駆動させ、それぞれのサウンド比較

 

まずは日本国内で流通している製品パッケージに含まれている純正ステレオフォーンケーブルでの比較です。

オープンであるETHERはオープンならではの開放感溢れるサウンドで、広い音場と抜群の定位感、伸びやかなハイエンド、オープン型でも中低域が薄くなることがありません。中域、中高域の分解能が高いです。

対して、クローズドバックのETHER Cは定位のピンポイントさに長けています。

スネアのアタック感やギターのバッキングなどに注目してみると、スピード感あるトランジェントが分かります。

密閉ヘッドホンにしてはその音場の広さは卓越したものです。

MrSpeakersというブランドネームのように、どちらの機種もヘッドホンにしても音場が広いです。

逆に音場が広いヘッドホンは苦手という方には向かないかもしれません。

 

ダミーヘッドマイクの特性上、ETHER Cの音が少しシャリ付き気味ですが、実際にはこのシャリ付きはそこまで感じず、定位のピンポイントさをより実感していただけることでしょう。

 

ただ、ヘッドホン祭り等の試聴イベントで、MrSpeakersの代表であるDan氏が自ら持ち込んでいる相性抜群のヘッドホンアンプで聞いた時の低域の安定感が感じにくい印象です。

 

やはりETHERの真価を発揮させるにはバランス駆動?

 

ということで、アンバランス駆動とバランス駆動の音質比較に迫っていきます。

 

2. ETHER 1.1をバランス駆動とアンバランス駆動させ、それぞれのサウンド比較

続いて、MrSpeakersのオプションケーブルである4pin XLRケーブルと6.3mmステレオフォーンケーブルの比較です。

 

この動画ではオープンのETHERを使って、アンバランス駆動、バランス駆動の比較ができるようにしました。

さて、どうでしょう。ケーブルが変わったタイミングでキックの太さ、そして音の重心が下がったのが実感できますよね。

この変化は実際にヘッドホンで聞くとより変化を実感することができます。

 

試聴イベントで聞いた時の、中低域のレスポンスが印象深かった感覚がバランス駆動だとしっかり実感できますね。

ここまで違うのかと驚きがあります。

 

3. ETHER 1.1とETHER C 1.1をバランス駆動させ、それぞれのサウンド比較

 

1.の場合と同じETHERの開放と密閉の違いでの音比較ですが、この動画ではバランス駆動での比較です。

この動画の最後にはETHER Cに付属のチューニングキットを使用したサウンドもおまけとして収録しています。

※チューニングキットとはイヤーパッド内に付属のフィルターを挟むことで音質変化をさせるキットです。

今回はホワイトのフィルター1枚を使用。

 

接続方式が変わっただけで、二つのヘッドホンの音変化もより分かりやすく感じませんか?

まず、両方のヘッドホンともにいえるのが音の重心が下がり、中低域の音の密度がより充実したことでしょう。

 

ETHERでは音の躍動感がより一層感じられるようになっています。音の広がりもより自然になりました。シンバルの余韻も伸びやかですし、音の詰まりがなくなった感じがします。

 

ETHER Cではより音の芯がはっきりし、センター定位がピシッと決まるようになっていますね。

音のトランジェントやスピード感も増しています。

 

最後に収録したETHER Cにチューニングキットの白フィルターを装着したVer.ですが、これも面白い結果が出ており、ETHER Cのトランジェント感などが少し丸くなり、この音もありだな。と思わせる音です。

ETHER Cの音が若干ETHERに近づいた印象があります。

 

6.3mmフォーンケーブルと4pin XLRケーブルというケーブル変更によって、同じヘッドホンアンプでも駆動方式が変わることで、ここまでの変化を出すことがこの比較動画でも実証できました。

 

オーディオ系ヘッドホンとしての認知が高いですが、楽曲のミックス作業というシビアな音チェックにも全然使えます。定位が抜群ですし、独特な音場の広さはスピーカーに近い鳴りをします。

 

また、リケーブル可能なヘッドホンですので、このヘッドホンの真価を発揮できるバランス駆動への対応もケーブルとバランス対応ヘッドホンアンプがあればすぐに対応ができます。

そこまで種類は多くない物の、他社のアップグレードケーブルによる音質改善も期待できます!

 

耳で比較すれば一聴すればわかるほどの違いがありますので、ぜひ実機試聴をしていただきたい所です。

 

ぜひこの動画をきっかけにして、MrSpeakers/ETHERに注目してみてください!



電話番号

 

記事担当:小松

友だち追加

主要DAWを極める!選任スタッフが各主要DAWの最新情報と特徴を徹底チェックしてユーザーをサポートします☆
Pro Tools Pro Tools
Cubase
St-One
live
BITWIG
D.P.
Sonar
FL-st
Logic
Sibelius
Finale