宮地楽器神田店オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
Avid Zone Pro
Premium Line
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382
>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • HD版もNative版も、McDSPの単体プラグインがすべて50%OFF!10月5日(月)まで。
    yan
  • 2016 WINTER NAMM : YAMAHA 新たなフラッグシップMONTAGEはシンセであり「楽器」
    ハマ
  • 2016 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ澤田編
    ハル
  • 【応募受付終了】KOMPLETEシリーズのセミナー"TAKE KONTROL"が2015年1月11日に開催決定!
    中西亮詞
  • ライバルに差をつけるプロのミックステクニックを伝授!Mixテクニックセミナー開催!
    松重行正    
  • <更新>Pro Tools 11/HD11で動作保証されるAppleコンピューター
    セバスチャン
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/澤田
    SatoruOhtani
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/小松
    SatoruOhtani

profile

書いた記事数:2517 最後に更新した日:2017/12/12

【遊びに行ってみた!】取扱製品が豊富!株式会社銀座十字屋 ディリゲント事業部編

この記事は2016.11.03 Thursdayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

前触れなく突然始まった新企画、「遊びに行ってみた!」シリーズ。

宮地楽器のスタッフが、普段はなかなか足を踏み入れる事が出来ないメーカー各社さんや代理店さんの会社に訪問し、その会社の特色や商品の紹介を思う存分にして頂くという企画です。

 

果たして第何弾まで続くか全く想像出来ませんが、第一社目となったのは「株式会社銀座十字屋 ディリゲント事業部様」です!

電話一本で快諾頂き、あれよあれよという間に訪問日時まで決まって行きました。いつもありがとうございます。


それでは早速、行って参りましょう!

 

というわけで、宮地楽器の最寄り駅のひとつ淡路町駅から4駅の「銀座駅」へ。

電話で場所を聞いたところ「銀座CHANELの横です。」と言われて、改めて凄い場所にあるなーと思いつつ、閉館セール真っ最中のプランタン銀座の横を通り抜けて現地へ到着です。

 

さてさて、銀座十字屋はもともと日本で最初に西洋楽器の輸入を始めた会社で、その歴史は140年以上に及びます。ディリゲント事業部エントランスにはその歴史を感じさせるようなピアノやオルガンなどが置かれています。

 

ReloopなどDJ機器のイメージが強いディリゲントですが、昨今の制作では必需品レベルのエフェクトプラグイン「FabFilter」や注目度の高い「Bitwig Studio」などのソフトウェアも扱っています。

 

 

今回、数ある商品群からメインでご紹介して頂いたのは、イタリア製キーボードブランド「Studiologic」です!

国内に入って来ている海外製鍵盤楽器の多くが実はFATAR社のものと言われていますが、そのFATAR社の独自ブランド「StudioLogic」はまさにMIDI鍵盤界の王様と言えるでしょう。

今回は営業部倉持さんにご案内頂きまして、一応キーボードプレイヤーみたいな立ち位置の私が全機種弾き倒して参りました。

 

StudioLogicは「Numa Concert」「Numa Stage」「SL88 GRAND」「SL88 STUDIO」「Numa Organ 2」の5機種がラインナップ。ざっくりと「音源が入っているか、入ってないか」で大別できます。

「Numa Concert」「Numa Stage」「Numa Organ 2」は音源が内蔵されたモデルで、「SL88 GRAND」「SL88 STUDIO」は純粋なMIDIキーボードです。

 

 

 

Numaシリーズは音源付きのモデルで、いずれも88鍵モデルです。

音源部はどちらも共通で、マルチサンプリングされたピアノ音源の他オルガンやストリングスなどの音色が入っています。

両者の違いは鍵盤タッチで、フラッグシップのNumaConcertは木製鍵盤TP/40WOODが搭載されています。

 

 

PCM波形1GB分の収録したピアノ音源は、"Concert Grand"と"Stage Piano"という名称ではありますが、中身はSteinwayとFAZIOLIです。ピアノ音源は5つのマルチマイクで収録されており、弾いた感じどちらも硬めで、アンサンブルの中での抜けが良いような印象です。

FAZIOLIは国内に入って来ている台数がごく少数のため実機を弾いた事がある方は少ないと思いますが、職人の手作業で作られた最高級ピアノとして世界の国際ピアノコンクールでも活躍する非常に有名なイタリア製のピアノ。固くてクリアなSteinwayの音色に比べ、FAZIOLIの方はピアノらしい濁りを多少残しており弾いていて気持ちのよいサウンドです。ヌケの良いサウンドながら、弾き語りなどの場合は2bandのEQセクションでTREBLEを下げて柔らかくすることも可能です。

 

 

FATARと言えば優秀な鍵盤タッチが有名ですが、それぞれTP/40WOODとTP/100LRという別の鍵盤を搭載しています。

TP/40WOOD鍵盤を搭載したConcertの方が鍵盤タッチが重く、生のピアノ慣れした方ならこちらがオススメです。低音弦をゆっくりと打鍵すると音が微かにしか鳴らないところなどはかなり良く出来ていて(ちなみに鍵盤自体も下の方が重めです)、打鍵時のニュアンスは実際のピアノに近いように思います。

一方TP/100LRを搭載したStageは重すぎず軽すぎずな絶妙なタッチ感で弾き易く、手の負担なく演奏する事が可能です。ピアノ感は薄まりますが、マルチに活動するキーボーディストの方などはこちらの方が手に馴染む場合が多そうです。

 

余談ですが、営業倉持さんのお話によると「試弾会ではタッチで悩む方は意外と少なく、ピアニストの方はConcertに、もう少しカジュアルな方はStageに流れてそのまま弾き続けている」とのこと。

 

TP/40WOODはフレーム及びハンマーアクションがスチールダイキャスト製。安価なプラスチック製ではありません。写真のモックは2contactですが実際は3contact(電極の入った打鍵の検知パーツの数のことです)で、同音連打やベロシティ検知の精度が非常に高いところもポイントです!

 

 

続いてはSLシリーズ!制作時のマスターキーボードとして本命の機種かと思います。

この機種は音源を搭載していないので、ハーフペダルにもきちんと対応しているIvoryを使ってチェックしました。

 

SLシリーズとNumaシリーズの鍵盤部の仕様の違いはアフタータッチの有無のみです。Numaシリーズは完全にピアノ仕様のため、ピタッと止まりますが、SLシリーズの場合別途ソフト音源を使うのがメインなので、アフタータッチ仕様になっています。SL88 GRANDは、音源のないアフタータッチ仕様のNuma Concert、SL88 STUDIOは、音源のないアフタータッチ仕様のNuma Stageという位置付けです。

 

この機種のすごさは、簡単に言えば「価格」かなと思います。

SL88 Studioなら、ハンマー鍵盤で7万円を切るコストパフォーマンス。しかもイタリア製です。

(中国製では?という突っ込んだ質問もしてみましたが、きちんとイタリア本社の横で製造をしているそうです!)

 

88鍵マスターキーボードをお探しなら、「間違いなく買い!」という機種。

というかよくよく考えたら10万以下できちんとハンマー鍵盤なのって、意外とこの機種くらいなんですよね。

 

設定画面はフルカラー。アサイナブルな3本のジョイスティックも非常に便利です。

USB1系統の他MIDI PORTも2系統あるので、ライブで使う場合も「Montageのピアノ音色とIntegraのシンセ音色をスプリットで使う」といった設定まで可能です。

 

ここからは社内の様子を(出せる範囲で)写真でご紹介します!

まずは「Numa Organ 2」。Numaシリーズではこの機種だけウォーターフォール鍵盤で、近年のHammondに近いような印象です。他社製品に比べるとウォーターフォールと言えど多少打鍵感があり、パーカッシブなサウンドはむしろ安定して演奏することが可能でした。

 

SLシリーズの試奏では、「Angelbird pktシリーズ」が活躍。外付けSSD、実は私も使っていて、あまりの速さ(今まで使っていたUSB3.0タイプのHDDよりも3倍以上速い!)で、プラグインロードが最強にスムーズでもう手放せません。これはこれでまた別の記事を書こうかなと思っています。


そして、そんな最新機材たちの真横の風景。創業140年という長い歴史を感じます。

銀座のハープ&フルートサロンはこのような形。とても素敵な雰囲気で私は場違いでしたが、「あっ!ハープにXLR端子がついてる!」と気付いた瞬間から仲間感が出てきました。

 

 

さて、本日ご紹介した商品について、こんな素敵なキャンペーンを開催することが決定しました!


 

Numaシリーズ:一律10,000円OFF!

SLシリーズ:SLP3-Dをプレゼント!【12,960円相当!】

※なお、NumaシリーズにSLP3-Dは付属しません(未対応のためです)

 

詳細はこちらのページをご覧下さい。

【Dirigent共同企画】ピアノタッチの王様!StudioLogic社製キーボードが"宮地楽器"だけの限定プライス!

http://miyaji-parec.jugem.jp/?eid=2116

 

 

という訳で、ディリゲントさん来訪記でした!次はどこに遊びに行こうかなー!

 

■公式WEBサイト

https://dirigent.jp/

https://dirigent.jp/product_brand/studiologic/

友だち追加

主要DAWを極める!選任スタッフが各主要DAWの最新情報と特徴を徹底チェックしてユーザーをサポートします☆
Pro Tools Pro Tools
Cubase
St-One
live
BITWIG
D.P.
Sonar
FL-st
Logic
Sibelius
Finale