宮地楽器神田店オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
Avid Zone Pro
Premium Line
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382
>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • HD版もNative版も、McDSPの単体プラグインがすべて50%OFF!10月5日(月)まで。
    yan
  • 2016 WINTER NAMM : YAMAHA 新たなフラッグシップMONTAGEはシンセであり「楽器」
    ハマ
  • 2016 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ澤田編
    ハル
  • 【応募受付終了】KOMPLETEシリーズのセミナー"TAKE KONTROL"が2015年1月11日に開催決定!
    中西亮詞
  • ライバルに差をつけるプロのミックステクニックを伝授!Mixテクニックセミナー開催!
    松重行正    
  • <更新>Pro Tools 11/HD11で動作保証されるAppleコンピューター
    セバスチャン
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/澤田
    SatoruOhtani
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/小松
    SatoruOhtani

profile

書いた記事数:2203 最後に更新した日:2017/05/28

話題の製品を実際に試してみたらこうだった!Softube/Console 1 MK2

この記事は2017.02.19 Sundayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

「話題の製品を実際に使ったらこうだった!」と題しまして、神田店レコーディングスタッフが、実際にしっかりと使ってみて話題の製品の実力を実体験レビューするシリーズ!今回は2017 Winter NAMM レポートでも大好評だった「Softube/Console 1 MK2」です。

 

「Softube/Console 1 MK2」といってもソフトウェアの問題なので無印の「Console 1」ユーザーの方もご安心ください!

昨日公開された最新アップグレード「ver.2.4.7」にて同様の内容になりますので、買い換える必要はありません!

 

ちなみに2017 Winter NAMMのレポートはこちらから!

2017 WINTER NAMM : Softube 操作性とバリエーションが大幅アップ!「Console 1 mk2」発表!

http://myjshowreport.jugem.jp/?eid=137

実はこの「試してみたシリーズ」の記念すべき第ー弾は「Softube/Console 1」だったんですね!日付をみると2014年4月ということで、このシリーズも早いものでもう少しで丸3年になるわけですね〜。何か記念企画でも考えて見ようかな(笑)

 

発売当時にのレビューはこちらから!
話題の製品を実際に使ったらこうだった!Softube/Console 1

http://miyaji-parec.jugem.jp/?eid=878

 

前置きはさておき、実際に自分たちの環境で触ってみるとNAMMの会場では分かりきらなかった点が見えて来ました。おさらいも含めて早速参りましょう!

 

まず同じ環境にUAD-2のプラグインがインストールされているとこう言う感じで表示されます。

<EQの選択画面>

UAD-2の頭文字がならぶのは良いですね〜!プラグインの選択もハードウェアからこんな感じで行ないます。

 

コントローラーの一番左下にある「Shift」押しながら、人差し指の辺りに黄色い文字で書いてある「EQ」とか「COMP」といったボタンを押しすと先ほどの選択画面が出てきます。

 

コンソールの右下の「Volume」をまわすと選択の内容が上下され、どれにするか決まったらその上の「OK」押すと確定になります。

 

では早速「UAD API 560」を選んでみましょう!実機はグライコなのでどの様に表示されるかなと若干意地悪めな選択です(笑)

 

そうなんです!「Softube/Console 1 MK2」の中でUAD−2プラグインが選べてその音で作業は出来るのですが、画面の表示はされないんですよね〜。残念だな〜と思いながらも触っていると、いつものカッコいい画面が出てこないことのメリットを大きく感じました。

 

絵が目に見えないことでいつの間にか「耳」でしか出音の判断しなくなり、作業に没頭する感じになります。これってかなり重要ですよね、見た目で極端な設定になってても、音が正解なら正解な世界ですし。以前のレビューでも書きましたが、「Console1」を各トラックにインサートした以降は、マウスに触る回数が圧倒的に減ります。EQやCOMP以外にも、トランジェントデザイナー、サチュレーター、DAW側のトラックフェーダーのコントロール、選択トラックの切り替えなど、空間系を除いた作業する上で必要なことが全て、コントローラー側で出来てしまいます。まさに「Console=卓」ですね。

 

卓感をもう少しピックアップすると、コントローラーでオートメーションも掛けちゃいます。トラックフェーダーは「フェーダー」ではなくて「ノブ」で触りますがが、全く問題なくオートメーションを書き込めます!

 

UAD-2を持っていないユーザーの人でも、この全ての昨日はSoftube純正のプラグインでも可能です。もともとバンドルされている「SSL4000」のモデリングもずば抜けてクオリティが高く、これだけで作業のほとんどを行っているエンジニアさんを何人も知ってます!

 

しかも販売価格が大幅にダウンしたことで一気にお買い得になり、ここぞとばかりにSoftube社がいっきに攻めこんで来ましたね(笑)「Console1」と「Console1mk2」の主な違いは、コントーローラのノブの周りにLEDが付いているところのみ。

 

そしてなんと!今ならカタ落ち品特価ということで、数量限定で旧Console1がお得にゲットできちゃいます!お見逃しなく!

 

Softube/Console1 通常販売価格 ¥49,800-(税込) 

 

 

 

記事担当:澤田



主要DAWを極める!選任スタッフが各主要DAWの最新情報と特徴を徹底チェックしてユーザーをサポートします☆
Pro Tools Pro Tools
Cubase
St-One
live
BITWIG
D.P.
Sonar
FL-st
Logic
Sibelius
Finale