宮地楽器神田店オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
Avid Zone Pro
Premium Line
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382
>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • HD版もNative版も、McDSPの単体プラグインがすべて50%OFF!10月5日(月)まで。
    yan
  • 2016 WINTER NAMM : YAMAHA 新たなフラッグシップMONTAGEはシンセであり「楽器」
    ハマ
  • 2016 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ澤田編
    ハル
  • 【応募受付終了】KOMPLETEシリーズのセミナー"TAKE KONTROL"が2015年1月11日に開催決定!
    中西亮詞
  • ライバルに差をつけるプロのミックステクニックを伝授!Mixテクニックセミナー開催!
    松重行正    
  • <更新>Pro Tools 11/HD11で動作保証されるAppleコンピューター
    セバスチャン
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/澤田
    SatoruOhtani
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/小松
    SatoruOhtani

profile

書いた記事数:2245 最後に更新した日:2017/06/22

CUBASE AI,Live Lite,Studio One Artist…付属DAWから見るオーディオインターフェイスの選び方

この記事は2017.04.14 Fridayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

付属DAWソフトウェアで選ぶオーディオインターフェイス

昨今はパソコンとオーディオインターフェイス、それにDAWソフトウェアがあれば、誰でも簡単に録音と打ち込みを用いて音楽が作れるようになりました。一昔前では考えられないほど低価格で、制作システム一式が揃えられるセット販売もあります。

しかし、オーディオインターフェイスやDAWソフトウェアはかなりたくさんの種類があります。これから音楽制作を始めようと思っている皆様にとっては、選択肢が多過ぎるゆえに「何を買えば良いのか分からない!」という悩みを抱えている方もいらっしゃるのでないでしょうか。

 

そこで今回は、それらのDAWソフトウェアの簡易版に焦点を当て、「最初に買うならどのインターフェイスが良いの?」を記事にまとめました。

 

DAWソフトウェアの簡易版とは?

フルライセンス版と異なり、トラック数の制限や付属ソフトウェアの制限などが加えられたバージョンのソフトウェアです。ペンタブを買ったらPhotoshop Elementsがついてきた!と同じニュアンスですね。これらは体験版ではありませんので、簡易版だけでもある程度まで音楽を形作ることが可能です。

 

ほとんどの場合、DAWソフトウェアの簡易版は各社オーディオインターフェイスに付属します。これだけ買えば音楽制作が楽しめます!というセット販売の側面と、自社ソフトウェアの周知の側面がありますが、なんだかんだ言っても今は1万円〜2万円程度のインターフェイスを買うだけでもそれなりのところまで制作が出来るようになりました。

 

ここから先は、実際にどのインターフェイスを買えば良いのかをまとめていきます。

Steinberg CUBASE AIシリーズ

 

 

Steinberg純正のオーディオインターフェイスには「CUBASE AI」、サードパーティ製オーディオインターフェイスには「CUBASE LE」が付属します。仕様的にはAI版の方が上位で、AI 9は最大32オーディオトラック / 48 MIDI トラック搭載、LE 8は最大16オーディオトラック / 24 MIDI トラック搭載。付属ソフトウェアもAIの方が多いです。

https://japan.steinberg.net/jp/products/steinberg_yamaha_products/cubase_ai_9.html

 

CUBASE AIが付属するオーディオインターフェイス

 

・Steinberg URシリーズ

UR12 / UR22 mk2 / UR44 mk2 / UR242 / UR28M / UR824

 

中でも一番人気は「Steinberg UR22」!超定番機種と言っても良いと思います。シリーズ最安値のUR12にも付属していますが、UR22からはMAIN OUTがTRS端子となっているため(UR12はRCA)、今後スピーカーなどを買い足す時に接続の幅が広くなります。その他、ミキサータイプのオーディオインターフェイスAGシリーズにも付属しています。

 

Ableton Live Lite

 

 

「Ableton Live Lite」は、8トラックという制限はあるものの、アレンジビュー/セッションビューによる独自のワークフローの基本的な部分は全て使用可能なDAWです。Live 9.6から追加された新機能も一部使用可能です。

https://www.ableton.com/ja/products/live-lite/

 

Live Liteが付属するオーディオインターフェイス

 

・Scarlett/Clarettシリーズ

Scarlett 2i2 G2 / Scarlett 2i4 G2 / Scarlett 2i2 G2 / Scarlett 6i6 G2 / Scarlett 18i8 G2 / Scarlett 18i20 G2

・ZOOM Uシリーズ

U-22 / U-44 / U-24

 

一番人気は2chオーディオインターフェイス「Scarlett 2i2 G2」。昨年モデルチェンジを経たScarlettシリーズは歴史が長く、Focusrite直系のハードウェアとして高い人気を誇ります。また、2i4(2in/4out)など用途に合わせて段階的に入出力をチョイス出来るのもポイントのひとつ。また、FocusriteブランドのCompやEQなどのプラグインも同梱されているため、エントリークラスの中では本格的な音作りが可能です!

その他、ZOOM U-22やU-44と言った機種にも付属しており、インターフェイスではありませんがLaunchPad ProやKaossilatorにも付属しています。

 

Live Liteからの製品版アップデートはこちら

 

Presonus Studio One ARTIST

 

 

完全フリーDAW「Studio One Prime」で有名なPresonusですが、同社のオーディオインターフェイスを購入すれば15,768円(税込)で通常販売している「Studio One ARTIST」が付属します。なお、それぞれ機能比較はこちら。サードパーティ製VSTが使用出来ないのが少しネックですが、機能的な制限は少なく本格的な制作が可能です。

 

Studio One ARTISTが付属するオーディオインターフェイス

 

・Audioboxシリーズ

Audiobox 22VSL / Audiobox 44VSL / Audiobox 1818VSL / Audiobox iOne / Audiobox iTwo / Audiobox iTwo Studio

 

コンパクトなAudiobox 22VSLやiTwoも人気が高いですが、意外と売れているのが8chマイクプリのついた「1818VSL」。打ち込みを行う音源こそ純正のものだけにはなりますが、録音については一切の制限がありませんので、ドラムを録ったり複数のシンセを繋ぎっぱなしにしたりと利便性が高いです。

また、モデルチェンジしたiOne、iTwoはiOSにも対応し、上の画像のiTwo Studioのように2万円台でマイクからヘッドホンまで揃うパッケージもあります。

 

まとめー自分に合ったDAWとオーディオインターフェイスを!

いかがでしたでしょうか。

「良い音源で曲作りがしたい!」という方はCUBASE AI、「ライブパフォーマンスやRemixなどを手軽に楽しみたい!」という方はLive Lite、そして「トラック数の制限なく自由自在に作業がしたい!」という方にはStudio One ARTISTがおすすめ出来るかなと思います。

 

最初に使うツールは重要ですが、プロで制作している方もDAWを乗り換えながらやっている人は多いものです。いろいろなソフトウェアを触りつつ、気に入ったものがあればフル版にアップデートする!という考え方も、昨今では重要ではないかと思います。

この他にも、AudioDeskやBitwig 8 Track、SONAR X3 LEなどの簡易版DAWが存在しますので、気になる方は是非「付属ソフトウェア」にも着目して製品をチョイスして下さいね!

 

お問い合わせ

  • 2017.04.14 Friday
  • -


主要DAWを極める!選任スタッフが各主要DAWの最新情報と特徴を徹底チェックしてユーザーをサポートします☆
Pro Tools Pro Tools
Cubase
St-One
live
BITWIG
D.P.
Sonar
FL-st
Logic
Sibelius
Finale