宮地楽器神田店オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
Avid Zone Pro
Premium Line
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382
>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • HD版もNative版も、McDSPの単体プラグインがすべて50%OFF!10月5日(月)まで。
    yan
  • 2016 WINTER NAMM : YAMAHA 新たなフラッグシップMONTAGEはシンセであり「楽器」
    ハマ
  • 2016 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ澤田編
    ハル
  • 【応募受付終了】KOMPLETEシリーズのセミナー"TAKE KONTROL"が2015年1月11日に開催決定!
    中西亮詞
  • ライバルに差をつけるプロのミックステクニックを伝授!Mixテクニックセミナー開催!
    松重行正    
  • <更新>Pro Tools 11/HD11で動作保証されるAppleコンピューター
    セバスチャン
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/澤田
    SatoruOhtani
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/小松
    SatoruOhtani

profile

書いた記事数:2386 最後に更新した日:2017/09/22

Astell & Kernの新作プレイヤー「KANN」登場!

この記事は2017.04.14 Fridayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

Astell & Kernの新作プレイヤー「KANN」登場!

ハイエンドのポータブルオーディオプレイヤーとして名高い「Astell & Kern」より、新しいプレイヤーが登場します。

その名も「KANN」。

モデル名となる「KANN」は英語で「可能」を意味する「Can」を由来とし、“ポータブルオーディオの楽しみ方の幅を拡げる”数々のパフォーマンスを表現するモデルとして名付けられました。

「KANN」はポータブルオーディオを牽引し続けるAstell & Kernがこれまでの製品とは違うプロダクトラインとして位置付け、新しいコンセプトモデルを提供します。

製品概要

 

Astell & Kernは2017年でブランド創立5周年という記念すべき年となり、3つのSomething Newの1つとして今回、発表されたのが「KANN」です。

 

ドイツ語である「KANN」は、英語で「可能」を意味する助動詞の「Can」に相当します。強力な内蔵アンプ、 ネイティブ再生、メモリの拡張を可能にするデュアルメモリーカードスロットなど、“ポータブルオーディオ の楽しみ方の幅を広げてくれる”数々のパフォーマンスを表現するためにこの名称を採用しました。


「KANN」は、外付けセパレートタイプに相当する、強力な高性能ヘッドホンアンプを搭載。KANN 一台で高インピーダンスのヘッドホンもしっかり駆動します。また、ヘッドホン出力とは別に、独立したライン出力を搭載し、充電兼ファイル転送用の USB 端子と、USB Audio 出力兼 USB DAC 入力用の USB 端子を、個別に搭載するなど、単なるポータブルオーディオプレーヤーを超えて、様々な使い方が可能になります。

さらに、6200mAh という大容量バッテリーと、デュアルメモリーカードスロットによるメモリ拡張性など、さらにアクティブに使えるバイタリティも身に着けました。

 

製品特徴

製品の特徴については、KANNの新製品発表会でのスライドや写真を交えてご紹介いたします。

 

1.パワフルで強力な高性能アンプ搭載

KANN は、セパレートタイプに相当する非常に強力な高性能アンプを、巧みにプレーヤーの中に組み込みました。アンバランス出力で 4Vrms、バランス出力では 7Vrms という、AK300 シリーズ専用アンプであるAK380AMP に迫る強力な実効値をサポート。
KANN 単体で、高インピーダンスのヘッドホンや平面駆動などの鳴らしづらいとされるヘッドホンも、しっかり駆動することが可能です。

 

2.多彩な入出力

KANN は、従来どおり3.5mm/3 極端子と、バランス出力に対応した 2.5mm/4 極のヘッドホン端子を装備。さらにヘッドホン出力とは別に、独立したライン出力端子を搭載しています。KANN のライン出力信号の経路はヘッドホン出力の経路から独立しているので、従来製品と比べても、純度の高いライン信号伝送を実現します。
ライン出力側も同様に、アンバランス伝送用の 3.5mm/3 極端子と、バランス伝送用の 2.5mm/4 極端子を装備しています。アンバランスのライン出力は、0.7V、1V、1.25V、2Vrms の 4 段階で出力を設定できるので、接続する機器にあわせた設定が可能です。

 

また、USB Audio 出力と USB DAC 使用時の入力を兼ねた Micro-B 端子を、独立した形で搭載しました。充電・データ転送用 USB コネクタを個別に搭載しているので、USB 電源があれば、電池の残量を気にせず連続再生が可能となりました。

大容量バッテリー搭載による連続再生時間の向上だけでなく、持続的に使える要素も追加した部分も大きいでしょう。

 

 

3.新デザイン

KANN のデザインは、雄大な氷壁がデザインコンセプトとなっています。

ユニークで継ぎ目のないデザインは、耐久性がありながら洗練された外観を提供し、新設計のボリュームホイールは操作性にもすぐれ、片手で簡単に音量調整ができます。

 

新設計のボリュームホイールは非常にスムーズな動きでボリューム調整が楽にできます。

大きさの割には手の収まりが良く、ボリュームホイールも調整しやすい位置にデザインされている印象がありました。

再生や曲送りの物理ボタンで操作ができる点も好印象でした。

もちろんタッチディスプレイでの操作も可能です。

 

 

4.新たなサウンド

気になるサウンドですが、変な色づけがなく、アナログライクな自然な鳴りが良いなと感じました。

今までのAKプレイヤーのサウンド傾向とは少し違う感じがしました。

 

これまでのプロダクトラインとは違う「Performance Line」の新作機種として、リリースされたこともあり、今までのサウンド傾向とは違い、プレイヤーの音作りも意識的に変えているのかもしれません。

 

 

発売日・販売価格について

 

詳細な発売日、価格は未定ですが、12〜3万円前後の販売価格。

シルバーが5月中旬頃に発売、ブルーが6月と、時期が少しずれて発売になります。

情報が更新され次第、当店でもご予約開始いたします!

乞うご期待ください!

 

(4.28追記 シルバーの発売日、価格が決定!)

発売日(Astro Silver)

2017年5月19日(金)

 

(5.20追記 ブルーの発売日、価格が決定!)

発売日(Eos Blue)

2017年6月2日(金)

 

販売価格

 

Astell & Kern/KANN Astro Silver ¥118,280-(税込)

Astell & Kern/KANN Eos Blue ¥118,280-(税込)

 

お問い合わせ先

友だち追加

主要DAWを極める!選任スタッフが各主要DAWの最新情報と特徴を徹底チェックしてユーザーをサポートします☆
Pro Tools Pro Tools
Cubase
St-One
live
BITWIG
D.P.
Sonar
FL-st
Logic
Sibelius
Finale