宮地楽器神田店オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
Avid Zone Pro
Premium Line
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382
>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • HD版もNative版も、McDSPの単体プラグインがすべて50%OFF!10月5日(月)まで。
    yan
  • 2016 WINTER NAMM : YAMAHA 新たなフラッグシップMONTAGEはシンセであり「楽器」
    ハマ
  • 2016 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ澤田編
    ハル
  • 【応募受付終了】KOMPLETEシリーズのセミナー"TAKE KONTROL"が2015年1月11日に開催決定!
    中西亮詞
  • ライバルに差をつけるプロのミックステクニックを伝授!Mixテクニックセミナー開催!
    松重行正    
  • <更新>Pro Tools 11/HD11で動作保証されるAppleコンピューター
    セバスチャン
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/澤田
    SatoruOhtani
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/小松
    SatoruOhtani

profile

書いた記事数:2463 最後に更新した日:2017/11/20

話題の製品を実際に試してみたらこうだった! Accusonus/Regroover

この記事は2017.08.28 Mondayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

新感覚サンプラーを使いこなせ!

「話題の製品を実際に使ったらこうだった!」と題しまして、神田店レコーディングスタッフが、実際にしっかりと使ってみて話題の製品の実力を実体験レビューするシリーズ!今回ご紹介するのは、「Accusonus/Regroover」です。久しぶりにちょっとマニアックですがかなり使えます。

Accusonusは以前から「ERA」シリーズというノイズ除去系のプラグインやドラムトラックの要らないカブリを取り除く「Drumatom」と言ったプラグインをリリースしているメーカーです。その音響解析技術をフルに使ったクリエイター向けのプラグインをリリースしてきたわけです!

 

何が出来るかを簡単にいうと、取り込んだドラムループ等をキック、スネア、ハットと言ったパーツごといバラバラにしてくれます。まあ、ここまではかなり前から出来ましたがこの「Regroover」の凄いところは従来のアタックでの分離以外に音域でもバラけます。どういう事かというと、今までの同様のソフトだと1拍目のキックとハイハットが同時に鳴るところは、2つの音が同時に鳴る(鳴っ

ちゃう)1つのサンプルにしかなりませんでしたが、Regrooverで解析するとキックの1拍目とハイハットの1拍目のが別れたトラックになります!

 

(HIPHOP系ドラムループをRegrooverに読み込んだ画面です)

 

使い方はかなり簡単です。バラバラにしたいループ(30秒以内)を「Regroover」にドラッグ&ドロップします。そうすると自動で解析(数秒)を初めます。解析が完了したら、上の画像の様に自動で4つのトラックに分かれます。なんと各トラックは、Vol、PAN、アタックやリリースを個別に調整することが出来ます。デフォルトでは4つのトラックに分かれますが、右上のANALYSISのパラメータでで最大6トラックまで分離可能かつ解析の精度も調整できます。

 

各トラックはDAWにパラアウト可能なので、スネアのトラックだけにリバーブを足す、ハイハットにフィルターを掛けるなんて事もできます。ここまででも充分なところ、各ループの中で不要な要素は消しゴムツールで消したり、各トラックの中で任意の場所を抜き出して、右下のPADにアサイン(※PROのみ)することが出来ちゃうのでかなり自由度が高いサンプラーの様な使い方が出来ます!

 

トラックを作るときにもかなり重宝しそうなのですが、個人的にはMIXでも使えるのではと思っています。例えば、クライアントから送られてきたパラデータのなかに元々がループ素材のトラックがあったとして、それの「ハイハットだけうるさいな、、」「低音が効きすぎ、、」「この最後のチキチキだけ要らない」なんて思ったら、EQやマルチバンドコンプで処理する前に「Regroover」で一端調節したほうが良い結果になりそうですよね!

 

使う人次第で使い方がどんどん進化しそうな製品ってワクワクしますよね〜!気になってきた方はこちらのチュートリアルをCHECKしてみてください。VOl.4まで見ればもう欲しくなるはずです!

 

製品・販売価格一覧

Accusonus REGROOVER PRO  ¥25,650(税込)

Accusonus REGROOVER ESSENTIAL  ¥11,610(税込)

 

お問い合わせ先

 

記事担当/澤田

友だち追加

主要DAWを極める!選任スタッフが各主要DAWの最新情報と特徴を徹底チェックしてユーザーをサポートします☆
Pro Tools Pro Tools
Cubase
St-One
live
BITWIG
D.P.
Sonar
FL-st
Logic
Sibelius
Finale