宮地楽器神田店オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
Avid Zone Pro
Premium Line
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382
>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • HD版もNative版も、McDSPの単体プラグインがすべて50%OFF!10月5日(月)まで。
    yan
  • 2016 WINTER NAMM : YAMAHA 新たなフラッグシップMONTAGEはシンセであり「楽器」
    ハマ
  • 2016 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ澤田編
    ハル
  • 【応募受付終了】KOMPLETEシリーズのセミナー"TAKE KONTROL"が2015年1月11日に開催決定!
    中西亮詞
  • ライバルに差をつけるプロのミックステクニックを伝授!Mixテクニックセミナー開催!
    松重行正    
  • <更新>Pro Tools 11/HD11で動作保証されるAppleコンピューター
    セバスチャン
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/澤田
    SatoruOhtani
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/小松
    SatoruOhtani

profile

書いた記事数:2418 最後に更新した日:2017/10/20

自分ならこれを買う2017!スタッフ登井:RME/Babyface Pro

この記事は2017.09.09 Saturdayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

自分ならこれを買う2017!RME Babyface Pro

実際に製作に携わるスタッフが多いのも宮地楽器の特徴です!つまり私たちも常に皆様と同じニーズを持っています。

「自分ならこれを買う2017!」と題しまして、そんな宮地楽器のスタッフが「予算やスペースを気にせずに今の自分の環境にどの製品を追加するか?」というテーマで、各自が気になる製品を選んでみました。日々大量に更新される情報の中で、販売のプロが「実際に自分が使うこと」を基準で選んだ製品を是非チェックしてみてください。

 

私 登井は、 オーディオインターフェース部門より「Babyface Pro」をチョイスです。

 

現状の悩み

私が今使用しているオーディオインターフェースは、Babyface Proとよく秤にかけられる「audient/iD22」です。iD22も本当に本当に大好きな機種で、音質・機能・デザイン共に全く不満はありません。ただ、私の環境やよく行う作業などから、以下のことができるようになればもっと嬉しいなと常々思っています。下記「ここがPoint!」にて、iD22とBabyface Proのちょっとした機能差を、私の抱えている悩みと一緒にご紹介します。

 

先述しますが、機能差についてはあくまで「好み」です。iD22の最も大きな特徴である「上質なマイクプリ&AD/DA」については、他の何にも変えられません…!

 

 

ここがPoint!

Point 1:バスパワー駆動

私はMacbookユーザーで、ベッドの上やリビング、喫茶店など、家の内外問わず色々なところで作業しています。iD22は電源供給が必要なため、移動後の設置がいちいち面倒で、ついつい「Macのヘッドホンアウトでいいや…」と宝の持ち腐れをしてしまっています。

Babyface Proは、USB1本のバスパワーでコンデンサマイクも使えるほど安定した電源供給がされるため、電源の心配をする必要がありません。UCX以上のモデルをあえて選ばなかった理由はコレです。

 

Point 2:ソフトウェアループバック機能

Totalmixで、とにかく自由なルーティングが簡単にできる。これがRME社のインターフェースの1番の特徴だと私は思います。iD22にはソフトウェアループバック機能が搭載されていません。「ループバックさえできれば、コライトやアレンジの打ち合わせのときに、通話アプリにリアルタイムに音を送れるのになあ…」と常々思っています。他にも動画配信などの際には、「自分の声にリバーブを掛けて、DAWやiTunesからオケを流す」といったことも楽にできちゃいますね。

 

 

Point 3:全てをソフト上で制御可能

Babyface Proはアウトプットのボリューム等も含め、全てソフトウェア制御が可能なタイプのインターフェースです(もちろんハードでもコントロールできます)。逆にiD22は、インプットゲイン・メインアウト・ヘッドホンアウトのコントロールについては、ハードについているつまみでしか制御できないタイプです。

これに関しては完全に好みで、例えばスタッフR.K.は「ソフトではなくハードで制御したいタイプ」だそうで登井とは真逆の意見です。私は全部画面の中でコントロールを完結させたい派。とにかく1cmでも動きたくないからです。

 

Point 4:おしゃれで小さい・音も良い

指紋とほこりが目立たない素材、ポケットに入る小さなサイズ、すっきりクールな高解像度のサウンド、全てを備えたモデルだと思います。ブレイクアウトケーブルも必要なく、スタンドアロンでも機能する。ドライバの安定性も抜群です。音質にもうるさく、細かい機能性にもうるさく、めんどくさがりな方にとって、最強のオーディオインターフェースではないでしょうか。

 

 

代理店製品ページ

https://synthax.jp/babyface-pro.html

 

関連記事

話題の製品を実際に試してみたらこうだった!RME BabyFace Pro Vol.0

http://miyaji-parec.jugem.jp/?eid=1498

 

話題の製品を実際に使ったらこうだった!Audient/iD22

http://miyaji-parec.jugem.jp/?eid=902

 

製品・販売価格一覧

RME Babyface Pro ¥99,800-(税込)

お問い合わせ先

 

 

記事担当/登井(とい)

友だち追加

主要DAWを極める!選任スタッフが各主要DAWの最新情報と特徴を徹底チェックしてユーザーをサポートします☆
Pro Tools Pro Tools
Cubase
St-One
live
BITWIG
D.P.
Sonar
FL-st
Logic
Sibelius
Finale