宮地楽器神田店オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
Avid Zone Pro
Premium Line
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382
>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • HD版もNative版も、McDSPの単体プラグインがすべて50%OFF!10月5日(月)まで。
    yan
  • 2016 WINTER NAMM : YAMAHA 新たなフラッグシップMONTAGEはシンセであり「楽器」
    ハマ
  • 2016 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ澤田編
    ハル
  • 【応募受付終了】KOMPLETEシリーズのセミナー"TAKE KONTROL"が2015年1月11日に開催決定!
    中西亮詞
  • ライバルに差をつけるプロのミックステクニックを伝授!Mixテクニックセミナー開催!
    松重行正    
  • <更新>Pro Tools 11/HD11で動作保証されるAppleコンピューター
    セバスチャン
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/澤田
    SatoruOhtani
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/小松
    SatoruOhtani

profile

書いた記事数:2524 最後に更新した日:2017/12/13

Empirical Labs Distressorをモデルとしたプラグイン「FG-Stress」が発売!

この記事は2017.09.28 Thursdayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

Slate Digitalから新製品FG-Stressがリリース!

Slate Digitalの新たなスタンダードとして注目を集めるVMRの追加モジュール 「FG-Stress」が発売となりました。登場以来、世界中のスタジオで活躍し続けるEmpirical Labs/Distressorの機能とサウンドを、Empirical Labs社のライセンスを受けて忠実に再現したSlate Digital初の公式エミュレーション・ソフトウェアの登場です。

※VMRラックは無償でバンドルされますので、FG-Stress単体でもご使用頂けます。

FG-Stress - Precise Distressor Emulation

FG-Stressはオーディオ業界で最も愛用されてきたアナログコンプレッサーの1つであるEmpirical Labs Distressorをエミュレートするプラグインです。Distressorの独特な回路設計は一般的なコンプレッサーと比べて本質的に異なるものである為、あらゆる機能と側面を忠実にモデリングすることは容易なことではありません。

 


しかしながら、FG-StressはハードウェアのDistressorと同様にパンチィなVCAやファットなチューブコンプレッション、ヴィンテージオプトユニットのサウンドをエミュレートすることが可能です。

 

発表当時の弊社記事はこちら : 2016 AES Show Report!Day2:Slate Digital Part 1

http://mp-review.jugem.jp/?eid=336

 

Distressorとは?

元となるEmprical Lab/Distressorはスタジオワークにおいて定番機種となっている1UのCompressorです。特徴的なのは「1台でなんでもできる!」と言われる程のサウンドメイクの幅広さ。実機ではAUDIOボタンを押していくと"DIST2"、"DIST3"と設定が切り替わっていき、それぞれ二次倍音、二次倍音に加え三次倍音が付加されていきます。DIST2はチューブでの歪みを再現し、DIST3ではテープ系の歪みを再現するという具合です。

様々なセッティングが可能で、オプトカプラ-(光)やFET、3極または5極真空管、MUタイプなど様々なCompressor Typeをリアルに再現できるという仕組みです。有名なところでは1176やLA-2A、Fairchild、DBX 160などの名前が良く挙がります。

 

DistressorはクラシックなCompressorと同様に、Thresholdが固定されており、Inputの増減で掛かり方を制御します。倍音についても使い所は様々ですが、個人的にはメインを張るようなボーカルなどはDIST2、ドラムバスや打ち込み系の音源にはDIST3を使ってあげると良い効果を生み易いと思っています。

 

本国Slate Digitalのサイト上では実機との比較ができるようサウンドファイルが多数アップされています。正式にライセンスを受けた製品だからこその公式比較ですね!

http://slatedigital.com/fg-stress-audio-comparisons/

 

販売価格について

販売価格

Slate Digital/FG-Stress ¥30,240-(税込)

※2017年9月28日現在、イントロプライス¥23,760-(税込)にて販売中!

 

お問い合わせ先

友だち追加

主要DAWを極める!選任スタッフが各主要DAWの最新情報と特徴を徹底チェックしてユーザーをサポートします☆
Pro Tools Pro Tools
Cubase
St-One
live
BITWIG
D.P.
Sonar
FL-st
Logic
Sibelius
Finale