宮地楽器神田店オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
Avid Zone Pro
Premium Line
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382
>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • HD版もNative版も、McDSPの単体プラグインがすべて50%OFF!10月5日(月)まで。
    yan
  • 2016 WINTER NAMM : YAMAHA 新たなフラッグシップMONTAGEはシンセであり「楽器」
    ハマ
  • 2016 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ澤田編
    ハル
  • 【応募受付終了】KOMPLETEシリーズのセミナー"TAKE KONTROL"が2015年1月11日に開催決定!
    中西亮詞
  • ライバルに差をつけるプロのミックステクニックを伝授!Mixテクニックセミナー開催!
    松重行正    
  • <更新>Pro Tools 11/HD11で動作保証されるAppleコンピューター
    セバスチャン
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/澤田
    SatoruOhtani
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/小松
    SatoruOhtani

profile

書いた記事数:2799 最後に更新した日:2018/09/19

話題の製品を実際に試してみたらこうだった!AKG/C636

この記事は2018.05.28 Mondayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

試してみた!AKGハンドヘルドマイク「C636」のサウンドレビュー

神田店レコーディングスタッフが、実際にしっかりと使ってみて話題の製品の実力を実体験レビューする本シリーズ!今回は、AKG ハンドヘルド・コンデンサ・マイクロフォンのフラッグシップモデル、「AKG/C636」です!

 

AKGの手持ちマイクの中で最もハイエンドな本製品。2017年1月のNAMM SHOWで発表されて以来、日本での発売を心待ちにしていた方もきっと多いかと思います。

今回は、実際に男性ボーカルを録音した音源をご紹介し、本製品の音質の魅力をご紹介いたします。

 

 

AKG C636 製品概要

AKGハンドヘルドマイクのフラッグシップモデル。発売より長らくプロのステージで高い評価を受けている、AKGの最上位ハンドヘルド型マイク「C535 EB」の抜けが良く華やかなサウンドを踏襲しています。

 

 

構造

カプセルを「グリル」「高密度スポンジ・フィルター」「マグネット着脱式メタル・フィルター」の3層で保護した構造です。

複数の技術の組み合わせで、様々なノイズを極限まで低減することが可能です。

 

カプセル

重厚な土台と、振動を吸収しやすいゴムを使用したショックマウントがカプセルを支えています。これらでダイアフラムを制振することで、ハンドリングノイズや、本体の共振から発生するノイズなどの影響を受けづらい仕組みになっています。

 

 

 

マグネット着脱式メタル・フィルター

一番外側のグリル(アミアミの部分)を取り外すと、中にもう一つ、磁石で着脱ができるフィルターが入っています。

 

↑マグネット着脱式メタル・フィルターを装着した状態

 

↑外した状態

 

 

グリル&高密度スポンジ・フィルター

グリルの内側には、スポンジが取り付けられています。これは最も定番のSHURE/SM58-LCE等とも同じ構造ですが、AKG/C636は非常に密度の高いスポンジが使用されており、よりポップノイズへの耐性が強くなっています。

 

↑グリル内側の接写。ブレていてすみません…

 

この3層構造によって、ポップノイズをはじめ、中高域のノイズの影響を最小限に抑えることが可能となっています。

 

 

ハイパス・フィルター

80Hz以下をカットするハイパス・フィルターのスイッチが、本体背面についています。ライブなど低音を拾ってしまいやすい環境で、声以外の不要な成分をカットできます。

 

↑背面のスイッチ。つまようじやシャーペンの先などで切り替えられるようになっている、窪んだタイプのスイッチなので、ライブ中に誤って切り替えてしまったりといったリスクもありません。

 

 

上記で紹介したような技術を用いて、様々なノイズを極限まで抑えています。そのためS/N比(※)が非常に良く、いわゆる「原音忠実」なサウンドを作り出すことが可能となっています。

(※S/N比=シグナル対ノイズ比。本来必要な音に対するノイズの割合)

 

 

AKG C636で、ボーカルを録音してみた!

AKG/C636のサウンドを、実際に録音してみました!

 

 

AKG/C636は、非常にナチュラルなサウンドだと感じます。解像度や分離感はもちろん高く、ちょっとしたニュアンスもしっかりと伝わってくれるのですが、それを誇張しすぎることもありません。

私は最初にサウンドを聴いた時に、「奥行き感がある!」だったり「すごく色気があるね!」といった、何か特徴的な感想を抱くことはありませんでした。それが、このC636の良さだと思います。「マイクを通した」という色付けを感じさせない、原音忠実で非常に自然なサウンド。ボーカリストの良さや個性を、そのまんま聴き手にパスしてくれるマイクだと感じました。

 

ひとつサウンドの特徴を挙げるとすれば、高音の抜けが良いことでしょうか。音の重心も高すぎず低すぎず丁度良い場所にあるので、しっかりと声の芯を捉えつつも、安定して音が抜けてくれます。バンド馴染みも良く、華やかな印象も与えてくれるでしょう。

また、指向性が割と鋭めだと感じたので、コンデンサ特有の「周りの音を拾いすぎる」というリスクが軽減されています。「感度が良すぎてハウるんじゃないか…」とコンデンサに手を出せなかった方も、このマイクはぜひお試し頂きたいなと感じさせてくれました。
 

今回は騒音の少ない静かな環境で録音したので、ハイパス(ローカット)とそうでないサウンドの違いがあまり明確には出ませんでしたね…。それでもハイパスをONにした2番めの音源は、よりスッキリとした聴き心地になっているのが分かります。これは実際に使用する現場の環境と、ボーカリストさんの声質によって、その場でON/OFFを決めるような形で探るのが良いでしょう。

 

まとめ

AKG/C636、いかがでしたでしょうか。やはりフラッグシップなだけあって、価格もハンドヘルドマイクの中では「高い部類」に属します。それでもトータルで見て、この価格を出すだけの価値はあるマイクだと思います。フラッグシップの名を冠するにふさわしい製品です。

 

より質の良いハンドヘルドマイクをお探しの方は、ぜひ本製品も選択肢のひとつとしてご検討頂ければ幸いです。

当店 宮地楽器神田店には、店頭でお試し頂けるデモ機もございます。ぜひ皆様のご来店をお待ちしております。

 

 

製品・販売価格一覧

AKG/C636 ¥64,800-(税込)

 

お問い合わせ先

 

記事担当:登井/ボーカル:足立

 

友だち追加


関連する記事

主要DAWを極める!選任スタッフが各主要DAWの最新情報と特徴を徹底チェックしてユーザーをサポートします☆
Pro Tools Pro Tools
Cubase
St-One
live
BITWIG
D.P.
FL-st
Logic
Sibelius
Finale