宮地楽器神田店オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
Avid Zone Pro
Premium Line
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382
>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • HD版もNative版も、McDSPの単体プラグインがすべて50%OFF!10月5日(月)まで。
    yan
  • 2016 WINTER NAMM : YAMAHA 新たなフラッグシップMONTAGEはシンセであり「楽器」
    ハマ
  • 2016 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ澤田編
    ハル
  • 【応募受付終了】KOMPLETEシリーズのセミナー"TAKE KONTROL"が2015年1月11日に開催決定!
    中西亮詞
  • ライバルに差をつけるプロのミックステクニックを伝授!Mixテクニックセミナー開催!
    松重行正    
  • <更新>Pro Tools 11/HD11で動作保証されるAppleコンピューター
    セバスチャン
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/澤田
    SatoruOhtani
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/小松
    SatoruOhtani

profile

書いた記事数:2827 最後に更新した日:2018/10/13

Pro Tools 11 リリース直前!スクリーンショット公開!

この記事は2013.06.21 Fridayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)
Pro Tools 11リリースが間近!

ということで、先日Avid Japan 本社でPro Tools 11の画像を一部入手いたしましたので、
レビューいたします。
※製品画像は開発中のもののため、製品とは異なる場合がございます。
あらかじめご了承ください

>>Pro Tools 11詳細記事(宮地楽器HP)
>>Pro Tools 11価格詳細記事(宮地楽器HP)
>>Pro Tools 11発売記念!Eleven Rackを新規購入で選べるプレゼント!(宮地楽器HP)
>>Pro Tools 無料セミナーご案内(7/6、7/20)

DSCN9869.jpg

まず、こちらがPro Tools 11の編集ウィンドウです。
基本的には、Pro Tools Ver 8からのGUIを引き継いでいますね。

と、次の画像をご案内する前に、Pro Tool 11の特徴をざっとおさらいします。

<Pro Tools 11の特徴>
• 64-bit パフォーマンス
• AAE Avid Audio Engine
• AVE Avid Video Engine
• 新たなWorkspace 機能
• EUCON 3.0
• 先進的なメーター表示機能
• 進化したミキシング・ワークフロー
• HDへのSatellite Link 標準搭載
• UI改良
• Retina 対応
• オフライン・バウンス

こちらをふまえた上で、画像をご覧ください。
それでは、細かく見ていきましょう。

DSCN9875.jpg

オーディオエンジンがDAEから、AAE(Avid Audio Engine)に変わります。
そのことで、マルチコアプロセッサーを効率的に使用することができます。
こちらの画像は、システム使用状況ですが、上段をご覧ください。
CPUのどのコアでどれだけの負荷がかかっているか、見れるようになりました。

DSCN9876.jpg

さらに、プレイバックエンジンも今までと異なる点があります。
「低レイテンシーインプットバッファー」というのもPT11の特徴ですが、
ここで表示される「HW Buffer Size」は、「REC時のバッファーサイズ」となるようです。
プレイバック時には、セッションのサンプルレートによって予め設定されたバッファサイズで再生されるとのこと。
つまりは、RECとプレイバックでそれぞれ異なるレイテンシーでバッファサイズがインテリジェントに切り替わる、ということです。

それに伴い、こちらの画面では、ホストプロセッサの設定は削除となりました。
※CPU使用 限度の削除、エラー抑制オプションの削除。遅延補正は常に有効になっています

そして、これもまたPT11の特徴ですが、
「新しいダイナミックプロセッシング・ オプション」が強力です。
よい画像が撮影できなかったので、言葉での説明となりますが、
「各トラックの中で決められた時間/レベルの音声が再生されないときには、CPU負荷を大幅に小さくできる」ということです。
つまり、トラックの中で数秒しか音がないトラックであれば、再生区間以外は大幅にCPU負荷を下げられるということです。
今まで以上にCPU負荷を下げられるため、より大きい規模のセッションが作れることとなります。

DSCN9884.jpg

そして、皆様お待ちかねのオフラインバウンスです。
こちらはPro Tools HD11の画像ですが、一番下に小さく「Offline」と書かれています。
セッション規模、プラグインの使用状況によって、スピードは変わってきますが、
リアルタイムよりも高速なバウンスが可能です。
※バウンス中は、速度が表示されます
※新たなAAEにより、オフラインバウンスが可能となっています。Avid社に確認したところ、この新たなAAEにより、オンラインバウンス/オフラインバウンスでの出来上がったファイルの音質は「同一」ということでした

やり方によっては、他のDAWでいうところの「フリーズトラック」的なことも可能です。

DSCN9889.jpg

なお、Pro Tools HD11のみの機能となりますが、複数ステムの同時バウンスが可能です。
つまり、アサインされたバスを選択して、バウンスできます。
ステレオでのバウンスと、MP3でのバウンスも同時にできます。

DSCN9902.jpg

こちらはミックスウィンドウです。
Pro Tools 10よりも、30%長いスケールとなっており、メーターが高解像度となっています。

さらにPro Tools HD11では、17種類のメーターが選択可能。ゲインリダクション表示も可能です(この写真でいうところの、オレンジ色のメーター)。

そしてなんと、エディットウィンドウのツールバーと、
トランスポートウィンドウ上でもアウトプットメーターを表示可能です(PT11/HD11標準機能)。
エディットウィンドウで集中的に作業している方には、嬉しい機能となっています。

加筆しますと、メーターが高解像度となったことにプラスして、Ver 11ではRetina グラフィックに対応しています。
波形の表示やメーターの表示など、とてもきれいに表示可能となっています。

DSCN9915.jpg

そして気になるプラグインの問題。
Pro Tools 11では、従来の「RTAS」、「TDM」は非サポートとなり、
64bitの「AAX Native」、「AAX DSP」のみの対応となります。

開発中のものですが、WavesのAAX Nativeで使用できているスクリーンショットを入手!
http://www.wavesupport.net/content.aspx?id=4396

DSCN9920.jpg

プラグインについても、操作性が向上しています。
いちいちプラグインを表示しなくとも、プラグインのバナーを右クリックすると、
プラグインのプリセットを選択/ロード可能です。

DSCN9928.jpg

操作性の向上は、他にも言えることですが、
キーボードショートカットが沢山増えています。
例えば、プラグインインサート/センドをバイパスすることも可能です。

DSCN9936.jpg
これは細かいことですが、クリックプラグインも新しくなっています。
1と2のクリックをミックスすることができますし、クリック音の選択の幅が増えています。
ボーカリストや楽器のプレイヤーには朗報ですね。


DSCN9954.jpg

特にクリエーターの方にご質問をいただいていましたが、
Pro Tools 11でも、Ver 8以降無償でバンドルされていたAIR音源プラグインは、
Ver 11でも無償バンドルされますし、AAX Native対応となります。
※Strike、HybridなどのPro Tools Instrument Expansion Packの音源プラグインも、AAX Native対応となります

<その他新機能、情報>
1.トランスポートフェードインオプション
※最大4秒のフェードタイム
※プレイバックの際に大音量でのアタック音を回 避するのに役立ちます

2.Pro Tools 11には、しばらくPro Tools 10のライセンスが同梱

3.Pro Tools 11とPro Tools 10は、同一のHDDボリュームで同居が可能(Pro Tools 10.3.6が必要)

4.Pro Tools 11は、リリースは2013年6月下旬予定

以上となります。
現段階ではPro Tool 11はリリース前ですが、Pro Tools 11の期待度はさらに上がってしまいますね。
リリースされましたら、改めて情報を公開いたします。

>>Pro Tools 11のご購入はこちらから(宮地楽器HP)


記事:澤口

友だち追加



主要DAWを極める!選任スタッフが各主要DAWの最新情報と特徴を徹底チェックしてユーザーをサポートします☆
Pro Tools Pro Tools
Cubase
St-One
live
BITWIG
D.P.
FL-st
Logic
Sibelius
Finale