宮地楽器神田店オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
Avid Zone Pro
Premium Line
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382
>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • HD版もNative版も、McDSPの単体プラグインがすべて50%OFF!10月5日(月)まで。
    yan
  • 2016 WINTER NAMM : YAMAHA 新たなフラッグシップMONTAGEはシンセであり「楽器」
    ハマ
  • 2016 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ澤田編
    ハル
  • 【応募受付終了】KOMPLETEシリーズのセミナー"TAKE KONTROL"が2015年1月11日に開催決定!
    中西亮詞
  • ライバルに差をつけるプロのミックステクニックを伝授!Mixテクニックセミナー開催!
    松重行正    
  • <更新>Pro Tools 11/HD11で動作保証されるAppleコンピューター
    セバスチャン
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/澤田
    SatoruOhtani
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/小松
    SatoruOhtani

profile

書いた記事数:2199 最後に更新した日:2017/05/25

【Mohog Audio】1176にして1176に非ず、本当に使える堅実なコンプレッサー"MoFET76"

この記事は2013.11.16 Saturdayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)



世界中のレコーディングエンジニア達が使用して来たUREI 1176。

説明不要の伝説的なコンプレッサーであり、これまで数々のコピーモデルが誕生して来ました。


この「MoFET76」もそのうちのひとつ。UREI 1176 Rev.Fをモデルとして作られています。

製品バリエーションは以下の3種類があります。



MoFET76 ¥168,000


ToneflakeCustom Stage2 ¥252,000


ToneflakeCustom Stage2 "UTC-O12" 限定モデル ¥283,500
※在庫状況はお問い合わせ下さい

宮地楽器神田店:03-3255-2755



それぞれの違いは?と申しますと、これがなかなか面白いのでご紹介します。


まず、MoFET76はアウトプットトランスが2種類あり、前面スイッチで切替が可能です。

つまり、1台のコンプレッサーで音色が2つ選べるということです。


Carnhillはタイトな掛かり方ながら素直、カスタムEdcorトランスはパワーのある気持ちのいい音色です。





S/Nもかなり良く、モダンテイストな1176といったサウンドで大変使い易いです。




続いてはToneflakeCustom Stage2

こちらは入出力「TONEFLAKEカスタム・トランス」が搭載されています。


1176の音の特徴は回路そのものよりも入出力トランスに依るところが大きいですが、

今となっては当時のトランスの入手は非常に困難です。


なので、このカスタム・トランスは逆転の発想です。

こちらは当時のUREI1176のトランスを開発したエンジニア本人が当時の設計図を元に制作しています。

そのおかげでオリジナルの音色の再現はもちろん、より艶のあるサウンドを実現しています。


通常版にあるトランス切替は出来ませんが、この理由をToneFlake代表佐藤氏にお伺いしたところ

「このサウンドであれば選ばせる必要がありません。」

とのことでした。それだけ完成度の高い、進化したMoFETと言えます。




最後に、限定モデルのUTC-O12ですが、これは一言で説明が出来ます。

こちらは入力に「当時のオリジナル・トランス」を使用しています。

なので、場合によっては二度と手に入らないかも知れません。数量限定です。


音を聴いてみたところ、Rev.Fに近い…
というより状態の良いチューンされたRev.Fという感想を抱きました。

希少価値の高いプレミアムなMoFET76 UTC-O12。そのサウンドも本当に優秀です。







さて、そんな多種多様なMoFET76シリーズ。

なぜ皆さんがこの機種を好んでご購入されるのでしょうか。




これはもはや極論ですが、UREI1176の音が欲しいならUREI1176を買えば良いだけのことです。

当店にもRev.F実機はございますし、この音はこの個体にしか出せない、というのは間違いありません。

そして、そのサウンドも本当に素晴らしいものです(ぜひ聴きに来て下さい!)。



一方、MoFET76は「ビンテージ寄りのサウンドで、ビンテージのように気を遣わず、ハードな現場でもガンガン使って行ける優秀なコンプレッサー」です。音も非常に良いです。


定期的なメンテナンスが必要で、少しの衝撃さえも与えたくないビンテージ機材と違い、
この最新のコンプレッサーはパーツも組み込み技術も洗練され非常に堅牢です。

新品なのでパーツの劣化も無縁ですし、メンテナンスだってビンテージに比べれば安価です。


サウンドバリエーションを選べる通常MoFET76は1台で2度美味しい、コストパフォーマンスに優れた機種。そして、よりRev.Fに近付けたい方はToneFlakeというチョイスもあります。


諸々の理由から、ブランドを気にせず「本当に使えるコンプレッサー」をお考えの方に特にオススメしたいと思っています。


当店では先ほども話に上げたUREI1176と聴き比べられる環境をご用意しております。
是非ご来店の上ご検討頂ければ幸いです。


それでは、簡単ながらMoFET76のご紹介でした。皆様のご注文、心よりお待ちしております。






■メーカーサイト
http://www.miyaji.co.jp/MID/product/mohog/fet76.php


 


主要DAWを極める!選任スタッフが各主要DAWの最新情報と特徴を徹底チェックしてユーザーをサポートします☆
Pro Tools Pro Tools
Cubase
St-One
live
BITWIG
D.P.
Sonar
FL-st
Logic
Sibelius
Finale