宮地楽器神田店オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
Avid Zone Pro
Premium Line
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382
>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • HD版もNative版も、McDSPの単体プラグインがすべて50%OFF!10月5日(月)まで。
    yan
  • 2016 WINTER NAMM : YAMAHA 新たなフラッグシップMONTAGEはシンセであり「楽器」
    ハマ
  • 2016 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ澤田編
    ハル
  • 【応募受付終了】KOMPLETEシリーズのセミナー"TAKE KONTROL"が2015年1月11日に開催決定!
    中西亮詞
  • ライバルに差をつけるプロのミックステクニックを伝授!Mixテクニックセミナー開催!
    松重行正    
  • <更新>Pro Tools 11/HD11で動作保証されるAppleコンピューター
    セバスチャン
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/澤田
    SatoruOhtani
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/小松
    SatoruOhtani

profile

書いた記事数:2199 最後に更新した日:2017/05/25

ここを押さえればあなたもきっと欲しくなる「DiGiGrid」7つのポイント!

この記事は2014.12.26 Fridayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)
一年以上前の記事なりますが、一部を除きようやく発売開始になりましたので、多少の加筆修正を加えながら今一度おさらいしていきましょう!
つい先日店舗にもデモ機の設置完了し、毎日このレイテンシーの無さを楽しんでおります(笑)
体感上実際にどれくらいレイテンシーが無いかを分かりやすく言うと、ギターやマイクのワイヤレスよりも感じません!特にプラグインをByapssした状態(プラグインは微小ですが固有のレイテンシーがあります。)を来店頂いたギターリスト数人に弾いて貰いましたが、みんなニヤニヤしてしまう(笑)そんなレベルです!個人的にはプラグインを何個かインサートしていても全く違和感は感じませんでした。
以下、昨年行われた発表会のレポートになります!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
DiGiGridのイメージって「なんかWavesのCPU処理が出来るイーサネット接続のAudio I/Fが出るらしいよ」くらいの認識のお客様も多いのではないでしょうか?正直、私自身も「最近のMacはかなり処理速度が高いから別に必要ないかな」とそこまで興味が引かれる事が無かったのも事実。いざ研修を受けみるとそんな筆者も「内容を知れば知るほど是非売ってみたい!」という感想になるほどの充実の内容でした!

各DiGiGridデバイスの細かいスペック等は代理店であるMedia IntegrationのHPをご参照頂くとして、カタログスペックではよく分からなかった点をまとめてみましたのでご参考になればと思います。

ちなみにProtoolsとの連携があまりにも素晴らしいのでProtoolsよりの文章になっていますが、CoreAudio、ASIOにも対応しており、LogicやCubaseといったその他のDAWでも同様の恩恵を受ける事が可能です!

>>>Wavesプロダクト・スペシャリストのダン・ペイジ氏の徹底解説も併せてご参照ください!

⑴ 0.8ms!脅威の低レイテンシーを実現!

現在業界最速と言われているAVID HDXシステムには及ばないものの、すばらしい結果をたたき出しています!主なフォーマットのレイテンシーは以下の感じです!

・HDX 0.44ms 

DiGiGrid 0.8ms

・HD Accel 0.96ms

・HD Native  1.7ms

・Fireiwre 5.3ms

・USB2.0 7.0ms

なんと!現在Native環境最速と言われているの「HD Native」の半分以下のレーテンシー!

ほんの数年前まで業界の標準であった「HD Accel」のシステムすらをも凌駕するレーテンシーで、Native環境最大の問題を克服しています!もちろん接続はイーサネットケーブルのみです!

更に後ほどご案内させて頂きます「Studio Rack」という専用のプラグインを使用すれば、Wavesのプラグインをインサート状態でも低レーテンシーでレコーディングをする事が可能です!

イーサネット端子さえあれば、専用のカードやシャーシ等を購入する事無くプロのレコーディング環境を実現出来る可能性を秘めています!

⑵ 最大512ch!最大96マイクプリの巨大システムを構築可能!

1つのネットーワークの中に最大8台までの「DiGiGridデバイス」を組み込む事が可能なため、12ch分のマイクプリを搭載する「IOX」を8台組み込めば12×8=96chのマイクプリを同時に使用できます!その全ての信号の流れをイーサネットで送る為にアナログに比べて劣化も少なく、従来チャンネルの数だけ必要だったケーブルも各機器を繋ぐ為の1本のイーサネットケーブルですむ為にコストパフォーマンスにも優れています。

使用するケーブルも専用のケーブルではなく市販されている通常のイーサネットケーブル(Cat 5 &Cat 6)なので、万が一断線等のトラブルが起きても比較的すぐに対応出来るのポイントです!

Sound Grid オーディオ・ネットワーク」と呼ばれるローカルネットワーク内に8台までのコンピューター(Mac、Windows問わず)を共存できます。例えば、Mac AにてLogicやCubaseで作ったデーターを別の場所にあるMac Bに立ち上がっているProtoolsに流し込む!なんて事も可能です。現在の所、Protoolsの規格や接続しているI/Fの数に依存(例えば、HD Nativeはその使用上、同時最大input数が32ch)しますが、最大で96chまで内部BUSで送る事が出来るそうで、世界最高峰のレコーディングスタジオである「AbbyRoad Studio」での実験も成功したとの報告も!

SoundGridオーディオ・ネットワーク」の管理には「Sound Grid Studio」という専用のソフトウェアで行います。まず起動すると全ての接続されている「DiGiGridデバイス」を自動で認識します。(※デモ機が入荷したタイミングで実際に行ってみましたが、専用ソフトをインストール後に最大でも5分くらいの時間でほぼすべての初期設定を自動で行ってくれました。)

その後、RMEユーザーにはおなじみのマトリクス画面でそれぞれの「DiGiGridデバイス」の入出力のパッチを柔軟に(機器をまたいでも可能)行う事が出来ます。標準的なミキサーの画面でボリュームやパン、マイクプリのゲイン設定等を行います。接続されているハードウェアの数が増えれば、その各機種の持っているI/Oの数だけ上下左右にマトリクス画面が伸びていきます。

これほどまでに巨大なシステムだと安定性等に不安が出てくる訳ですが、絶対に失敗の許されないライブシーンでも「Taylor Swift」や「Bruno Mars」といったワールドクラスのアーティスとのツアーを初め、先ほど開催されたロンドンオリンピックでも使用されたシステムなので何の心配もいりませんね!その抜群に安定したシステムにトッププラグインメーカーWavesのプラグイン処理能力とAvid HDXシステムへの統合されたシステムとして発展したわけです。

⑶ SSL Channelが240個同時起動!脅威の処理能力とCPUベースの利点 

UAD-2をはじめ、外部でプラグイン処理を行う製品は他にもありますが「DiGiGridサーバー」の一番の特徴はCPUで処理をしている点になります。他社がこぞってDSPによって処理を行っている所、「IOS」には Intel Core i3、「DLS」Core i5が搭載されています。

以前からRTASとTDMの関係の様に同じプラグインを使ってても、DSP処理とCPU処理だと音が違うという話がよくあります。AAXになったことで大分改善されていますが、依然として違和感を覚える人が居るのも事実です。

DAWで実際に使用には「Studio Rack」というWavesから提供されるプラグインを使用します。1台の「Studio Rack」の中に最大8台までのWavesプラグインを起動可能です。個別のプラグインのプリセットはもちろん、お好みの組み合わせでのプリセット保存も可能です。ちなみに既に発売されている「Multi Rack」とのプリセット互換もあります。

プラグインの処理を「Sound Grid Server」で処理をするかと、本体PCで処理をするかは「Studio Rack」内のボタン一つで簡単に切替する事が出来ます。「Sound Grid Server」の接続が切れると自動でCPU処理モードにかわります。モバイル環境や自宅での作業はCPUモードで行い、スタジオ等「Sound Grid Server」のある環境で突き詰めるなんて事も簡単に出来ます。逆に本体PCのCPUパワーさえ許せば、そこにしかない特別な機器(HDXシステムやUADシステム等)が無くても作業の続きが出来るのも大きな優位点だと思います。

特筆すべき機能として、ProtoolsのNative環境でプラグインを使用する場合、低レーテンシーモニタリングモードをONにすると全てのプラグインがバイパスされてしまいますが、「Studio Rack」はバイパスされる無いのでプラグインが掛かった状態のままレコーディングが出来ます。高価なDSPシステムに限りなく近い環境を実現するこの機能だけでも導入を検討する価値を感じます。

搭載されているCPUの処理能力は、なんとSSL Channel(Mono)が240個同時起動出来る程のパワーを持っているので、本体のPCのパワーと合わせればかなり大規模なセッションでも対応可能だと思われます。ちなみにNativeフォーマットのWavesをお持ちの方は、SoundGridフォーマットにアップグレードする必要がありますのでご注意下さい。

デモンストレーションを行って頂いたDigico社のダンさんの情報では、Brainworx社とSPL社が対応を表明してるとのこと!対応メーカーが増えればますます目が話せ居ない製品になる事間違いなしです!

⑷ ハードウェアも世界最高クラス!

SoundGridオーディオ・ネットワーク」やプラグインのCPU処理等のソフトウェアの部分に目が行きがちですが、実はハードウェアのスペックも凄いんです!

先ほど軽く触れたロンドンオリンピックで使用されたDigico社のフラッグモデルのコンソールと同じマイクプリ&AD/DAが搭載されています!特にマイクプリに関しては自信があるようで、おまけの様に搭載されている他社のAudio I/Fのマイクプリとは一線を画し、単体で販売されているマイクプリに匹敵するとのこと。

肝心の出音は、Apogee、RME、PrismSound等のトップクラスのI/Oと比較しても一切の遜色もなく、むしろ余計な癖が無いすこぶるバランスの良いサウンドです。これも世界的なコンソールメーカーの実力を感じることが出来ました。

⑸ 1台のI/Oを2つのDAWでシェア!

同じネットワーク内で最大2つのDAWにて1台の「DiGiGridデバイス」の入出力がシェアできます。例えば、スタジオAでマイクプリを2台使ってナレーションを録っている同じタイミングで、スタジオAで使用しなかった入出力をスタジオBでのバンドレコーディングに使用する事が出来ます。現在の所、CPU処理のシェアは出来ず1台のパソコンに対してのみ使用できるそうですが、将来的には出来る様になるかもしれませんね!

⑹ 過去の遺産も積極的に活用できます!

「DSL」or「DLI」を使用すればAVIDのHD I/Oをシリーズを接続する事が出来るので、以下の様なメリットがあります。

まず、Protools 11のタイミングで対応から外れてしまった192 I/Oや96 I/O等の旧AVID製品を再利用する事が出来ます。HDX CardからHD I/Oを直接繋いでもそれ以降に旧I/Oを繋ぐ事は現在でも可能です。

HDXから直接ではなく「DSL」or「DLI」の後に接続する事(HDX Card →DSL or DLI →HD I/O等)の利点をあげるとしたら、柔軟な「SoundGridオーディオ・ネットワーク」に組み込む事が出来るという事です。

例えば、まずファンの音がなかなかうるさいI/Oを全てマシンルーム等にしまいこんでしまいます。次に必要な長さのイーサネットケーブルを用意しましょう。

これだけでネットワーク上のどのコンピューターからも自由にかつ簡単にパッチング出来ます。「IOS」をご使用なら更にマイクプリの設定も全て手元で完了します。

様々なアウトボードを使いたい場合は、アウトボードから最短距離に「IOC」や「IOX」を設置し、そこからコンピューターまでは専用のケーブルではなく市販のイーサネットケーブル1本で完了します。他にMADI機器と連携を録りたい場合、HD MADIを購入するよりもかなり安価にかつ柔軟にシステムに統合出来ます。

次にNative環境でも高品位のAVID社のAudioI/Fが使用出来る点です。

レーテンシーの少なさ、プラグインの外部処理、コストパフォーマンス、シンプルかつ柔軟な拡張性、どれをとっても既存のシステムよりも優位性を感じます。

⑺ 「MADI」との連携。「Dante」「UniversalAudio Apollo」との差異

「With MADI」

まず比較的に歴史が長く設備等にかなり浸透しているMADIシステムとの統合は、「MGO(オプティカル接続タイプ)」「MGB(BNC接続タイプ)」のどちらかをシステムに合わせ購入頂ければ簡単に完了します。ただ接続するだけで「Sound Grid Studio」上で自由にルーティングを組む事が出来ます。

「vs Dante」

最大のライバルともいえる「Focusrite REDNET」を初めとする「Danteシステム」との一番の違いは、プラグインの処理には対応している点になります。ここの部分を必要としないシステムの構築が必要なら音質等の好みで「Danteシステム」を組む選択肢もあるかとも思います。

「vs UAD-2システム」

同じくプラグインの処理を出来るAudio I/Fの代表格といえば人気沸騰中のUniversal Audioの「Apolloシリーズ」ですね。前述と重複しますが、ProtoolsのNative環境でUADプラグを使用する場合、低レーテンシーモニタリングモードをONにすると全てのプラグインがバイパスされてしまいますが、「Digigrid」ではバイパスされる無いのでプラグインが掛かった状態のままレコーディングが出来ます。もちろん、Apolloも専用のコントロールソフトを使用すれば同様の事が出来ますが、Protoolsの画面から離れる事無く設定等が出来る点が最大のメリットかと思います。

前述の通り、本体PCのCPUさえ許せばそこの作業環境にしかない特別な機器(HDXシステムやUADシステム等)が無くても作業の続きが出来るのも大きな優位点だと思います。コストパフォーマンスの面でも、ApolloにThunderboltオプションを追加した金額と一番人気になるであろう「IOS」がほぼ同等の価格になるとのことです。

以上、だいぶ駆け足でご案内させて頂きましたが、いかかでしょうか?欲しくなりました?(笑)他にも気になる点がありましたらお気軽にご質問下さい。

どの「DiGiGridデバイス」もスタンドアローンで使用できるので、自分の環境に合わせてスタートし、必要に応じて拡張していけるのも大きな魅力ですね!






•DiGiGrid IOS 税込¥298,000(2016/3/8 新定価)

Waves Intelサーバー、マイク/ライン入力 x 8MIDI入出力、S/PDIF入力、AES/EBU入出力、ライン出力 x 8、高出力ヘッドフォン端子 x 2 

•DiGiGrid IOX  税込¥248,400(2016/3/8 新定価)

マイク/ライン入力 x 12、ライン出力 x 6 高出力ヘッドフォン端子 x 4 

•DiGiGrid IOC  税込¥270,000(2016/3/8 新定価)

マイク/ライン入力 x 2ADAT入出力 x 1、ライン出力 x 8、ライン入力 x 8AES 入出力 x 16、高出力ヘッドフォン端子 x 2 

•DiGiGrid DLS  税込¥288,000(2016/3/8 新定価)

Waves Intelサーバー+ProToolsステムをDiGiGridで拡張

•DiGiGrid DLI 税込¥97,200(2016/3/8 新定価)

ProToolsシステムをDiGiGridで拡張

•DiGiGrid MGO(オプティカル接続タイプ) 税込¥248,400

2系統のMADI I/Oで最大128chを同時にプレイバックしながらレコーディング可能。

•DiGiGrid MGB(BNC接続タイプ) 税込¥248,400

2系統のMADI I/Oで最大128chを同時にプレイバックしながらレコーディング可能。

•DiGiGrid SWI ¥37,800

SoundGridハブ

■メーカーサイト

http://www.digigrid.jp/

担当/澤田



主要DAWを極める!選任スタッフが各主要DAWの最新情報と特徴を徹底チェックしてユーザーをサポートします☆
Pro Tools Pro Tools
Cubase
St-One
live
BITWIG
D.P.
Sonar
FL-st
Logic
Sibelius
Finale