宮地楽器神田店オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
Avid Zone Pro
Premium Line
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382
>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • HD版もNative版も、McDSPの単体プラグインがすべて50%OFF!10月5日(月)まで。
    yan
  • 2016 WINTER NAMM : YAMAHA 新たなフラッグシップMONTAGEはシンセであり「楽器」
    ハマ
  • 2016 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ澤田編
    ハル
  • 【応募受付終了】KOMPLETEシリーズのセミナー"TAKE KONTROL"が2015年1月11日に開催決定!
    中西亮詞
  • ライバルに差をつけるプロのミックステクニックを伝授!Mixテクニックセミナー開催!
    松重行正    
  • <更新>Pro Tools 11/HD11で動作保証されるAppleコンピューター
    セバスチャン
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/澤田
    SatoruOhtani
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/小松
    SatoruOhtani

profile

書いた記事数:2802 最後に更新した日:2018/09/25

2014NAMM:Slate Digital/全世界待望の新作VMS(Virtual Microphone System)登場!

この記事は2014.01.23 Thursdayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

先日のFabrice Gabriel氏にインタビューでも出てきたSlate Digitalの新作「VMS」(Virtual Michrophone Syetem)が、NAMM開催の数日前に発表になったことで、終日大賑わいだったSlate Digitalブース。(VMSの詳細については、別記事Fabrice Gabriel氏ロングインタビューにて、デザイナーである氏自らが概要を説明してくれているので、そちらを御覧ください。)

13:00からデモをするということでスタートの少し前からスタンバイ!日本人の中でも小柄のワタクシは、周りの皆様から完全に子供扱いで前に入れてくれました(苦笑)

デモの内容は、以下の様なルーティングの音をその場でレコーディングして聴き比べるというかなり贅沢かつ自信満々なデモです(笑)

Line VintageのNeumann U47→VintageのNeve1073→Protools HDX(I/OはHD Omni)
Line◆VSMにバンドルされる専用マイク「ML1(ラージ・ダイアフラム)」→専用マイクプリ&コンバーター「VMS」→Protools Protools HDX
Line:VSMにバンドルされる専用マイク「ML2」(スモール・ダイアフラム)→専用マイクプリ→Protools HDX

もちろんすべての操作はすべて同社のタッチパネル型コンソール「RAVEN」で行っていました!





まずはバスドラに立てた「ML2」での録音が始まりました。(Line)

「誰かドラマーは居ないかい?」ということで僕の隣に居た方が挙手し、キックペダルを踏む係を担当します。「もっと強く、いやそれは強すぎだ、いやいやそれは弱すぎだよ!あ、君が強く踏みすぎたからソフトが落ちた!マイクも壊れたかもしれないかマイク代払って(笑)」と言った感じで、今日もSteven Slate氏は舌好調で客をいじります!

録音されたデータに「VSMプラグイン」をインサートし、ループ再生でバイパスのON/OFFを切り替えます。元の音もかなり良いのですが、VSMをONにするとエッジと厚みが一気に加わります。わかりやすいくらいのNeve感が出たサウンドに変わり一同拍手!もう一つのモデリングであるTubeマイクプリ(モデルになった機種不明)に切り替えるとよりサチュレーションの聞いた伸びやかなサウンドに変わります。

(画面はもうひとつの新製品「Virtual Mix Rack」です。その中の一番左に立ち上がっているのがVMSになります。)

次に皆様の一番気になってるであろう本命の実機(Line 砲VMS(Line◆砲糧羈咾Vocalで行います。

「誰かVocalの人居ないかい?、、、、、じゃあ俺が歌う!」と、なんと自らマイクの前にスタンバイ!!

氏自ら歌ったワンフレーズをループ再生しながら、SOLOで聴き比べます。スピーカー経由で聴くと全く違いがわかりません!先ほど同様にバイパスした音も問題ないのですが、ONにした時の厚みとエッジをバスドラムの時よりも感じます。太くかつスムーズな高域、マッドにならない低域、まさに「あの」音です。ブースが少し騒がしい環境だったので、あの場で違いを聞き比べられて人はどれくらい居たのでしょうか?

ということで、少し空いてきたのを見計らってお願いしたら、ヘッドフォンで視聴OKに!ヘッドフォンでそのトラックだけをソロにすると正直違いは分かりましたが、「ローの厚みが実機の方に軍配があるかな?」っていうニュアンスの世界です。現存する実機の個体差からしたら気にしなくて良いレベルで、オケと混ざれば絶対にわかりません。

同行していたToneflake 佐藤氏に感想を聴くと、「一聴するとほぼ一緒だね、違いは分かるけど問題ないレベル。ただモデリングしたU47よりももっと状態の良いU47の音はあるけどね!」と、修理も合わせると3,000本以上のマイクの音に触れてきたという佐藤氏ならではコメントですね!

実機の価格差や労力を考えるとすごい事製品が出てきましたね!今後、マイクやマイクプリの種類が増えてくれば、、、なんて妄想が膨らみ過ぎて個人的にはもう予約したいです!

早ければQ2には発売出来るようになるかもしれないとの事ですが、過去の経験上年内に出れば良いかな(笑)というくらいでお待ちください!

代理店でもある弊社の輸入事業部にデモ機が届きしだい店頭等で徹底比較したいと思います!

この記事へのコメントははこちらへ!

宮地楽器神田店Facebook
https://www.facebook.com/miyajigakki.kanda/posts/683122275064661

担当/澤田

友だち追加



主要DAWを極める!選任スタッフが各主要DAWの最新情報と特徴を徹底チェックしてユーザーをサポートします☆
Pro Tools Pro Tools
Cubase
St-One
live
BITWIG
D.P.
FL-st
Logic
Sibelius
Finale