宮地楽器神田店オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
Avid Zone Pro
Premium Line
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382
>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • HD版もNative版も、McDSPの単体プラグインがすべて50%OFF!10月5日(月)まで。
    yan
  • 2016 WINTER NAMM : YAMAHA 新たなフラッグシップMONTAGEはシンセであり「楽器」
    ハマ
  • 2016 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ澤田編
    ハル
  • 【応募受付終了】KOMPLETEシリーズのセミナー"TAKE KONTROL"が2015年1月11日に開催決定!
    中西亮詞
  • ライバルに差をつけるプロのミックステクニックを伝授!Mixテクニックセミナー開催!
    松重行正    
  • <更新>Pro Tools 11/HD11で動作保証されるAppleコンピューター
    セバスチャン
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/澤田
    SatoruOhtani
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/小松
    SatoruOhtani

profile

書いた記事数:2832 最後に更新した日:2018/10/19

MacBookのHDD交換してみました(私物!)

この記事は2008.10.15 Wednesdayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)
私Sawaの所有しているMacBookですが、日々音楽作業をメインに、自宅で使用しておりました。
今年初頭にMacBookとMbox2 Factory Home Studio Bundle、LaCie d2 Quadra 320GBという鉄板セットを手に入れ、Pro Tools LE 7.4でいろいろと作業をしていたのです。

が、お店でもMacBookでデモしたり事務作業しようということになりまして。
お店に持ってきたはいいのですが・・・。
内臓HDDはフルで80GBのもので、既に1/3は使用している。今後事務作業にMacBookを使うから、少しずつでもHDDは減っていくだろうし・・・Mac OSはTigerだし(Leopardもそろそろいいかな、なんて。Pro Tools 8はLeopard対応らしいですし)・・・プラグインとかソフトウェアは増やしていきたいし・・・と色々考えました。

その結果、内臓HDDを交換してしまえ!!という考えに至り、DIYで交換してみました。
という今回のブログ。

あくまでDIYですんで、もしご自身で交換される場合は自己責任でお願いいたしますね^^;
こうなってるんだ〜へ〜と思っていただければ幸いです。。


これがBeforeです↓


Pro Tools LEやReason AdaptedやLive Lite、Garage Bandが見えますね。
内臓HDDは80GBのSATA(5400rpm)。コイツを、250GBのSATA(5400rpm)に交換。OSはTiger→Leopardへ。

それじゃあ、いってみましょう!!


�まずは、MacBookを傷つけないように、フカフカな布を平らなテーブルにしいて、そこに置きます。



�裏蓋をはずします。コインなどであきます。開け、ゴマッ!!



�はい、はずれました。バッテリーはどこか安全なところにおいておきましょう。



�次に、メモリやHDDを守っているパーツをはずします。極小のネジが3つあるので、これらをはずします。ネジ山をつぶさないように・・・



�はい、はずれましたPart�。車のワイパーのようなものが2つあります。ここがメモリのスロットになります。HDDは左側のスロットです。



�HDDのスロットがココ。白いプラスチック系のテープをペロンと引っ張り出すと、HDDが出てきます。



�「ぺろ〜〜ん」(しっかりと発音すること。くりぃむしちゅーの上田さんばりに。)



�HDDを摘出しました!!思ったより小さい。薄い。科学の進歩は素晴らしいですね。。HDDは金属製の薄いカバーで守られているので、これをトルクスレンチT8でネジをはずします。



�左がはずし終わったHDD。TOSHIBA製でした。これを、右のSeagate製の250GBに交換!7200rpmは発熱が心配なので、5400rpmを選択。この250GBはバルク品ですが、1万円しなかったです。いい世の中ですねぇ・・・。小学生のとき父が買ってきたNECのキャンビーは、内臓HDDが2GBがありませんでした。それが今や、1TBのHDDが1万円ちょいで買えちゃいますからね。技術者の皆さんに大感謝。



�さて、カバーを装着完了!あとは真逆の手順で元に戻していきましょう!ゴールはもうすぐ!



�HDDほかバッテリーを戻し、交換完了!!おつかれっしたー!!
・・・いやいや、HDD空っぽですから。OSをインストールしないとね^^;
このとき、ディスクから起動し、OSをインストールするわけですが、PRAMをリセットしておきます(command + option + P + Rのすべてのキーを押しながら起動)。さらに、OSをインストールする前に、ディスクユーティリティでHDDをフォーマットしておきましょう。


これがAfterです↓


OSのインストール後、10.5.3にコンボアップデートしておきました。
これでPro Tools LE 7.4.2が使用可能に!YES!!

OSのインストール時間は除くとして、HDDの交換自体は正味15分くらいで終了。思ったより簡単でした。

手をかけたことにより、よりこのMacBookが可愛く思えます☆
これからもじゃんじゃん使うぞ〜!!


あっ。MacBookといえば。
新たなMacBookMacBook Proが発表されましたね。



先日実物をさわってきましたが、なかなかいい感じです。ユニボディでしっかりとした筐体です。質感もよいです。黒キーボードも最初は、いかがなもんか・・・と思っていましたが、実物見ると、アリじゃん!?と思いました。トラックパッドの感度も問題なし。
お店にはMacBookとMacBook Proが並んでいましたが、ルックスはほぼ同じ。兄弟のような。サイズ違いって感じです。


ただ、今回発表された新MacBookには、Firewire400端子が無い。
新MacBook Proも無い(Firewire800は標準装備)。
僕もそうですが、Firewire400でHDDを接続してたり、オーディオインターフェイスを接続してたりっていう方も多いんじゃないかと思います。

つまり、Firewire400を使用するなら、MacBookならポリカーボネートの通称”13インチMacBookホワイト”の1機種。
MacBook Proなら、最上位機種の17インチMacBook Proの1機種になるんでしょうか。
これについては、もうちょっと調べてみる必要がありそうです。追ってここでレポします!

新たなMacBookやMacBook ProでDAWをお考えの方!衝動買いする前に宮地楽器に相談してくださいね!最適なプランをご提案しますよ。


また、本日はOmnisphereの発表会に行ってきます。
今日中にブログにアップできるように・・・がんばります!!



<あとがき>
BeforeとAfterをよく見てみると、時間がずいぶんたっていますが・・・これはですね。

夜に交換作業を開始したのですが、トルクスレンチT8が必要だと調べていなくて、その日HDDのカバーをはずせなかったのです!泣く泣く作業を翌日することにしたのです(;;)

前準備は大事ですね^^;



RECORDING機材のショッピングサイトはこちら!


Pro tools Systemを中心としたプロ&業務用機器はこちら!




宮地楽器神田店
TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382
問い合わせフォーム


by Sawa
友だち追加



主要DAWを極める!選任スタッフが各主要DAWの最新情報と特徴を徹底チェックしてユーザーをサポートします☆
Pro Tools Pro Tools
Cubase
St-One
live
BITWIG
D.P.
FL-st
Logic
Sibelius
Finale