宮地楽器神田店オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
Avid Zone Pro
Premium Line
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382
>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • HD版もNative版も、McDSPの単体プラグインがすべて50%OFF!10月5日(月)まで。
    yan
  • 2016 WINTER NAMM : YAMAHA 新たなフラッグシップMONTAGEはシンセであり「楽器」
    ハマ
  • 2016 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ澤田編
    ハル
  • 【応募受付終了】KOMPLETEシリーズのセミナー"TAKE KONTROL"が2015年1月11日に開催決定!
    中西亮詞
  • ライバルに差をつけるプロのミックステクニックを伝授!Mixテクニックセミナー開催!
    松重行正    
  • <更新>Pro Tools 11/HD11で動作保証されるAppleコンピューター
    セバスチャン
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/澤田
    SatoruOhtani
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/小松
    SatoruOhtani

profile

書いた記事数:2714 最後に更新した日:2018/06/22

2014 NAMM:IK Multimedia Vol.1〜Sample Tank3を発表。

この記事は2014.01.25 Saturdayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)


iOSツールの先進ブランドとして、勢いのあるIK Multimedia。
iRig HD、iLoudと昨年のNAMMで発表された製品はすでにリリースされ、非常に人気の高い機種となっております。全てのモニターの試聴機のモニターがiLoudという斬新なブースです。※iLoud、本当に音よいですよ。

この記事ではiOS系の新製品とは別に、NAMM事前情報で盛り上がっていたSample Tank3についてレポートできればと思います。

DSC00342.JPG

Sample Tank3を試そうとブースへ足を運んだ所、、、。
何とキーボーディスト奥本亮さんがちょうど試奏されているところでした!
しばらくその場で横でSample Tank3の音と一緒に演奏を聞いてしまいました。

DSC00343.JPG

ちょうど選ばれていた音色が画面を見ればわかるあの音です。

DSC00346.JPG


鍵盤はフルサイズ37鍵盤の最新作iRig KEYS PRO。税込売価¥19,280-
ミニ鍵盤も便利ですが、フルサイズの鍵盤はやっぱりいいなぁと。
スタイリッシュなデザインなので、フルサイズであることを少し忘れてしまいます。

さて画面を見て行きましょう。
赤基調であることは変わりないですが、フォントも変わり、GUIが完全に新しくなりました。


DSC00345.JPG

DSC00344.JPG

音色をいじっていくと、、。
EDM KIT 1というプリセットが。

DSC00347.JPG

現代の音楽シーンの流れも汲んだプリセットを見るに、改めてリニューアルしたことを実感します。

DSC00453.JPG
SampleTank 3用に完全にライブラリを刷新されましたが、SampleTank2の音を読み込むために、設定画面にはLEGACY SOUNDS FOLDERなんていう項目がありますね。
SampleTank2以外にAAX非対応のSampleTronなどの音ネタもSample Tank3で音色データを読み込んでしまえば使えます。

さて、中身に迫っていきましょう。
今回DAWソフトのようなMIXという画面が出来ており、ここの項目でかなり色んなことができるようになりました!
DSC00447.JPG

私が画面に反射して見事に映ってますが、そこはご愛嬌で笑
CH1に、EQ COMP、Acousticと並んでいるのが分かりますよね。Amplitubeだったり、T-racksをベースにしたエフェクトが用意されております。

右の方へ動かして行くと、チャンネルは16CHまで。
写真がぼけてしまっておりますが、そこから先は4系統のAUX(Return1〜4という記載されておりますね)とMASTERがあります。
DSC00485.JPG

AUXもあるのは嬉しいですね。ちょうどエフェクトを選ぼうとしているところを撮影したのですが、Hall Reverb、Plate Reverbなどの文字が確認できますね。
※写真がぼけてしまい、すみません、、。

DSC00486.JPG


各CHに挿したエフェクトは画面の下側にちょうど表示される形になるのですが、何点か撮影してみました。
Model670。これはFairchildですね。
DSC00498.JPG

Black76。Urei1176をモデルにしています。
DSC00497.JPG


White 2A。こちらはLA-2Aですね。
DSC00499.JPG


また、各CHはパラアウトできるようになっております。
DSC00495.JPG

初めて見ただけでもある程度の操作がわかりましたので、DAWソフトを何か使っていればMIX画面の使い方はわかるかと思います。

さて、一旦Instrumentの画面に戻ってみます。
こちらはピアノの音色が選ばれています。

DSC00451.JPG

ど の音色もかなり作りこまれているのですが、その一つの例がこのピアノのResonanceのつまみです。ピアノのペダルを踏んだ時に起こる残響音の度合い なのですが、かなりリアルなんです。こちらはインパルスレスポンスを読み込んで処理を行い、リアルなサウンドを得られるようになっているとのこと。


DSC00491.JPG

こちらはPiano Lidというパラメータを調整するところです。Lidとはフタのことで、Pianoのフタをどのくらい開け閉めするのかを設定できます。これもインパルスレスポンスを読み込み処理を行うようです。

DSC00492.JPG

オルガンの音色ですね。
弾いたときに出るカチッという音が出るようにする量を調整することもできます。
画面はちょうどロータリースピーカーが選ばれているところです。

DSC00493.JPG

また、音色選びの際にドラムフレーズに合わせて音色選びをしたいという場合があるとします。
そういう時はINSTRUMENTSの横にあるPATTERNSというタブを選択しましょう。
そうすると、選んだ楽曲のパターンを流すことができるんですね。その状態で音色を選んで
弾けば、フレーズも浮かぶこともあるでしょう。非常に便利な機能が追加されました。


そして、もう一つ選べる画面があります。
DSC00449.JPG

EDITというタブをクリックすると、細かい音色設定を決めることができます。
ここの項目で見ておきたい新機能がこちら。
DSC00494.JPG

ROUND ROBINというモードです。
ROUND ROBINとは何かの役割・出番を他の物事・人員で交替しあうというような意味合いで使われるのですが、バスドラやスネアの音を打ち込みで連打するとしま す。何もしないとマシンガンのようにダダダダとなってしまうのですが、ROUND ROBINがONになっていると、まさしく打ち込んだ音を適当に順序を入れ替えてくれて、ダダダダという感じにならないようにする機能です。

SampleTank3はここまでヴァージョンアップしたのです。
私も記事を書いていて、非常にワクワクしてしまいました。
発売予定は3〜4月頃。値段はまだ未定なものの、魅力的な値段にしたいというお話でした。

発売が非常に待ち遠しいですね。

この記事へのコメントはこちらへ!


宮地楽器神田店Facebook
https://www.facebook.com/miyajigakki.kanda/posts/684202941623261
担当/小松
友だち追加



主要DAWを極める!選任スタッフが各主要DAWの最新情報と特徴を徹底チェックしてユーザーをサポートします☆
Pro Tools Pro Tools
Cubase
St-One
live
BITWIG
D.P.
FL-st
Logic
Sibelius
Finale