LINE@ お得なキャンペーンや新製品情報を配信中☆
オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
  • DANGEROUS MUSIC
  • M80
  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセス・店舗情報

営業時間
11:30〜19:30

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-3332
FAX:03-3255-0382

 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • HD版もNative版も、McDSPの単体プラグインがすべて50%OFF!10月5日(月)まで。
    yan
  • 2016 WINTER NAMM : YAMAHA 新たなフラッグシップMONTAGEはシンセであり「楽器」
    ハマ
  • 2016 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ澤田編
    ハル
  • 【応募受付終了】KOMPLETEシリーズのセミナー"TAKE KONTROL"が2015年1月11日に開催決定!
    中西亮詞
  • ライバルに差をつけるプロのミックステクニックを伝授!Mixテクニックセミナー開催!
    松重行正    
  • <更新>Pro Tools 11/HD11で動作保証されるAppleコンピューター
    セバスチャン
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/澤田
    SatoruOhtani
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/小松
    SatoruOhtani

profile

書いた記事数:3265 最後に更新した日:2020/08/03
この記事は2014.01.26 Sundayに書かれたものです。


Vol.1のレポートではIK Multimediaのソフト音源SampleTankについての記事でしたが、IK Multimediaは近年先進的なiOSツールを続々とリリースしております。
iRig HD、iLoud、写真におさめられているiRig BlueBoardも昨年のNAMMで発表されたものでした。

今年の新製品はこちらです。
iRig Mic HDです。
iRig Micは私自身昨年のNAMMレポートで動画撮影の外部マイクで使用させていただいたのですが、良い意味で指向性が狭く音が騒がしい会場でのインタビューマイクには最適です。
狙った音を着実に捉えるマイクで非常に優秀なiRig Micなのですが、この度デジタル接続可能になります。それがiRig Mic HDです。



iOSへの接続はLightning、30pin、USBでの接続が可能です。


マイク側の端子はmicroUSBでしょうか。マイク側の端子はケーブルが抜けないようにNEUTRIKのXLRコネクタのカラーブッシングのような形状のものでホールドされる工夫になっています。



発売は2014年4〜6月を予定。値段は$99.99(現在のレートから見るに¥11000前後?)
Mac/iOS/Android対応で、ASIO4ALLをインストールすることでWindowsでも対応可能とのこと。

次はiRing。こちらはすでに製品発表は行われていたため、存在自体は知っておりました。


指にはめるタイプのモーションコントローラーです。
iOSの前で手を動かすことで、画面にタッチせずにアプリを操作できるのです。
指で触るだけではXYの2方向の操作しかできなかった訳ですが、空間の中で動かすことになるので、XYZの3方向のコントロールが可能になったわけです。

写真で見るより短くてもムービーで動きを見る方がわかりやすいだろうと思い、こちらのデモを動画でお送りいたします。



動画はiRig Music Makerというアプリで純粋にiRingを動かして遊ぶ形でしたが、iRing FX/Controllerというアプリが肝で、3次元のXYZ軸上で認識された位置情報をMIDI信号に変換します。XYZ(横/縦/距離)それぞれにMIDI CCをアサインし、2つのiRingを同時に使用可能なので、合計6つのMIDIパラメーターを2本の手でコントロールすることができます。
※下の写真はちょうどMIDI情報を設定しているところです。



iRing FX/Controllerには、色々なエフェクトが16種類用意されており、iOS 7のInter-App AudioおよびAudioBusにも対応しているので、他の対応アプリのサウンドをiRing FX/Controllerでエフェクトしながら、iRingの動きによる音の変化を楽しむことができます。

Amplitubeなどのアプリも対応予定で、例えばAutoWahのON/OFFをiRingにアサインしておいて、手で動かしながらエフェクト効果を調整するといった使い方も可能です。

ガジェット的要素もあるツールを出してきましたね。
発売は2014年春頃。$24.99。



こちらの製品はiRig PADSという新製品。
USB接続できるPADはすでに出ておりましたが、30pin、Lightningの接続ができるPADは今までなかったと思われます。
正式リリース決定という訳ではなく、参考出品されておりました。



カラフルなiRig MicもPOPで可愛いです。

iOSアプリとSampletank3と勢いのあるIK Multimedia。
新製品リリースが待ち遠しいです。

この記事へのコメントはこちらへ!

宮地楽器神田店Facebook
https://www.facebook.com/miyajigakki.kanda/posts/684187634958125
担当/小松
友だち追加

お問い合わせフォーム






  • DANGEROUS MUSIC
  • M80
  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10