宮地楽器神田店オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
Avid Zone Pro
Premium Line
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382
>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • HD版もNative版も、McDSPの単体プラグインがすべて50%OFF!10月5日(月)まで。
    yan
  • 2016 WINTER NAMM : YAMAHA 新たなフラッグシップMONTAGEはシンセであり「楽器」
    ハマ
  • 2016 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ澤田編
    ハル
  • 【応募受付終了】KOMPLETEシリーズのセミナー"TAKE KONTROL"が2015年1月11日に開催決定!
    中西亮詞
  • ライバルに差をつけるプロのミックステクニックを伝授!Mixテクニックセミナー開催!
    松重行正    
  • <更新>Pro Tools 11/HD11で動作保証されるAppleコンピューター
    セバスチャン
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/澤田
    SatoruOhtani
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/小松
    SatoruOhtani

profile

書いた記事数:2290 最後に更新した日:2017/07/21

話題の製品を実際に使ったらこうだった!Slate Digital/VCC

この記事は2014.04.13 Sundayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)
話題の製品を実際に使ったらこうだったシリーズ!

「Slate Digital/VCC&More」編です!

内部完結でのミックスは、アナログに比べて「デジタル臭い」「厚みが無い」「分離が悪い」
「圧迫感がある」などなど、いくらでも出てきそうなくらいその違いが語られて来たところに、
救世主の様に出てきた「アナログ・サミング」という手法です。

簡単に言えば、一度Audio I/Fからパラアウトしてアナログ機器を通し、その音をまた録音することで、前述のデジタルの弱点を克服するという手法です。特にAMS NEVE「8816」やSSL「X-DESK」、SPL「MixDream」DagerousAudio「2-BUS」といったそれに特化した製品が人気があります。

ただ、この「アナログ・サミング」は、必要数の出力を持ったI/Oとケーブルを用意したり、そもそもサミングアンプ自体を購入する必要があり、作業的にも金額的にもなかなか敷居が高いのも事実です。

そんな「アナログ・サミング」をデジタルで再現して、DAWの内部で完結してしまおうという逆転の発送のプラグイン第1弾がこの「VCC」でした。その後、WAVES社が直ぐに「NLS」という類似製品を出した事でその実用性の高さが分かります。

ということで、さらっと前置きした後は実験開始です!あくまでも製品の特徴を紹介する為であり、いわゆるMIX作業はしてませんのであしからず。


まずはお馴染みのProtools のデモソングの全トラックに「VCC CHANNEL」、
マスタートラックに「VCC MIXBUSS」をインサートし、同じ「GROUP」でONにします。


そして、デフォルトの状態とVCCの5種類のキャラクターを切り替えてバウンスしてみました。
分離感の良い「Brit 4K」、ローミッドが一気に太くなる「Brit N」、声やギターの帯域が飛び出てくる「US A」等、それぞれしっかりとしたキャラクターを持っています。


続いて、各楽器グループでBusを組み、よりそれぞれのBusに合ったキャラクターを選び、バウンスしてみましたのが「2mix_Vrious」です。

さらに同社のアナログテープシミュレーター「VTM」を追加したのが「2mix_Vrious+VTM」です。もうムッチムチですね(笑)ただアナログ特有の低域のどっしり感と高域の収まりが良くなりました。
どうせなら「VBC」の音も聴きたいですよね。ここでは特にお薦めの「VBC FG-Grey」を追加したのが「2mix_Vrious+VTM & VBC」です。SSLタイプのコンプなので、解像度と定位がびっしっと上がったのがわかるかと思います。


ここまで来たらさらに同社の大人気マキシマイザー「FG-X」もさらっと掛けてみたのが、「2mix_Vrious FULL」です。これで暴れを抑えながら、3db稼いでいます。やはりFG-Xは素晴らしいですね!こんなに低音が暴れてるトラックでも何事も無かったように抑えこんでいます。


プラグインの対応状況の問題で24bitで作業しましたが、Protools 11等の32bit flotで作業するともっと解像度と開放感が出てきます。アナログに勝っているとは言いませんが、負けてもいないくらいに近づいて来ていますよね!

DAW内でしっかりとしたアナログサウンドを作り込める新定番!
Slate Digital製品のお求めはこちら!


担当/澤田



主要DAWを極める!選任スタッフが各主要DAWの最新情報と特徴を徹底チェックしてユーザーをサポートします☆
Pro Tools Pro Tools
Cubase
St-One
live
BITWIG
D.P.
Sonar
FL-st
Logic
Sibelius
Finale