宮地楽器神田店オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
Avid Zone Pro
Premium Line
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382
>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • HD版もNative版も、McDSPの単体プラグインがすべて50%OFF!10月5日(月)まで。
    yan
  • 2016 WINTER NAMM : YAMAHA 新たなフラッグシップMONTAGEはシンセであり「楽器」
    ハマ
  • 2016 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ澤田編
    ハル
  • 【応募受付終了】KOMPLETEシリーズのセミナー"TAKE KONTROL"が2015年1月11日に開催決定!
    中西亮詞
  • ライバルに差をつけるプロのミックステクニックを伝授!Mixテクニックセミナー開催!
    松重行正    
  • <更新>Pro Tools 11/HD11で動作保証されるAppleコンピューター
    セバスチャン
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/澤田
    SatoruOhtani
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/小松
    SatoruOhtani

profile

書いた記事数:2321 最後に更新した日:2017/08/15

話題の製品を実際に使ったらこうだった!Pelonis Sound/Model 42 MK2

この記事は2014.05.03 Saturdayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)
 「話題の製品を実際に使ったらこうだった!」シリーズ!

今回のお相手は「Pelonis Sound/Model 42 MK2」です。このモニタースピーカーこそ、以前から気になっている人は多いのではないでしょうか?


日本に上陸当時は、ワールドクラスでトップエンジニアの一人「Tony Maserati」氏が使用していた事で話題になりました。
  手のひらからはみ出るくらいのサイズの2台のスピーカーと専用のパワーアンプのセットという昨今では珍しい組み合わせで販売されていますが、かなり評価が高く、導入する人がじわじわ増えてきています。昨年の後半に待望のアップグレードを果たし、前モデルの弱点であった音量不足も解消されておりニアフィールドモニターとしての完成度が高まっています。

では、本題に入りましょう!

前提としてどんなに良いスピーカーでもあまり音量(そのスピーカーユニットに適した音量)が出せないと、高域と低域が引っ込んでしまう為に中域ばかりの音になってしまうわけですが、ここを逆手に取って何処でもしっかり聞こえる中域を作る事がミックスの作業の重要な一部なのではないかと思います。

そして、その部分で重宝され続けているのが皆様御存知の「YAMAHA NS-10M Studio」です。この現行機種たちに比べ、高域も低域があまり出ないスピーカーが未だに必須アイテムとして使用されているのは、中域の分かりやすさであり、これでミックスしたものは概ねどんなスピーカーでもある一定上のレベルでバランスがキープされます。

「Pelonis Sound/Model 42 MK」のサウンドは、この中域における解像度を大幅にUPさせ、かつ大音量でNS-10Mを鳴らした時に感じられる低音の音圧感などが、比較的小さめな音量でも感じることが出来ます。音量をしっかりと上げていくと、スタジオで作業しているかのごとく、音圧も含めかなり細部まで分かりやすく作業しやすい音になります。

サイズ上心配だったKickやBassの帯域も音圧とともにしっかりと聴こえます。このサイズのスピーカーにしては低音が出ます。実際には「聞くというよりは体で感じとる」といったNS-10Mライクな処理方法になると思いますが、少し慣れれば何の問題ないレベルでちゃんとした低音の処理が出来る様になるかと思います。

クラブ系の楽曲等でどうしてももっと低音を感じたければ、同社のサブウーファ「Pelonis Sound/Model 42LF MK」を追加する事もできます。「Model 42」のみでもMixに十分な低音は感じれますが、「Model 42LF」を追加すると、無駄な低音が出るのではなく低音の輪郭が更にはっきりするのでこちらもお薦め出来ます。

もちろんミックス処理だけではなく作曲時(特に打ち込みを行う)の際にも他のメーカーのでは気付かなかったベロシティーでの音質の変化や音の混ざり具合を聞き取ること出来るので、打ち込みの技量や音色選びのセンスが上がる効果もある気がします!

やはりモニタースピーカーは人間で言う「耳」なので、この部分の精度が上がれば全ての面に影響が出ます。どんなスピーカーやヘッドフォンでもそれを基準にミックス作業をすることは出来ますが、どうしても他の環境ではビックリするくらいバランスが違って聴こえしまうことが有りますよね。。

モニタースピーカーとして重要なそういった「誤差」が非常に少ないのがこの製品の1番の特徴かもしれません。前述のNS-10Mが未だ重宝されている理由をさらに進化させた「Pelonis Sound/Model 42 MK」は、レコーディングスタジオはもちろん自宅など音響的にあまり良いとは言えない環境の人こそ是非試していただきたい製品です。

Pelonis Sound Model 42 MK2 ¥129,600
Pelonis Sound Model 42LF MK2
¥129,600

お求めはこちら!


メーカーサイト
http://www.miyaji.co.jp/MID/product/pelonis/index.php

担当/澤田


主要DAWを極める!選任スタッフが各主要DAWの最新情報と特徴を徹底チェックしてユーザーをサポートします☆
Pro Tools Pro Tools
Cubase
St-One
live
BITWIG
D.P.
Sonar
FL-st
Logic
Sibelius
Finale