宮地楽器神田店オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
Avid Zone Pro
Premium Line
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382
>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • HD版もNative版も、McDSPの単体プラグインがすべて50%OFF!10月5日(月)まで。
    yan
  • 2016 WINTER NAMM : YAMAHA 新たなフラッグシップMONTAGEはシンセであり「楽器」
    ハマ
  • 2016 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ澤田編
    ハル
  • 【応募受付終了】KOMPLETEシリーズのセミナー"TAKE KONTROL"が2015年1月11日に開催決定!
    中西亮詞
  • ライバルに差をつけるプロのミックステクニックを伝授!Mixテクニックセミナー開催!
    松重行正    
  • <更新>Pro Tools 11/HD11で動作保証されるAppleコンピューター
    セバスチャン
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/澤田
    SatoruOhtani
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/小松
    SatoruOhtani

profile

書いた記事数:2203 最後に更新した日:2017/05/28

話題の製品を実際に使ったらこうだった!/Auto-Tune vs Melodyne vs Vari Audio

この記事は2014.05.11 Sundayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)
「話題の製品を実際に使ってみたらこうだった!」シリーズ。

今回のテーマはズバリ「ピッチ修正ソフト対決」です!

Auto-TuneやMelodyneなど、巷には様々なピッチ修正ソフトがリリースされていますが、実際どれを使えばいいのだろう?という方も多いかと思います。
そんな方のために!!

・Steinberg社「Vari Audio2(Cubase内蔵)」 

・Antares社「Auto-Tune 7」


・Celemony社「Melodyne Editor2」

の上記3つのソフトを実際に使って、使い勝手や音質についての比較検証を行ってみました!今回のレビューは宮地楽器新入社員の遠藤がつとめさせていただきます。
人生初の商品レビューでございますので至らぬところも多いかと思いますが、どうぞお手柔らかにお願いします・・・(笑)

さて、今回の比較検証においてチェックする項目は以下の2点です。

_酸芝Ъ韻寮催

音質の変化

それではまず、音声認識の精度から見ていきましょう!


_酸芝Ъ韻寮催
(※画像はクリックで拡大できます)

Vari Audio









Auto-Tune
  










Melodyne









以上がそれぞれのソフトを使ってオリジナルのトラックを解析した結果です。縦軸が音階、横軸が時間軸をそれぞれ表しています。つまり、図中の四角いバーは"どの音がどのくらいの長さで鳴っているか”を表しています。

また、バーの中に描かれている線は実際に鳴っている音を波形化したものです。これらのバーや波形を動かすことで音程を編集します。

3つの図を見比べてみると、Vari Audioが最も実際の波形に忠実に音程が表示されていることがわかります。特に、音の切れ目(セグメント)の認識精度が抜群にいいですね。Auto-Tuneもなかなかの精度だと思います。ぱっと見だとMelodyneは若干甘めかな?という印象を持ちました。

このセグメントは音声認識後に自分で作ることも可能なのですが、Vari Audioのように元々しっかり分割されているとサクサクと作業できて非常に快適ですね!


音質の変化

次は音質の変化を見ていきます。
ピッチ修正をすると、どうしても音色に変化が生じてしまいます。この変化は音程の移動距離が大きくなれば大きくなるほど顕著にあらわれます。そこで今回は実際に何パターンか音源を作成し、SoundCloudにアップロードしてみました。

さあ、それでは実際に聴いていただきましょう!
(※各音源は、Vari Audio→Auto-Tune→Melodyneの順に並べています。) 

各音源は以下のようにピッチを動かしています。

_残を3度上に移動したもの
音程を5度上に移動したもの
8気離瓮蹈妊を使い、完全に別のメロディに書き換えたもの

おまけ
げ残に対する3度下のハーモニー
ゥリジナルトラック+

いかがでしたでしょうか?

Vari Audio、Melodyneはかなり自然な仕上がりになっていると思います。

元の音色をできるだけ劣化させず音程だけが変化するような印象を受けました。
特にMelodyneはすごくいいですね!3度、5度くらいの移動だとほとんど変化がありません!

Vari AudioはMelodyneと比べると若干音のビットレートが下がったような変化が感じられますが、2mixに混ぜてしまえば全然気にならない程度ですね。DAW標準付属の機能にも関わらず、このクオリティは凄まじいと思います。

Auto-Tuneは音色の変化がかなり大きくでてしまうなーという印象でした。
逆にこういった音色の変化を狙ってエフェクター的に使用するの使い方のほうが定番になって来ている気がします。

また、Auto-Tuneには演奏中にリアルタイムで細かいピッチのズレを直す自動補正機能というものがあります。この機能はVari AudioやMelodyneには備わっていません。
なので、リアルタイム補正をしたい方にはオススメの商品です。最近では、このリアルタイム補正に特化した「 Auto-Tune 7 Live」もリリースされたので要チェック!(※各パラメーターをMIDIコントローラーなどにアサインし、リアルタイムで変化させることもできます!!)

以上、今回は3つの主要ピッチ修正ソフトについての比較検証を行ってみました。
楽しんでいただけましたでしょうか?
私は自分が普段からVariAudioを使用していることもあってかなりVariAudio推しだったのですが、Melodyneのあまりの音の良さには驚きました。推し変更も視野に入れるかもです(笑)

いずれの製品も店頭にて実際にお試しいただけますので、ドシドシご来店くださいね♪

Steinberg  Cubase 7 ¥61,510


Antares
  Auto-Tune7 ¥30,650

Celemony
  Melodyne Editor2  ¥32,832


担当/遠藤 


主要DAWを極める!選任スタッフが各主要DAWの最新情報と特徴を徹底チェックしてユーザーをサポートします☆
Pro Tools Pro Tools
Cubase
St-One
live
BITWIG
D.P.
Sonar
FL-st
Logic
Sibelius
Finale