宮地楽器神田店オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
Avid Zone Pro
Premium Line
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382
>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • HD版もNative版も、McDSPの単体プラグインがすべて50%OFF!10月5日(月)まで。
    yan
  • 2016 WINTER NAMM : YAMAHA 新たなフラッグシップMONTAGEはシンセであり「楽器」
    ハマ
  • 2016 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ澤田編
    ハル
  • 【応募受付終了】KOMPLETEシリーズのセミナー"TAKE KONTROL"が2015年1月11日に開催決定!
    中西亮詞
  • ライバルに差をつけるプロのミックステクニックを伝授!Mixテクニックセミナー開催!
    松重行正    
  • <更新>Pro Tools 11/HD11で動作保証されるAppleコンピューター
    セバスチャン
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/澤田
    SatoruOhtani
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/小松
    SatoruOhtani

profile

書いた記事数:2388 最後に更新した日:2017/09/25

【主要DAWを極める!】Ableton/Live 9

この記事は2017.03.26 Sundayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

「リアルタイムな作曲/DJパフォーマンスをノンストップで行えるDAW」

 

「Ableton Live」は名前が示す通り、直感的に感性のままにノンストップ(Live感覚)でトラックを作れます。ノンストップと言うといろいろ語弊があるので、別の言葉に言い換えると「適当に触っている内に予想を遥かに超えた曲が出来ている。」といた感じでしょうか?事務的な作業よりも、思いつきでいじっているうちに狙っても作れないモノが、ちゃんとしたクォリティーで作れるおもちゃの様な操作感のソフトです。特にオーディオに対するEDIT能力がずば抜けて高く、「録音してから=音を取り込んでから」がこのソフトの本領発揮だと思います。

 

著名ユーザー(敬略称)

m-flo☆Taku Takahashi :VERBALとm-floを結成。ソロとしても国内外アーティストのプロデュースやRemix制作も行う。
livetune kz:初音ミクのボーカロイドを使用した楽曲が話題となり、DJもこなす音楽プロデューサー
 

お薦めユーザー

・DJ/ライブのパフォーマンスでDAWを使いたい方
・何もないところから、リアルタイムに楽曲をつくっていきたい方
・ダンスミュージックを作りたい方
・Live等で同期を使うバンドマン
・劇場や放送局などで音声を担当されている方

 

Ableton/Live 最新アップデート情報

 

最新アップデート情報はこちら!

http://miyaji-parec.jugem.jp/?eid=2314

 

ここがポイント!1:操作が簡単だから迷わない!直感的な操作が可能


Ableton Liveは、マニュアルを読まなくても、感覚でペタペタと付属のループを貼るだけで楽曲が作れてしまうくらい簡単な操作感が魅力です。大量のループを始めループを始め、ドラムキットやサンプラーもたくさん入っており、ループのテンポを変えたりピッチを変えるたりするのもプラグインを読み込む必要がなく、ほぼクリックのみで行けます。

一般的なDAWは横軸が時間軸でトラック縦に並んでいますが、Ableton Liveには「セッションビュー」と呼ばれる独特の表示方法があります。1つ1つの四角いマス(Liveではクリップといいます)ごとに違うループをアサインすることが出来、縦に向かって時間軸(Liveではシーンといいます)が動くのですが、次のシーンをクリックするまで、ひとつのシーンはループ再生されます。いろいろなトラックを走らせながらフィルターやディレイで展開を作るパフォーマンスに向いてるViewです。Liveの内蔵エフェクトもパフォーマスを意識した独特(変わった?)ものが多いのもこのDAWの特徴です。



※DAWに慣れている方にはおなじみの、トラックが縦に並ぶ「アレンジビュー」の表示ももちろんできます。

 

 

なお、RECを押した後に「セッションビュー」で操作した内容は、オートメーション情報もう含め、すべて「アレンジビュー」に書き込まれるので、リアルタイムプレーを作品としてしあげることも可能です。逆に「セッションビュー」で作ったものを「アレンジビュー」に並べていくことも可能なので、「アレンジビュー」でループを幾つか作り、それ「セッションビュー」に持っていきアレンジを詰め、それを「アレンジビュー」に素材として戻して、更に作り込むなど、LiveというDAWそのものが1つの機材=楽器の用になり、アイディアしだいで縦横無尽な製作スタイルが行なえます。


 

2:リアルタイムな制作/パフォーマンスに最適!


Ableton Liveはコンピューターへの負荷が小さいので、作業中に止まることは滅多にありません。「動作が軽くて止まらないからライブやDJでもよく使う」というお客様が多いのもこのへんが大きい理由かもしれません。トラックを作ったり、エフェクトをかけたり、リアルタイムにこれらを行っても音は鳴り続けます。※他のDAWではトラックを作ると音が一瞬途切れたりすることもあります。つまりリアルタイムにどんどん処理がができるために、クリエイティブな作業に集中できます。

まずは即戦力な機能「キーマップモード」と「MIDIマップモード」を紹介!
Live内のボタンやフェーダーをハードウェアにマッピング機能ですが、どのDAWよりも簡単かつ一瞬で出来るためにハードウェアコントローラーを積極的に使いたくなるのもLiveのポイントかも知れません。

「キーマップモード」は、Liveで操作したい箇所をクリックし、コンピューターのキーボードをおすだけで、その機能をキーボードのボタンにアサインすることがで きます。また「MIDIマップモード」では、同じくLiveで操作したい箇所をクリックしたら、接続しているMIDIコントローラーのパラメーターを触ることでアサインできます。エフェクトのかかり方を変えたり、瞬時にクリップを切り替えるなど、直感的な作業の手助けとなります。

 

 

更に専用のコントローラー「Push 2」と組み合わせると、殆どの作業がマウスやキーボードを使うこと無く出来る様になるためによりストレスを感じずに制作に集中できます!

Ableton Liveは最近ではPA現場でも導入が増えています。ライブでの効果音のポン出しをPAさんが行うときに、このLiveが愛用されているそうです。これも 動作が軽いためにライブで音が止まらない/落ちないということと、これらキーマップやMIDIマップで直感的に音を出せるからなのでしょうね。
 

3.日本語でいろいろと親切!

 

操作感がシンプルなのはもちろんなのですが、細かく気がきいてるなと思うのが以下の2つのVIEWです。

常に画面の左に「ヘルプView」と言うものを表示することが出来ます。何が表示されているかというと、新機能や用語の説明だったり、初めてLiveを触る方がその通りに進めるだけでLiveの基本的にな使い方が身につく攻略本のようなチュートリアルツアーが表示されております。もちろん全て日本語なのも嬉しいところですね!

 

もう一つは常に画面の左下に表示できる「インフォView」です。Live内にあるボタンやパラメータの上にマウスポインと持っていくだけで、それの説明を表示してくれる地味ですが、とっても有効な機能ですよね!

 

 

 

4.オーディオからいろいろ出来ます!

 

文頭でLiveの特徴は「オーディオのEDIT能力がずば抜けて高い!」とあげましたので、少しだけ突っ込んだ内容をご紹介します。

オーディオのファイルをの上で右クリックを押すと、他のDAWでは見かけないメニューが色々出てきます。

 

例えば、ドラムのループの不ファイルを選んで一番下の「ドラムを新規MIDIトラックに変換」を押すと、以下の様なMIDIデータが出来ます。

 

オーディファイルのビート(楽器ごとのピッチ)を解析して、それに適応する感じでMIDIファイルを生成してくれるんですね〜!

もちろん、解析するファイルがコード楽器の様な和音なら「ハーモニーを新規MIDIトラックに変換」、歌などモノラルなら「メロディを新規MIDIトラックに変換」と素材に合わした解析を行ってくれます。想像以上に正確なので、使い方次第ではかなりクリエイティブな作業ができそうですね!

 

MIDIに変換するだけではなく、任意のアタック位置で細切れにして、内蔵のドラムサンプラー「DrumRack」にアサインまでしてくれる機能もあり、こちらはサンプリングを中心行う製作スタイルの方には既にかなりの信頼を得ています。どんなオーディオファイルも一瞬でに自分で弾けるブレイクビーツにしてくれるこの機能は病みつきになりますよ〜!

 

まだまだ続きます!更にオーディオファイルが持っているグルーブ感のみを抽出し、他のファイルのクオンタイズに使うことが簡単に出きます。

 

これはどういった時に特に有効かというと、複数のループを重ねるときにメインにするループのグルーブを他のループ等に適用することで、さらに一体感のあるループを作ることが出来ます。このグループの抽出&適用があまりにも簡単なので少しでも気持ちいいビートを感じたら「取り敢えずそのグルーブを抽出だけしとく!」って人も多いのではないでしょうか?時間が有る時にベタ打ちの似たようなビートに適用させて「どこがズレとこう聴こえるのか?」なんてお勉強もお薦めします。

 

各バージョンの違いについて

Standardを基準にすると以下の感じです。

<Suiteとの主な違い>

・「Analog」、「Operator」を始めとする6種類の追加ソフトシンセ、数十GBの追加PACK(ループとサンプル)等の大量な音源が付属します。

・「Max for Live」という、Liveの中でCycling '74のMaxを使って世界中で作られた音源やエフェクトを追加できます。

・「Amp」「Cabinet」「Corpus」のオーディオエフェクトが追加されます。

 

<Introとの主な違い>

・オーディオとMIDIトラックが16トラック制限(Standard、Suiteは無制限)

・シーンが8個まで(Standard、Suiteは無制限)

・センドトラックとリターントラックが2個まで(Standard、Suiteは12個)

・オーディオの入出力が各4chまで。

・その他、前述の機能や音源数に大きな差があります。

 

Official HPの比較表はこちらから!

https://www.ableton.com/ja/live/feature-comparison/

 

製品・販売価格一覧

Ableton Live Standard ¥56,800
Ableton Live Suite  ¥90,800

Ableton Live Intro  ¥13,800

Ableton Push2  ¥88,800

 

お問い合わせ先

 

 

メーカーサイト

記事担当/澤田

友だち追加
関連する記事

主要DAWを極める!選任スタッフが各主要DAWの最新情報と特徴を徹底チェックしてユーザーをサポートします☆
Pro Tools Pro Tools
Cubase
St-One
live
BITWIG
D.P.
Sonar
FL-st
Logic
Sibelius
Finale