宮地楽器神田店オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
Avid Zone Pro
Premium Line
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382
>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • HD版もNative版も、McDSPの単体プラグインがすべて50%OFF!10月5日(月)まで。
    yan
  • 2016 WINTER NAMM : YAMAHA 新たなフラッグシップMONTAGEはシンセであり「楽器」
    ハマ
  • 2016 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ澤田編
    ハル
  • 【応募受付終了】KOMPLETEシリーズのセミナー"TAKE KONTROL"が2015年1月11日に開催決定!
    中西亮詞
  • ライバルに差をつけるプロのミックステクニックを伝授!Mixテクニックセミナー開催!
    松重行正    
  • <更新>Pro Tools 11/HD11で動作保証されるAppleコンピューター
    セバスチャン
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/澤田
    SatoruOhtani
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/小松
    SatoruOhtani

profile

書いた記事数:2090 最後に更新した日:2017/03/25

話題の製品を実際に使ったらこうだった!~ドラム音源ソフトウェア比較企画~

この記事は2014.06.08 Sundayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)




ドラム音源比較企画!!人気4製品あなたの好みは??







ここ半年近く各メーカーが次々とドラム音源の新製品をリリースしました。BFDやAddictiveDrumsの最新ナンバリングタイトルも気になる所ですので、スタッフが4製品の比較を行いました!!それぞれ音色やグルーブエディター、ミキサーに特徴がありドラム音源の用途によって使用環境にピッタリはまるお気に入りの商品を見つけて下さい!!




生ドラムを録りたいけどマイキングやミックスが面倒、だけどリアルなサウンドが欲しい...作り込んだサウンドは必要ないのでサクッとお手軽にドラムトラック を完成させたい...ドラム音源に関しては様々な問題と、数多くの製品の選択肢があり1つに絞りきれない悩みの種となっている方も多いのではないでしょうか。今回の企画ではそれぞれの音源の「ROCK系」プリセットと「8ビート」グルーブを使用、購入すれば即導入できるキットで比較してみました。





サウンドサンプル











FXpansion  BFD3



クリックで拡大

ドラム音源と言えば「BFD」と聞く事も多いですが、十分に納得できるほどドラムサウンドについての深い研究と多彩なサウンドメイキングを感じる事ができます。


BFD3 のサンプルサウンドにはプリセット「BFD3 Rock 1 JM」を使用。音の分離感とヌケの良さが抜群に良く、ハイハットをアップダウン奏法で叩いた時のベロシティ変化やルームマイク・アンビエンスマイクの質感 は生ドラムに匹敵するレベルまで追い込む事ができます。ドラムのリアルさとサウンドエディット項目の豊富さは、他のソフトを卓越しています。






BFD3の最大の特徴「生ドラムらしさ」の秘密は右に記載の画像をご覧下さい。BFD3のグルーブエディターの一部を拡大しました。赤枠内のHum.TimeHum.Velを両者共に50100で変化させた時のグルーブの違いです。お察しの通り前者は「Humanize Time」、後者は「Humanize Velocity」の値の設定ノブです。


,任魯劵紂璽泪淵ぅ困のグルーブです。8分のグリッドにぴったり合ったタイミングと規則正しいベロシティになります。所謂打ち込みドラムの様にベタッとしてしまいます。


△魯劵紂璽泪淵ぅ50でバラつきを与えました。人間がドラムを叩いた時に生まれる「ハシり」や「モタつき」が見事に再現されています。表裏の強弱もよりリアルになりました。


はヒューマナイズ最大100の設定です。ここまでくると逆にわざとらしくなってしまいます(笑)ですがタイミングで最大1/32ほどずらす事ができますので、先に録ったギターやベースのリズムぶれに合わせてBFD3にヒューマナイズをかけ、「揺らぎ感」を出しても良いですね。




■FXpansion  BFD3   ¥39,960


■FXpansion BFD3クロスグレード ダウンロード版 ¥29,800



■FXpansion BFD3クロスグレード USBメモリ版 ¥32,800






xlnaudio AddictiveDrums2


クリックで拡大

その名の通り使えばその中毒性にハマってしまう「AddictiveDrums2」、プリセット「STUDIO ROCK」のサウンドはいかがでしたでしょうか?


パワー感とサウンドの一体感は4つの音源の中でも随一、迫力のドラムサウンドとエディット不要のミックスバランスは即戦力になること間違い無しです。前作か ら更に強化された音源・エディット機能・リズムパターンでAD愛好家のみならず、初めてドラム音源を導入する方にもオススメのソフトです!!今回の様な ロックサウンド以外にも、ローファイなオールドロックからダンスミュージック系打ち込みサウンドまで幅広く拡張音源を扱っている点もグッドです。






AD2のEDITウィンドウでキックの編集をしている画面です。

キッ ク、スネア、シンバルなど各パーツごとにシングルウィンドウで音色調整ができる仕様となっています。DAWソフト上のマルチアウトに対応していますので個 別にプラグインをインサートする事もできますが、AD2にはEQやコンプさらにはテープシミュレーターまで付いていますので単体で十分なクオリティにサウ ンドエディットをする事ができるのです。


またパーツ別にオーバーヘッド、ルームマイクへの送り量を加減しオフマイクで捉えた鳴り感を変化させたり、PANに加えてROOMやOHのSTEREO WIDTHの広がりを調整してオケ全体の中でのドラムの響きを変化させ馴染ませる編集もできます。




■xlnaudio AddictiveDrums2 ArtistBundle   ¥19,440







YellowMatterEntertainment SSD4



クリックで拡大

続いては、ドラムサウンドを知り尽くしたエンジニアが送り出す渾身のロックドラム・サンプル集「SSD4」です!!


サ ンプル音源の秀逸さ、一聴して分かる"使える音"はSteven Slateがこだわりを持って収録したであろう事が感じられます。プリセット一発で十分満足できるドラムセットを構成していますが、さらにベロシティカー ブやダイナミクスを細かく調整するエディターを持つハイブリッド・ドラム音源です。


それもそのはず、SSD4のプレイヤー部分は SlateDigital社のリプレイサー「Trigger」開発チームが構築したものなんです。Triggerユーザーには馴染み深いエディターで熟練 ドラマーの生み出すゴーストノートや、ベタ打ちにならないリアルなストローク感を演出して下さい。






こ ちらがSSD4のエディター画面です。AD2の様な細かいEQ,フィルターセクションはありませんが、サンプル音源が調整不要なほどに"イイ音"の自信の 現れではないでしょうか?もちろんパラ出しもできますので好みのEQやコンプで色付けし音色の幅を広げることもできます。


右側の 3種類のカーブに注目して下さい。「Dynamics」「Velocity」「Range」の設定でSSD4の繊細なドラムサウンドを作り込んで行きま す。スネアを見てみると、例えば今回読み込んでいるRock系のスネアでは弱めのベロシティだと小さなアタック音でスナッピーの震える音が余韻を残し、強 めのベロシティでは張りのある乾いたサウンドが気持ちよく響きます。ドラムを打ち込む際、強めに鍵盤を打ち込む癖のある方でもVelocity Curveを小さい値で設定する事で、80~127の間で十分に表現の差を付けグルーブ感を生み出すことができます。




■YellowMatterEntertainment SSD4 Platinum   ¥19,440







Toontrack EZDrummer2


クリックで拡大

ラストはお手軽ドラムの雄「EZ Drummer 2」のご紹介です。その名の通りEASY(EZ)なドラム音源です!!


こ こまで紹介してきた3製品の解説を見て「ちょっと面倒そうだな...」と思った方は、迷わずEZ Drummerをご購入下さい!!というのもユーザーがソフトウェアの操作に手間取ることなく制作のクリエイティビティを阻害せずにドラムトラックを作成 できることがEZ Drummerの最大の特徴であるからです。


ではサウンドも簡易なものなのか?と言ったら、そこは数多くのサ ンプル音源を扱うメーカー製品なだけあり十分張り合えるクオリティを確保しています。WZ Drummer 2ではサンプルと共にオーディオエンジンの刷新も行われた為、音質向上とサンプルのロード時間短縮と2のナンバリングに恥じないアップグレードを実感でき ます。






EZ Drummer 2のグルーブ編集画面の一部です。、□とMIDIノート数が徐々に増え複雑なドラミングになって行くのが分かりますね。


こ ういったフレーズの変化をEZ Drummer 2ではワンノブの操作で可能にしてしまいます。画像内の「Amount」ノブをご覧下さい。プラス方向にノブを回し,任錬款節内に52ノート打ち込まれ ていますが、△任錬坑殴痢璽箸冒えました。さらにでは140ノートになりドラマーも忙しそうです。このノート数の加減をAmountノブで自由に操る 事ができます。


今回はドラム全体でMIDIノート変化を行いましたが、「キックやタムのみ打数を増減させる」といった使い方もで きますので限りないパターンのフレーズをワンノブ操作で生み出す事ができるんですね。さらにとなりのVelocityも併用すれば繊細なドラミングから 徐々にダイナミクスを付け複雑なパターンに進行する、なんてパターンも組み上げられます。

これまではマウスやコピペを駆使してぽちぽち打ち込まなければならなかったグルーブ制作を、簡単操作でサクサク行えるのがEZ Drummer 2の特徴です。決して簡易なソフトという訳ではないですよ!!(笑)




■TOONTRACK   EZ Drummer 2   ¥16,200











クリックで拡大
4製品の早見表をご覧下さい。横軸がEasy←→Fine(セッティングの精密さ)、縦軸がReal←→Sample(サンプル音源のリアルさ)となります。



音源の生っぽさと作り込みをしたい方は「BFD3」、逆に簡単にドラムトラックを作成したい方は「EZ Drummer 2」がオススメです。今回ドラム音源ソフトを比較していて違いを一番感じたポイントはグルーブエディターです。ジャンル分けされたプリセットが用意されて いる事はどのソフトも共通ですが、さらに揺らぎ感の調整やオリジナルグルーブの作成など独自の機能を盛り込んでいるので、ご自身の制作環境にマッチするも のを選んで作業スピードアップや楽曲制作の幅を広げるサポートにもなる様に感じました。




もちろん今回ご紹介した4製品は店頭マシンにインストールされていますので、操作感や音色を実際に見て聞いて頂くこともできます。ご購入の際には是非参考にして下さい!!今後は「アンプシミュレーター比較」「1176プラグイン対決」なども企んでいますので、お楽しみに!!