宮地楽器神田店オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
mail magazine
Avid Zone Pro
Premium Line
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382
>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • HD版もNative版も、McDSPの単体プラグインがすべて50%OFF!10月5日(月)まで。
    yan
  • 2016 WINTER NAMM : YAMAHA 新たなフラッグシップMONTAGEはシンセであり「楽器」
    ハマ
  • 2016 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ澤田編
    ハル
  • 【応募受付終了】KOMPLETEシリーズのセミナー"TAKE KONTROL"が2015年1月11日に開催決定!
    中西亮詞
  • ライバルに差をつけるプロのミックステクニックを伝授!Mixテクニックセミナー開催!
    松重行正    
  • <更新>Pro Tools 11/HD11で動作保証されるAppleコンピューター
    セバスチャン
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/澤田
    SatoruOhtani
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/小松
    SatoruOhtani

profile

書いた記事数:2773 最後に更新した日:2018/08/20

CUBASE PRO 8.5 / ARTIST 8.5が本日発表!新機能や特徴をまとめました。

この記事は2015.12.02 Wednesdayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

iyoiyokoukai.png
本日12月2日19時、Steinberg CUBASE PRO 8.5の情報がオープンになりました。

国内外問わずユーザー数の多い主要DAWのアップグレードという事で、楽しみにされていた方も多いのではないでしょうか。早速詳細をレビューして参ります。

今回の8.5での主立った新機能は以下の5つとなります。
友だち追加


10月発売!Steinbergがソフトウェア音源のパッケージ"Absolute"を発表

この記事は2015.09.09 Wednesdayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)


ソフトウェア音源集AbsoluteSteinbergから発売されている10種類のソフトウェア音源がひとつのパッケージになりました。
"Absolute"は合計10商品、サンプルは60GB、プリセット総数5,500以上で構成されています。

友だち追加


Cubase 7.5が12月5日リリース!新機能のファーストインプレッションをまとめました。

この記事は2013.11.29 Fridayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)


プロアマ問わず国内外のサウンドクリエイターから人気が高いSteinberg Cubaseシリーズ。

そのフラッグシップである「7」が12月5日に「7.5」にアップデートされます。


Cubase7の発売が2012年12月5日だったので、およそ1年振りのアップデートとなります。

Cubase6の発売から6.5の発表に至るまでも1年程度でしたので、非常に順当なタイミングと言えるでしょう。



新機能の数々のファーストインプレッションを、各機能と共にご紹介いたします!




□新機能 "トラックバージョン"


1つのトラック内に異なるバージョン違いを作って、簡単に比較出来る機能です。

同一のトラック上でイベントおよびパートの複数バージョンを作成してIDで管理し、色々なパターンを試行出来るようになります。




これまでのレーン機能にIDを振り分けたイメージですが、実際は全く異なるもの。


複数のトラックを作らずとも、新たな録音をゼロから始めたり、異なるテイクやコンプを比較したり…。


曲作りやレコーディングにおける試行錯誤がさらに手軽になったので、より制作がやり易くなりました。




□新機能 "Instrument (T)rack 2.0"


インストゥルメントトラックがラックインストゥルメントと同様の機能をサポート。

まず、複数のオーディオが1つのインストゥルメントトラックから出力出来るように。

さらに複数のMIDI入力もサポートされるので、マルチティンバー音源を普通に使う事が出来る様です。


インストゥルメントトラックとルーティングされたMIDIトラックは紐付けされたまま保存も出来るそう。

ですから、良く使うプラグイン、例えばHALionやKONTAKTなどは予め音源を読み込んだ上でインストゥルメントトラックプリセットとして保存しておくとプラグイン立ち上げの手間が省けるかも知れませんね。



これで山のように溜まったテンプレートファイルが掃除出来るかと思うと、今から楽しみです。




また、これまであまり変化の無かったVSTインストゥルメント画面にも大きな変更点があります。





ご覧の通り、VSTクイックコントロールが追加されています。

こちらは通常のクイックコントロールから独立したパラメータなので、選択中のみ触れる優れもの。

正当進化という形で嬉しくなるアップデートですね。



□新規に追加されたプラグイン


閑話休題、ここで新しく追加されるプラグインの数々をご紹介します。



REVelation

早期反射とリバーブテールを持つ高品質アルゴリズムのリバーブエフェクトを生成


Magneto II

アナログテープマシンでの録音のサチュレーションと圧縮をシミュレートするディストーションプラグイン


LoopMash FX

DJプレイで使われるエフェクトを収録


Gateの改良

Gateを閉じたときの減衰量を設定する「Range」パラメーターが追加


HALion Sonic SE 2

HALion Sonic SE の後継シンセ/GUIの改良、新しいアナログシンセモジュール"Trip"を搭載


Groove Agent SE 4

Groove Agent ONE の後継製品/128 個のパッドを使ってビートの打ち込みが可能


VST Connect SE 2

VST Connect SE の後継プラグイン/遠隔地からのレコーディングが可能





HALion Sonic SEやGroove Agentなどバンドルされるソフトウェア音源が強化される他、REVelationやGateの改良などのエフェクトも充実しています。





HALion Sonic SE 2にはTripと呼ばれるバーチャルアナログシンセ音源が搭載。

Groove Agent SE 4には複数のドラム音源が追加される見込みです。



また、昔からCubaseを使用している方にとっては「Magneto」の復活もニヤリとする所でしょう!





このプラグインは以前のものと同様に暖かみのあるアナログ感をサウンドに付加できる他、トラックに適用するエフェクトの周波数帯域を選択でき、その他にもデュアルモードなどの優れた新機能も備えています。

MagnetoのためだけにCubase/Nuendoを使っていた、なんて人もいた程ファンの多いプラグインです。



さらに、Cubase5から搭載されたLoopMashもここにきて大幅に強化されました。

機能の割に着目されることの少ない様に感じるこちらのエフェクト、実は非常に強力です。

打ち込みでは再現し辛いスクラッチ音等をパッと作れるため、打ち込み主体の楽曲で特に効果を発揮します。





また、その他の機能として


1.クイックコントロールの保存/読み込みが可能に

2.再録音モードの追加

3.プロジェクトの表示色ダイアログの追加

4.ロジカルエディターの改良

5.スコアエディターの強化


などなど、地味ながら着実に作業能率を上げてくれそうな改良点が多々あります。

1.については実はかなり大きな改善点だと感じていて、何故かと言えばこちら…。






そう、こちらのCMC-QCがかなり輝くのではないかと踏んでいます。


8つのノブの機能をプリセットとして保存出来たら、それをワンクリックで呼び出せたら。


かなり作業がスピーディになる予感がしますね。



2.の再録音モードも非常に便利そうな印象。

録音を始めて数秒後、ミスに気付いて録り直す時に、いちいちオーディオファイルを消してタイムラインを戻して…なんて事をする必要はこれからはありません。

これからは録音ボタンを再度押す事で、再び同じ位置からレコーディングを開始する事が可能です。



3.のカラーリングについても、デフォルトに一発で戻せる様になったそうです。

カラーパレットを間違えて触ってしまってトラックがゾンビみたいな色合いになった時も安心です。






アップデート方法について

バージョンアップ / アップグレード情報については、下記リンクをご参照ください。



http://japan.steinberg.net/jp/support/update_guide/cubase_75_update_guide.html

Cubase / Cubase Artist を2013/10/15以降にアクティベートされた場合は、無償にて Ver.7.5 にアップデート可能です。






と、ここまで、所感のみではありますが簡単にまとめてみました。

華々しい新機能は無いかも知れませんが、着実に作業能率を上げてくれる改良が多く行われている印象です。



当店もリリースと同時にアップデートする予定ですので、お悩みの方は是非ご来店下さい。


※追記
11/30現在、インストールが完了しましたので店頭でお試し頂ける状態になっております。


CMC等の周辺機器も取り揃えておりますので、新しいCubaseの操作感を体感して頂けると思います。




以上、Cubase 7.5のご紹介でした。

また詳細な情報が分かり次第、追ってブログ記事を書く予定ですのでチェックして下さい!



Steinberg Cubase7
¥59,800-


Steinberg Cubase Artist 7
¥39,800-


Steinberg CMCシリーズ
¥9,800-




担当/神山


□メーカーサイト
http://japan.steinberg.net/jp/products/cubase/new_in_75.html


友だち追加


Cubase7 & Artist 7 アップグレードキャンペーン開始 + CMCバンドル発売!!

この記事は2013.07.09 Tuesdayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)




Cubase 7 / Cubase Artist 7 アップグレードキャンペーンが開始!



7月10日よりCubase 7 / Cubase Artist 7 アップグレードキャンペーンが開始しました。

8月31日までの間、Cubase7とCubase Artist 7へのアップグレード版を特別価格でご提供します。



Cubase 7 アップグレード版 ¥54800 ¥44,800




Cubase Artist 7 アップグレード版 ¥34800 ¥29,800




SteinbergのAudio I/OやYAMAHAのミキサーを購入した時に一緒に同梱されていたバンドル版のCubase、家の押し入れに眠っていたりはしませんか?

フラッグシップのCubase 7を特別価格でご購入頂けるこの機会を是非ご活用下さい!



■アップグレード対応商品


下記の国内正規ライセンスをお持ちの方はそのままアップグレードが可能です。

For Cubase 7

Cubase AI 4/5/6/7、Cubase LE 4/5/6/7、
Cubase SX 1/2/3、Cubase SL 1/2/3、
Cubase Elements 6/7、
Cubase Essential 4/5、
Cubase SE 3 、STUDIO CASE II


For Cubase Artitst 7

Cubase AI 4/5/6/7、Cubase LE 4/5/6/7、
Cubase SE 3 、STUDIO CASE II



※アップグレード対象ソフトウェアをユーザー登録され、かつ、アップグレード対象ソフトウェアのライセンスが登録された、USB-eLicenser (Steinberg Key)、 または、Soft-eLicenser (対象ソフトウェアがインストール / ライセンス認証されているコンピューター) をお持ちである必要がございます




「AIやLEを持っていないと恩恵が受けられないなら、自分には関係ないか…」とお考えの皆様へ!



■宮地楽器オリジナルバンドル「Cubase with CMC」発売開始!


Cubase専用のコントローラーとして評価の高い「CMCシリーズ」。




「シンセの各パラメータをフィジカルにコントロールしたいけど、設定が大変」

「フェーダーをマウスで操作するなんて論外!省スペースかつ安価なコントローラがあれば…」



などなど、かゆいトコロに手が届く抜群のユーザビリティが特徴です。



これらCMCシリーズには「Cubase AI 6」が同梱されます。

つまり、CMCシリーズと上記アップグレード版を同時に購入すると


「Cubase7単体(※)を購入するよりも5000円安く、さらに10000円相当の専用コントローラが付属する!!」


という事になります。


※ Cubase 7 通常価格 ¥59,800


宮地楽器ではこのCMC + Cubase7をバンドルパッケージとして更にお得にご提供します。


数が多いので、一気にご紹介します! ※商品名をクリックする事で通販サイトへジャンプします


Cubase 7 + CMCシリーズ 通常価格 ¥69,780



【Steinberg】Cubase7 + CMC-CH ¥54,000

【Steinberg】Cubase7 + CMC-FD ¥54,000

【Steinberg】Cubase7 + CMC-QC ¥54,000

【Steinberg】Cubase7 + CMC-TP ¥54,000

【Steinberg】Cubase7 + CMC-AI ¥54,000

【Steinberg】Cubase7 + CMC-PD ¥54,000



続きまして「Cubase Artist 7」とのバンドルパッケージです。


Cubase Artist 7 + CMCシリーズ 通常価格 ¥49,600



【Steinberg】Cubase Artist 7 + CMC-CH ¥39,000

【Steinberg】Cubase Artist 7 + CMC-FD ¥39,000

【Steinberg】Cubase Artist 7 + CMC-QC ¥39,000

【Steinberg】Cubase Artist 7 + CMC-TP ¥39,000

【Steinberg】Cubase Artist 7 + CMC-AI ¥39,000

【Steinberg】Cubase Artist 7 + CMC-PD ¥39,000


それぞれの在庫状況などは通販ページを参照して頂ければと思います。


どれを買えば良いのか悩まれている方は、こちらの記事もご覧下さい。



STEINBERGから新商品続々登場!!!!<CMC/URシリーズ>
http://miyaji-parec.jugem.jp/?eid=178




CMCシリーズは全機種店頭で展示しておりますので、お悩みの際はお気軽にご相談下さいね!

以上、
Cubase 7 / Cubase Artist 7 アップグレードキャンペーンのお知らせでした。



メーカーサイト:

http://japan.steinberg.net/jp/shop/go_to_7_campaign_2013.html
友だち追加


【速報!】Steinberg Cubase 7、Nuendo 6 発表!

この記事は2012.11.14 Wednesdayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)


フェーダーのすき間からこんにちは!いのうえです。


本日、InterBEE2012の会場にてYAMAHAよりSteinberg製DAWソフトの最新バージョンである「Cubase 7」および「Cubase Artist 7」「Nuendo 6」正式発表!
2012年12月5日(水)発売予定となっています。


「THE PRODUCER’S CHOICE」と銘打ち、音楽を創る全ての人の利益につながる新機能は他DAWの追従を許さないものという印象です。詳しい機能解説は後日改めて紹介いたしますが気になったものをダイジェストいたします。


■コードトラック

コードワークにまつわるアレやコレが簡単にオペレートできるようになりました!
MIDI鍵盤で押さえたコードを瞬時に表示してくれる機能も便利です。(写真は私が実際に鍵盤を押さえたコードになります。テンションノートもちゃんと表示されています)
さらにさらにコード進行を考えるとき、前後のコードからその間で使えるコード進行をCubaseが提案してくれるという嬉しい機能も!
詳細は後日みっちりレビューいたします。


■VariAudio 2.0
Melodyneクラスのピッチ編集が可能なCubaseの機能「VariAudio」が正常進化!
上記のコードトラックと連携することで瞬時にハモリを生成することが可能になりました。
また、MIDIトラックのピアノロール画面のように各オーディオトラックのVariAudioの編集画面を重ねて表示できるようになったのはかなり編集が楽になると感じています。
この機能も後日みっちりレビューいたします。


■Voxengo Curve EQ追加や標準搭載プラグインのアップデート

EQカーブを自在に操作することが可能で業界でも人気のVoxengo製64バンドカーブEQがCubaseに標準搭載!
スペクトルアナライザーも同時に表示されるので視覚的にも音を操ることができます。
またブリックウォールタイプのリミッターが追加されたのも嬉しいところです。


■Mix Console + Channel Strip

ミキサーが大進化しました。
ミキサー画面やフェーダー等のリサイズが可能であったり超フレキシブルになった印象です。
この発想は色々なDAWを平たく見ても頭一つ飛び出たものになっていると感じました。この機能も後日みっちりと!


その他にも新機能が満載で早く実機を試したくてウズウズしている現状です。


Nuendoに関しても、Cubase 7の新機能の網羅はもちろん、
EBU準拠ラウドネスソリューションの搭載やADR(アフレコ)のディレクション機能の強化、
テープデッキを使用しないファイルベースのMAで重宝するタイムコードのスーパーインポーズが可能になったりと
今まで以上に痒いところに手が届くフラグシップDAWに仕上がっていると感じました。
またNuendo得意のサラウンドもAuro 13.1まで対応したり、
IOSONO社のAnyMix Proが標準搭載されたりとたまらない仕様になっています。


Cubase 7と合わせて実機をじっくり使用した上で改めてレビューさせていただきたいと考えてますので、今しばらくお待ちいただけると幸いです。
もちろん発売に合わせて店頭展示いたしますので一緒にゴリゴリ試しましょう!


気になる価格は…なんと、一部の商品が値下がり!


■Steinberg Cubase 7
・通常版:「¥59,800-税込」
・アカデミック版:「¥39,800-税込」
・AIからのアップグレード版:「¥54,800-税込」


■Steinberg Cubase Artist 7
・通常版:「¥39,800-税込」
・アカデミック版:「¥24,800-税込」 
・AIからのアップグレード版:「¥34,800-税込」
 

■Steinberg Nuendo 6
・NEK無しの通常版:「¥248,000-税込」
 ※NEKはSteinbergオンラインのみの販売となります。


※本日より、旧バージョンであるCubase 6.5も同様の価格で購入でき、無償アップグレードの対象となります。
また、2012年10月25日(木)以降にユーザー登録を行った方も無償アップグレードの対象になります。※Nuendoに関しては現在確認中です。


安定性のことも考えてると今のうちにCubase 6.5を購入し、より安定したタイミングでCubase 7に無償アップグレードするのがオススメです!

※当店はSteinberg Labのためありえませんが、市場に出ている並行輸入のCubaseは、無償アップグレードの対象にならない場合がありますので、YAMAHAにお問い合わせください。※現在確認中。


■Steinberg Cubase 6.5<Ver7無償アップグレード対象>
・通常版:「¥59,800-税込」※アカデミック版も在庫あります。
ショッピングサイト

■Steinberg Cubase Artist 6.5<Ver7無償アップグレード対象>
・通常版:「¥39,800-税込」※アカデミック版も在庫あります。

ショッピングサイト

新しい情報が入り次第、随時こちらのブログで紹介していきます!それでは失礼いたします。
友だち追加



主要DAWを極める!選任スタッフが各主要DAWの最新情報と特徴を徹底チェックしてユーザーをサポートします☆
Pro Tools Pro Tools
Cubase
St-One
live
BITWIG
D.P.
FL-st
Logic
Sibelius
Finale