宮地楽器神田店オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
Avid Zone Pro
Premium Line
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382
>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

recent comment

  • HD版もNative版も、McDSPの単体プラグインがすべて50%OFF!10月5日(月)まで。
    yan
  • 2016 WINTER NAMM : YAMAHA 新たなフラッグシップMONTAGEはシンセであり「楽器」
    ハマ
  • 2016 WINTER NAMM : Coming soon!直前情報のまとめ!スタッフ澤田編
    ハル
  • 【応募受付終了】KOMPLETEシリーズのセミナー"TAKE KONTROL"が2015年1月11日に開催決定!
    中西亮詞
  • ライバルに差をつけるプロのミックステクニックを伝授!Mixテクニックセミナー開催!
    松重行正    
  • <更新>Pro Tools 11/HD11で動作保証されるAppleコンピューター
    セバスチャン
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/澤田
    SatoruOhtani
  • 2014 NAMM:編集後記 担当/小松
    SatoruOhtani

profile

書いた記事数:2386 最後に更新した日:2017/09/22

Slate Digital 「VTC Virtual Tube Collection」 発売!

この記事は2017.06.03 Saturdayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

Slate Digital 「VTC Virtual Tube Collection」 発売!

Slate Digitalの新たなスタンダードとして注目を集めるVMRの追加モジュール 「VTC Virtual Tube Collection」 チューブサーキット・シミュレーターが発売となりました。 LONDON、New York、HOLLYWOODと、それぞれ発祥の地が異なるオリジナル・ハードウェアをモデリングした3種類のヴィンテージ・チューブ回路を再現するVMRフォーマットのモジュールセットです。※VMRラックは無償でバンドルされますので、VTC単体の購入でもご使用頂けます。

 

友だち追加

Slate DigitalのVMSがついに発売決定!!

この記事は2016.12.02 Fridayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

NAMM SHOWなどの海外の展示会では大々的に公開され、国内での発売が期待されていましたハードウェアとソフトウェアの融合によるレガシー・マイクロフォン&プリアンプのエミュレーション・システム「VMS」。

ついに国内発売が決定しました!

 

VMS Virtual Microphone Systemは、究極の透明感を追求したラージダイアフラム・コンデンサー・マイクロフォン「ML-1」と、ニュートラルな音質でリニア特性を持つマイク・プリアンプ「VMS-ONE」の組み合わせで収録された音源に、Slate Digitalが誇る最先端のデジタル・テクノロジーに基づくソフトウェア・プロセッシングを施すことで歴史に名高いマイクロフォン及びプリアンプのクラシック・トーンを忠実に再現するハイブリッド・システムです。

 

友だち追加

2016 WINTER NAMM : 編集後記 スタッフ神山編

この記事は2016.02.13 Saturdayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)


NAMM SHOW 2016 終了から1ヶ月あまり。
青い海、青い空、広い会場と無数の機材に思いを馳せながら、私もまた忙しい毎日に戻っております。

Pro ToolsやDigital Performerなどの主要DAWのアップデートや、Omnisphere 2を始めとする大型ソフトウェアのリリースなど華々しい出来事が多かった昨年度と比較して、モジュラー村や各種エフェクターメーカーなどの小〜中規模ブースの隆盛が目立ったNAMM SHOW 2016。

もう1人の現地スタッフ澤田の例に倣いまして、私も「気になった製品ベスト3」を上げてみたいと思います。
友だち追加

2016 WINTER NAMM : Slate Digital 噂のマイクモデリング「VMS」実機がついに登場

この記事は2016.01.23 Saturdayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)


Slate Digitalから、いよいよ「VMS」のリリースが間近であるとの発表がありました。
1年前のNAMMに発表されたこのVMS(=Virtual Microphone System)ですが、一言でいえば、「ビンテージマイクのシミュレーター」です。仕組みとしては、Slate DigitalがVMSのために開発したスーパーフラットなコンデンサーマイクと専用のマイクプリアンプを用いて、VMRソフトウェア上で収録された音声を変化させるというものです。
友だち追加

話題の製品を実際に使ったらこうだった! Kemper Profiling Amplifier vol.2

この記事は2014.07.19 Saturdayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

 

話題の製品を実際に使ったらこうだった!シリーズ。

今回のテーマは先々週に引き続き、

Kemper Profiling Amplifier!!

前回はKemperの目玉機能について、ザックリとした紹介をさせていただきました。

Vol.2ではその中でも一番の目玉機能、

アンプ・プロファイリングに絞ってご紹介させていただきます!!

今回はサウンドサンプルもありますので、お楽しみに♪
そして、当店でご購入くださった方にはマル秘プレゼントも・・・?

それでは、最後までお楽しみください!



友だち追加

話題の製品を実際に使ったらこうだった! Kemper Profiling Amplifier vol.1

この記事は2014.07.08 Tuesdayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)


話題の製品を実際に使ったらこうだった!
シリーズ。

今回取り上げるのは巷で話題を呼ぶアンプシミュレーター、


Kemper Profiling Amplifierです!!

※ケンパー・プロファイリング・アンプリファイヤー




↑店頭ではこんな感じで展示しております!
 上からAvid/Eleven RackKemper Profiling RackFractal Audio/Axe-FX II XL
 現在のハードアンシミュ界の3強を各種取り揃えております!!

といってもこのKemper、一口にアンプシミュレーターといっても非常に高機能。
一つの記事だけではとてもその魅力を十分に伝えきることができません・・・。

そんなわけで私、新入社員遠藤が
複数回に分けてKemperの魅力をご紹介させていただきます♪



友だち追加

2014 NAMM:編集後記 担当/澤田

この記事は2014.02.03 Mondayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

毎日8時間以上歩いて8時間以上書き続けた数日間、、、、も過ぎてしまえばあっという間!久々の現地ということで、懐かしさも新しさもありの「2014 NAMM Show Report」でしたが、皆様楽しんでいただけたでしょうか?

以前にも増して事前にリーク情報が出ていたにも関わらず、現場に着けば驚きの連続で、皆様と同じくらい(以上かもしれませんw)機材好きの僕としては天国でした(笑)

ということで、個人的に心に残った製品Best 3を挙げさしてもらうとすると、

まず3位、、、、「Arturia/BEATSTEP」です!


ありきたりなMIDIコントローラーと思いきや、多機能過ぎるシーケンサー内蔵だなんて!確定ではないですが、価格的にも1万円台半ばくらいになりそうなので、個人的には買う気まんまんです(笑)

続いて2位は、、、、キーボードの未来を感じた ROLI/Seaboard GRAND」 です!


3Fの廊下という見逃しやすい場所でこっそりと展開していた本製品。かなりの人が気になったのでは無いでしょうか!?鍵盤を押さえたままビブラートなんて、当たり前のようで夢の様な発想が実現したわけですよね!若干高級ですが、手に入れる価値は大いにありそうですね!発売が待ち遠しいです。

そして、堂々の1位は、、、、Slate Digital/VMS」です!


振り返ってみるとこれに尽きるかなと。同社のタッチパネル型コントローラー「RAEVN」も展示されており、ブースは連日&終日大賑わいでした!「VMS」の実力も一聴では実機との差は聞きとれず、音にした瞬間に明らかにサウンドが向上するのが分かりました!

日本の販売価格が決まってないにも関わらず、既に予約をしたいというお客様もいらっしゃったりもして!?こちらも日本に入ってくるのはいつ頃になるのでしょうか?今年の目玉商品になれば良いですね!

個人的には5年ぶりのNAMM Showでしたが、皆様と一緒におおいに楽しめました!振り返れば、もっと書けた記事や見逃した製品もあったなと、、、次回のNAMM Showの担当は未定ですが、また行けるといいな〜(飛行機の時間さえ短くなれば毎回でも、、、)とも思います!

ということで、「NAMM SHOW REPORT 2014」
編集後記はこれにて終了!

ご愛読ありがとうございました!
友だち追加

2014 NAMM 独占取材!FG-Xを産んだ天才デザイナーFabrice Gabriel氏編

この記事は2014.01.23 Thursdayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)
2014 NAMM 独占取材!先日のAurora Audio編に続きまして、、、なんと、発売以来ここ数年でトップ人気を誇るマキシマイザー「Slate Digital/FG-X」を産んだ天才デザイナー「Fabrice Gabriel」氏へのインタビューが実現しました!NAMM直前に発表されたマイク&マイクプリアンプ・モデリング・バンドルの「VMS」を始め、FG-Xの新作のプランや彼自身のブランドである「Eiosis」製品について、自身の生い立ちまでをたっぷりと語ってくれました!

こちらが質問をする前にどんどん自分から話してくれるかなり人懐っこく雄弁な方でした。そのイメージで本文をどうぞ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆まずは、皆さんが気になってしょうがない「Slate Digital」の新作「VMS」(VIRTUAL MICROPHONE SYSTEM)編です。

Fabrice Gabriel氏(以降、Fab):こんにちは!Fabrice Gabrielです!いきなりだけど、2日前に公開された「VMS」はもうチェックしたかい?

宮地楽器(以降、宮地):もちろん!カスタマーもかなり気になってるよ!早速なんですが、Slate Digitalとの共同開発の新作「VMS」について教えて下さい。

Fab:みんなVintageマイク好きだよね?U47とかの素晴らしい音が欲しくてもとても高価だし、バーションや状態も様々だし、よっぽどでもない限りレンタルで済ませることが多いはず。

それとね、少し前にTOTOの新作のプロデューサーからこんな相談があったんだ「楽曲ごとに大量のマイクやマイクプリを試すのは時間とパワーをすごい使うから、どうにかならないか?」って?相談されたのが「VMS」の始まりさ。

宮地:どの様な製品構成になるんですか?後、いくら位になりそうですか?

Fab:ソフトウェアに正確な信号を送るために、機材固有のディストーションや癖の無い可能な限りピュアなハードウェアとソフトのバンドルで、1本のラージダイアフラムのマイクと1本のインストゥルメンタル用のマイク、それに2chのマイクプリ、そしてソフトウェアがセットで$2,000位を予定しているよ!

宮地:それだけセットでその値段は安いね!スタジオにも良いけど、宅録ユーザーにも良さそうだね!

(中略)

☆Fabrice氏の代表作とも言える「FG-X」編です。

宮地:日本で「FG-X」がものすごい人気ですよ!

Fab:それはすごい!めちゃくちゃ嬉しいよ(笑)実は次のバージョンのFG-Xを考えているんだ!新作には従来のアルゴリズムに加えて、かなりクリアでスムージーかつとてもシンプルなアルゴリズムを追加しようと思っている。

デモンストレーションとかで各ノブの機能を説明すると、「そんな機能があったんだ!」とか「ここは何する機能なんですか?」って風に、「FG-X」の機能を使いこなせてないユーザーがいっぱい居ることが分かったから、音がもっと良くなるのはもちろんのこと、2つくらいのノブでシンプルに操作が出来る様にすると思うよ!

(中略)

☆Fabrice氏自身のブランドである代表作「Air EQ」で有名な「EIOSIS」について。

Fab:明日、EIOSISのブースで新しいアナライザーのプラグインを見せるよ、僕の仕事はアナライザーを常に使うだろ。後で「Air EQ」のコントローラーを出そうかと思っている。僕はEQを触るときにマウスやコントローラーにアサインして使うよりも、アナログEQの様にノブで直接触れることが好きなんだ。音を決めやすいし何よりも早いよね。

「Air EQ」の音はほとんどアナログの音がするから、このコントローラがあれば、まさにみんなが大好きアナログEQの出来上がりさ、接続にはUSB、イーサネットの他にwifiも考えている。

CopperLanっていう新しいテクノロジーに期待しているんだ、Wifiとかでとても簡単にそれぞれの機器を相互にコントロールできるから、いろんな可能性を感じてるんだ!

(中略)

☆Fabrice氏の生い立ちと盟友STEVEN SLATE氏との出会いについて。

宮地:どの様に流れで今の様な仕事を始めたんですか?

Fab:もともと作曲が好きで、同時にエンジニアも行っていたんだ。当たり前の様にプラグインを使っていたけど、ある日ビンテージイコライザを手に入れて、その音のにやられたんだ!
Vintageのアウトボードはとってもスムーズな音がするだろ、かなりビックリしたことを覚えてるよ。ボーカル録音に使ってもマスタリングに使っても、すべてが今まで以上のサウンドになった!

その時、閃いたんだ!あるオーディオ(アナログA)を録音することでデジタル(デジタルA)になり、その録音したデータをお気に入りのアウトボードに通した音(アナログBとする)を、またデジタルに録音する(デジタルBとする)プロセスがあったとする。簡単に言うと、録音した音を一度アウトボードに出して録音する事は良くあるだろ?

デジタルBのサウンドは、デジタルAのままのプラグインを使うより当然の様に音が良くなってる。そこで何が起きてるんだろうって。デジタルAもデジタルBはどちらも同じデジタルなんだから、個々の違いを突き止めればこの謎は解けるぞ!ってとこから独自のアルゴリズムの研究を始めたんだ。それが僕の最初の会社である「EIOSIS」を始めたきっかけさ!



☆最後に少々やらしいこんな質問をしてみました(笑)

宮地:「FG-X」がこの世の中に無かったらどのプラグインを使いますか?

Fab:う〜ん。難しい質問だな〜(苦笑)プラグインだよね?ハードウェアを使わないとするとか〜、、、

そうだな〜、有名なIzotopeの「OZONE」は良いね。特に最新バージョンはすごく良い。あのリミッターは好きで、FG-Xの制作過程でインスパイアされたことは間違いないし、逆にいつかのNAMMでIzotopeのスタッフがSTEVENと話した結果がオゾンの最新バージョンに反映されていたりと、お互いにインスパイし合っていると思う。

「OZONE」はまるでマスタリング・スタジオの様に何でもできるけど、ちょっと僕には機能が多いかな。。マルチバンドコンプもあまり好きでは無いんだ。

数年前にあるR&Bのセッションをミックスしてた時に、その曲のスネアとハイハットがかなり短い音だったんだ。で、ラウドネスを稼ぎたくてだれでも知ってるくらい有名な某マキシマイザーを使ったらダイナミくすがすっかり無くなってしまった。。でも、その経験といくつかのオリジナルプラグインを経て出来た「FG-X」はシンプルな操作でピークを完全に覗きながら、パンチがあるサウンドになるだろ!僕の考えてとしては、マスタリングプラグインは可能な限りシンプルが良いと思うんだ。

宮地:(ほんとにFG-Xのこと大好きだな〜w)

Fab:STEVENと始めてあった時にマスタリングについて話したら、全く同じ考え方や同じ手法をしてて、お互いの考えを紙に書いたら「そうだよ、そうだよね〜!分かってるってるね〜!」って感じで意気投合して、そこから始まったんだ。

宮地:OZONEは確かに良いね。すこしややこしいけど素晴らしいソフトだね。でも、FG-Xは本当に素晴らしいソフトだと思うよ!今日は時間を作ってくれて、ありがとうございました!

Fab:よろこんで!明日、うち(Eiosis)のブースにおいでね!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ということで、中々のお話し好きなFabrice氏のロングインタビューでした!

本文以外の世間話の中でこんな話がありました。

「実は僕はドラマーで、9才からドラムをやってるんだ、だからいつかはドラムのソフトを作ってみたいな〜!」っと、目をキラキラさせていたのが印象的です。

ドラマーとは意外なイメージでしたが、ドラマー故にダイナミクスに関してシビアな感覚をもっており、下手なリミッターやマルチバンドコンプが苦手な結果、「FG-X」の様なクリアでパンチのある名作を生み出せたのかもしれませんね!


この記事へのコメントははこちらへ!

宮地楽器神田店Facebook
友だち追加

2014NAMM:Slate Digital/全世界待望の新作VMS(Virtual Microphone System)登場!

この記事は2014.01.23 Thursdayに書かれたものです。販売金額や購入特典等は掲載当時のものになり、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。 (古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

先日のFabrice Gabriel氏にインタビューでも出てきたSlate Digitalの新作「VMS」(Virtual Michrophone Syetem)が、NAMM開催の数日前に発表になったことで、終日大賑わいだったSlate Digitalブース。(VMSの詳細については、別記事Fabrice Gabriel氏ロングインタビューにて、デザイナーである氏自らが概要を説明してくれているので、そちらを御覧ください。)

13:00からデモをするということでスタートの少し前からスタンバイ!日本人の中でも小柄のワタクシは、周りの皆様から完全に子供扱いで前に入れてくれました(苦笑)

デモの内容は、以下の様なルーティングの音をその場でレコーディングして聴き比べるというかなり贅沢かつ自信満々なデモです(笑)

Line VintageのNeumann U47→VintageのNeve1073→Protools HDX(I/OはHD Omni)
Line◆VSMにバンドルされる専用マイク「ML1(ラージ・ダイアフラム)」→専用マイクプリ&コンバーター「VMS」→Protools Protools HDX
Line:VSMにバンドルされる専用マイク「ML2」(スモール・ダイアフラム)→専用マイクプリ→Protools HDX

もちろんすべての操作はすべて同社のタッチパネル型コンソール「RAVEN」で行っていました!





まずはバスドラに立てた「ML2」での録音が始まりました。(Line)

「誰かドラマーは居ないかい?」ということで僕の隣に居た方が挙手し、キックペダルを踏む係を担当します。「もっと強く、いやそれは強すぎだ、いやいやそれは弱すぎだよ!あ、君が強く踏みすぎたからソフトが落ちた!マイクも壊れたかもしれないかマイク代払って(笑)」と言った感じで、今日もSteven Slate氏は舌好調で客をいじります!

録音されたデータに「VSMプラグイン」をインサートし、ループ再生でバイパスのON/OFFを切り替えます。元の音もかなり良いのですが、VSMをONにするとエッジと厚みが一気に加わります。わかりやすいくらいのNeve感が出たサウンドに変わり一同拍手!もう一つのモデリングであるTubeマイクプリ(モデルになった機種不明)に切り替えるとよりサチュレーションの聞いた伸びやかなサウンドに変わります。

(画面はもうひとつの新製品「Virtual Mix Rack」です。その中の一番左に立ち上がっているのがVMSになります。)

次に皆様の一番気になってるであろう本命の実機(Line 砲VMS(Line◆砲糧羈咾Vocalで行います。

「誰かVocalの人居ないかい?、、、、、じゃあ俺が歌う!」と、なんと自らマイクの前にスタンバイ!!

氏自ら歌ったワンフレーズをループ再生しながら、SOLOで聴き比べます。スピーカー経由で聴くと全く違いがわかりません!先ほど同様にバイパスした音も問題ないのですが、ONにした時の厚みとエッジをバスドラムの時よりも感じます。太くかつスムーズな高域、マッドにならない低域、まさに「あの」音です。ブースが少し騒がしい環境だったので、あの場で違いを聞き比べられて人はどれくらい居たのでしょうか?

ということで、少し空いてきたのを見計らってお願いしたら、ヘッドフォンで視聴OKに!ヘッドフォンでそのトラックだけをソロにすると正直違いは分かりましたが、「ローの厚みが実機の方に軍配があるかな?」っていうニュアンスの世界です。現存する実機の個体差からしたら気にしなくて良いレベルで、オケと混ざれば絶対にわかりません。

同行していたToneflake 佐藤氏に感想を聴くと、「一聴するとほぼ一緒だね、違いは分かるけど問題ないレベル。ただモデリングしたU47よりももっと状態の良いU47の音はあるけどね!」と、修理も合わせると3,000本以上のマイクの音に触れてきたという佐藤氏ならではコメントですね!

実機の価格差や労力を考えるとすごい事製品が出てきましたね!今後、マイクやマイクプリの種類が増えてくれば、、、なんて妄想が膨らみ過ぎて個人的にはもう予約したいです!

早ければQ2には発売出来るようになるかもしれないとの事ですが、過去の経験上年内に出れば良いかな(笑)というくらいでお待ちください!

代理店でもある弊社の輸入事業部にデモ機が届きしだい店頭等で徹底比較したいと思います!

この記事へのコメントははこちらへ!

宮地楽器神田店Facebook
https://www.facebook.com/miyajigakki.kanda/posts/683122275064661

担当/澤田

友だち追加

主要DAWを極める!選任スタッフが各主要DAWの最新情報と特徴を徹底チェックしてユーザーをサポートします☆
Pro Tools Pro Tools
Cubase
St-One
live
BITWIG
D.P.
Sonar
FL-st
Logic
Sibelius
Finale